次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

Javaを学べるプログラミングスクールのおすすめ【無料違約金無し】

Javaを学びたいけどどのプログラミングスクールがおすすめかな?各スクールの違いや、Javawo学ぶことのメリットとデメリットも知りたいな。こんな疑問にIT業界5年の僕が解説していきます。

 

まず何より大事なのは、Javaを学ぶメリットとデメリットを理解したうえで、プログラミングスクールの細かい違いを知ることです。というのも、Javaはエンジニア就職が就職先間口が広いため簡単なものの、SESという企業分類への就職が多いからです。

 

そのうえでJavaを学べるプログラミングスクールのおすすめとしては、プログラマカレッジ、Geekjob、ITCE Academyの3つです。

 

Javaを学べるプログラミングスクール特徴
プログラマカレッジ 無料。就職支援あり。集団学習中心。違約金なし
Geekjob無料。就職支援あり。個人学習中心

 

Javaを学べるプログラミングスクールのメリットとデメリット

 

それでは左側Javaを学べるプログラミングスクールのメリットとデメリットからです。言語選びはとても重要なのでしっかり読んでくださいね。かなり重要です。

 

デメリット

まずデメリットからです。Javaの場合はデメリットから解説したほうがいいと思うので、デメリットからいきます。

 

紹介先企業への就職が必須

何かというと、プログラミングスクールでJavaを学ぶ場合は、多くはそのスクールの紹介企業への就職が必須で代わりに無料なケースが多いです。

 

そして、紹介先企業に就職しなかったり途中で離脱すると違約金がかかることもあります。かからないところもあり、それは後半で紹介します。

 

自由に選びたい場合は、有料のスクールが必須ですが、Javaを選べないことが多いです。まずこれが1つ目ですね。

 

SESへの就職が多い

またどんな就職先企業が多いかで言うと、SESといわれる企業分類が多いです。SESは何かというと、ググればいろいろでますがブラックであることが多いのが特徴です。

 

給料が低かったり、労働環境が悪かったり、スキルが伸びづらかったりなどの特徴があります。ただすべてではないですし、今回紹介するプログラミングスクールではSESの中でも企業のよしあしを選別しているため、ある程度は安心できる部分はあります。

 

フリーランスエンジニアも目指しにくい

3つ目ですが、Javaの場合はフリーランスエンジニアを目指すうえではあまり向いていません。というのも、フリーランスの案件ってRubyが多いんですね。

 

Javaは金融系とか業務系が多く、SES案件が多いのであまりないんですよね。あるにはありますがね。まあJavaは言語としてはしっかりしているため、Javaを学べば後からRubyを学ぶ際にはかなり楽に習得できるというメリットもあります。ただ注意点としてはJavaはフリーランスエンジニアには不向きです。

 

メリット

デメリットを理解したうえで、メリットを解説です。Javaを学べるプログラミングスクールはデメリットと
メリットが明確です。

 

無料かつ就職支援がある

何よりもまずメリットなのは、無料かつ就職支援があるプログラミングスクールがとても多いです。今回紹介するおすすめも、全部無料で就職支援付きです。

 

なので絶対にまずは未経験からエンジニア就職を優先したいのであれば、確実にメリットになります。各社就職率は高く95%などもあるためほぼ受講すればエンジニア就職自体は実現できます。

 

さらに無料なだけでなく、違約金もかからないスクールもあったり、受講中の住居費も無料のところもあるんですよね。若い人にはとてもおすすめです。こちらの、就職支援付きプログラミングスクール3選【プログラマーになれる、無料も】も参考にどうぞ。

 

Javaを学べるプログミングスクールのおすすめ【無料多いです】

 

ということでおすすめのJavaを学べるプログラミングスクールを紹介します。ただ今回紹介するスクールは、30歳以下であることが受講条件で、紹介先企業への就職も必須ではあります。その分、サポートを頑張ってくれます。

 

プログラマカレッジ

1つ目はプログラマカレッジです。こちらは、JavaとPHPを学べます。東京の研修センターへ通学し他の受講生と一緒にチーム開発を経験できますので、エンジニア就職としても有利です。

 

普通はチームで開発しますから、その経験ができるプログラミングスクールとしては貴重です。またここのメリットは、途中で離脱したりしても違約金がかからないことなんですね。なかなかこんなスクールはありません。

 

無料で就職支援まである最強のスクールの1つです。就職先が気になる方は、プログラマカレッジで就職しないはアリ?【違約金なし、就職先は?】の記事も参考にどうぞ。

 

ITCE Academy

2つ目はのJavaを学べるおすすめのプログラミングスクールは、ITCE Academyですね。ここのおすすめポイントは、なんと受講中の住居費も無料であるところです。なので、地方から上京するエンジニア志望者におすすめです。

 

ただ受講期間が最速1カ月なので、最速でエンジニアになりたい人には向いていますが、正直1カ月ではスキル不十分ではないかなとは思います。

 

自分が何を大事にするかで選ぶといいかと思いますが、地方の人でJavaを学びたい人にはお勧めできるのは間違いないですね。

 

Geekjob

最後は、Geekjobです。こちらはJavaを学べますし、JavaだけでなくPHPやRubyも選べば学べる無料の
プログラミングスクールです。

 

ただ、途中でやめたりすると違約金が12万円かかります。詳しくは、Geekjobの違約金には注意【リスクを認識しよう、それでも安いけど】をどうぞ。

 

Java、PHP、Rubyの中から選べるのはかなり希少です。Geekjobの場合は選べるため、無料説明会に参加して各プログラミング言語の違いを聞きつつ選ぶということも可能です。

 

就職先や口コミなどを見たい方は、Geekjobの評判・口コミまとめ【失敗しないために必読】をどうぞ。網羅的に解説していますので参考になると思います。

 

Javaを学びたいけどプログラミングスクール選びに迷ったら

 

最後ですが、Javaを学ぶのは決めたけど、プログラミングスクール選びには迷うなあという方向けに選び方の解説です。

 

Javaなら違約金なしのプログラミングスクールがおすすめ

正直僕はリスクヘッジとして、違約金のかからないところがJavaを学べるプログラミングスクールとしてはよいかなと思うので、プログラマカレッジ押しですね。

 

エンジニア初学者って一定の確率で挫折する人がいますし、せっかく頑張ったのに挫折して違約金まで払うなんて悲しいですからね。

 

とはいえ、それぞれJavaを学べるプログラミングスクールはご覧の通りでメリットとデメリットの違いが明確なので何を優先するか次第です。

 

迷えば複数比較しましょう

それでも選びきれない場合は、もうそれぞれの無料説明会に参加して実際に自分で質問して比較していくしかないですね。相性もある遠むので実際に参加するのがベストです。

 

どのプログラミングスクールも無料で説明会があるので、損することもありませんし、納得感があがるので
よいことづくしです。だめなら断ればいいだけですよ。

 

Javaを学べるプログラミングスクール特徴
プログラマカレッジ 無料。就職支援あり。集団学習中心。違約金なし
Geekjob無料。就職支援あり。個人学習中心

 

まとめ

 

ということで今回は、Javaを学べるプログラミングスクールのおすすめと、Javaを選ぶメリットとデメリットを解説しました。参考にどうぞです。

 

人気:プログラミングスクールの選び方【後悔しない重要な視点と判断基準】

最新情報をチェックしよう!