次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

最速短期間で学べるプログラミングスクール【目安期間も解説】

最速の短期間でプログラミングを学びたいけどスクールはどこがいいかな?短期間で学ぶ場合のメリットとデメリットも合わせて知りたいな。こんな疑問にIT業界で5年以上務めるなうが解説していきます。

 

結論、プログラミングスクールの中で言うと最速短期間は毎日フルコミットで1カ月があります。ただ未経験から1カ月ではプログラミングスキルはあまりつかないです。目安となる相場期間的には、3か月であるスクールが多いですね。

 

短期間ならいいわけでも長期間ならいいわけでもなく、それぞれメリットとデメリットがあるため、比較して自分に最適な学習期間のプログラミングスクールを選ぶのが重要です。

 

プログラミングスキルを身に着けるためのスクールの目安期間とは

 

まず最初にプログラミングスキルを身に着けるための、スクールの最速短期間はどれくらいなのか?目安期間はどれくらいなのかを解説です。最速では1カ月、目安相場期間は3か月が多いですね。

 

スクール最短は1カ月だけど短すぎる

プログラミングスクールの中で言うと、最速委は1カ月です。ITCE Academyという無料スクールでは最速1カ月でITエンジニアになれる!と歌っています。ただ、正直1カ月という期間はかなり短いです。

 

現実的に未経験者が1カ月のプログラミング学習で現場で自走できるプログラミングスキルが身につくとは思えません。。。IT企業の研修期間でも3か月が多いですからね。

 

1カ月のような短期間の場合だと十分なプログラミングスキルがつかず、結局SESへ就職して案件ガチャでエンジニアじゃない仕事をさせられるリスクもあります。焦らずに十分な期間で学ぶことをおすすめします。

 

相場期間は3か月

じゃあ十分なプログラミング学習期間ってどれくらいなの?プログラミングスクールの学習期間の目安ってどれくらいが多いのっていうと、3か月が多いですね。僕のIT企業での新卒研修期間も3か月でした。3か月ならある程度全体感をもってプログラミングを学べます。

 

3か月もあれば、フロントエンドに2週間、サーバサイドに1カ月、データベースやインフラ回りに2週間、ポートフォリオ作成に1か月などかけられるため、初心者や未経験者からポートフォリオ作成というエンジニア転職において最重要な成果物作成までを目指せる期間です。

 

プログラミングスクールの目安期間がだいたい3か月である根拠として、知名度のある人気な各社の学習期間を以下に載せておきますね。詳細は各公式HPをご参照ください。

 

最速短期間のプログラミングスクールを選ぶメリットとデメリット

 

早くプログラミングスクールでの学習期間を終わらせたい気持ちはあると思いますが、最速短期間を選ぶ場合に同然ながらメリットとデメリットがあります。よく理解してから選ばないと損します。

 

メリット

まずは最速短期間のプログラミングスクールを選ぶことによるメリットですね。

 

無駄に時間を浪費しない

1つは無駄に時間を浪費意思ないことが、最速短期間のプログラミングスクールを選ぶメリットです。期間がしっかり決まっているため、スケジュールも汲みやすいですし、

 

1年などかかると結局エンジニアにならないあるいはなれなかったときに、その期間がもったいないですよね。時は金なりという言葉があるくらいで割とこの学習期間を失うのは損失が大きいです。

 

その中で3か月など比較的に現実的な最速短期間のプログラミングスクールを選べば最長でも3か月なので、無駄に時間を失う期間としては短くなります。

 

集中しやすい

2つ目のメリットですが、短期集中がしやすいですね。人間の集中力にも限界があり、3か月はちょうどよい期間のようです。これが1年とかになるとさすがにずっと集中してプログラミング学習にコミットするのは、結構しんどいです。受験期間を考えると分かりやすいかもしれません。

 

ある程度短期集中してプログラミングスクールに通ったほうが、時間の使い方としては集中しやすいのがメリットかなと思いますね。また3か月という期間は初心者的にも必要十分な学習期間といえます。

 

デメリット

一方で最速短期間のプログラミングスクールを選ぶことはデメリットも存在します。

 

絶望して挫折リスクがある

1つは挫折リスクです。当然最速短期間であるということは、スケジュールごとにマイルストンがあります。つまり、学習期間何週間目でこれくらいのプログラミングスキル習得を目指すという目標があるわけです。

 

で、初心者の中には当然そのスケジュール通りに進捗しない人も一定数いますよね。その時頑張れるか挫折と感じてしまうかは、個人差があるものの挫折リスクにはなりえます。

 

ちなみに多くのプログラミングスクールでは、挫折しないようにメンターが進捗把握したり、モチベーション管理のための人がいたりなどして工夫をしています。リスクとしてはあるということはデメリットにはなります。

 

十分なプログラミングスキルが身につかないリスク

2つ目は、最速短期間であるがゆえにエンジニアとして最初のキャリアを積むうえで十分なプログラミングスキルが身につかないというリスクです。

 

これは1か月などであればこのリスクが高いですが、今回最後に紹介する期間としては相場な3か月のプログラミングスクールであれば必要十分な期間なのでご安心ください。

 

多くのIT企業の新卒向けエンジニア研修でも3か月なので、一通りは習得できます。あとは現場でのOJTで実務経験を積んでいくだけです。

 

最速短期間で学べるプログラミングスクール

 

最後にメリットとデメリットを踏まえて現実的な最速短期間でエンジニアを目指せるプログラミングスクールをいくつか紹介します。

 

テックキャンプ

1つ目は、テックキャンプです。こちらはコースにもよりますが、短期間の場合は3か月でのエンジニア転職を目指す対面のプログラミングスクールになっており、費用としては60万円です。分割支払いも可能です。

 

3か月という期間の中でゼロからプログラミング学習を行い、ポートフォリオを自力で開発できるまで学習します。取材したこともありますが、かなり短期間での濃厚なスクールです。

 

モチベーション管理のためのメンターがいたり、学習環境が良いところが人気なポイントです。詳しくは取材記事の、TECH::EXPERT(テックエキスパート)の評判/口コミを取材の感想と共にを参考にしてみてください。

 

テックアカデミーキャリア

2つ目はテックアカデミーですね。こちらはオンラインで学べるプログラミングスクールでして、学習期間も現実的な相場となる3カ月間です。オンラインなので、比較的費用が安めでして30万円で受講できます。

 

またエンジニア転職保証コースがあるテックアカデミーキャリアであればエンジニア転職できないと返金保証もあり安心して学習に集中できます。

 

オンラインとはいえ、現役エンジニア講師によるチャット形式でのレビューや相談も可能なので、十分初心者からエンジニア転職を目指せる格安プログラミングスクールですね。期間的にも十分な学習量ですし、忙しい人におすすめです。

 

プログラマカレッジ

最後は、プログラマカレッジです。こちらは特殊でして、無料でプログラミングを学び就職支援までしてもらえるスクールです。学習期間は同じく3か月程度ですが、人によって就職できるタイミングで変わります。

 

無料なのは受講条件がありまして、30歳以下であること、そしてプログラマカレッジ経由でエンジニア就職が必要という理由があります。受講生からではなく就職先の企業から支援金をもらっているので無料なわけです。

 

しかもプログラマカレッジでは、受講期間中でやはりやめたいといったケースがあっても、違約金もかからないため非常にノーリスクです。もちろん就職しない前提での受講はマナー違反なのでだめです。詳しくは、プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】の記事も参考にどうぞです。

 

まとめ

 

ということで、プログラミングスクールの最速短期間はどれくらいか?現実的な学習期間はどれくらいなのか?を解説しました。参考にどうぞ。

 

人気:プログラミングスクールの選び方【後悔しない重要な視点と判断基準】

最新情報をチェックしよう!