次回から「なうブログ」と検索くださいませ

プログラミングスクールで年収いくら目指せるのか?【目安400万〜】

プログラミングスクールを卒業してエンジニア転職したら、年収ってどれくらいになるんだろうか?スキルや職歴別で知りたいな。会社員とフリーランスエンジニアでも年収は変わるんだろうか?こんな疑問に今回はIT業界5年の僕が解説していきます。

 

結論から言うと、プログラミングスクールを受講してエンジニア転職した場合に狙える年収相場は以下の通りです。僕はフリーランスエンジニアの採用も本業でやっておりある程度妥当な年収相場だと思います。ただスキルレベル次第なので、自分がどれに該当するかはしっかり考えましょう。

 

分類スキルレベル年収相場
会社員エンジニア未経験300〜400万円
IT関連の職歴あり400〜500万円
元エンジニア500〜800万
フリーランスエンジニア未経験500万円
IT関連の職歴あり600万円
元エンジニア600万円〜1000万円

 

また今回は、年収アップを目的にした場合に、どんなプログラミングスクールがおすすめか、それはなぜかなども合わせて紹介していきます。

 

プログラミングスクールで目指せる現実的な年収

 

まずはプログラミングスクールを卒業してエンジニアになった場合の年収を、会社員エンジニアとフリーランスエンジニアとで分けてレベル別で解説します。

 

会社員エンジニアの場合の年収

まずはプログラミングスクールを卒業し会社員エンジニアになった場合の年収です。

 

完全未経験の場合:年収400万円

プログラミングスクールを受講する多くの人がここに該当すると思いますがまずは、未経験からプログラミングスクールを受講して会社員エンジニアになる場合の年収です。

 

未経験からだとさすがに即戦力は厳しいので、いわゆる新卒エンジニアとか第二新卒エンジニアとしての年収になることが多く、年収相場としては400万円程度です。

 

職歴とか学歴、ポテンシャルによるものの相場的にはこれくらいですね。WEB系自社開発企業でもSESでもそう多くは変わらないと思いますが、SESだと年収300万円もありえます。

 

ITに関連する職歴がある場合:年収500万円

ITに関連する職歴があったり、学歴が高いなどの場合はもう少し、年収相場が上がります。例えば、テスターとか、開発ディレクターとかですね。

 

この場合は年収500万円とか場合によっては600万円とかも相場としてありえます。職歴へ評価次第なのでかなりピンキリになるとは思いますが。

 

関連する職歴があればエンジニアとしての即戦力とはいわずとも、慣れがあるのと前職のスキルを活かせる
説明ができれば比較的500万円程度の年収はオファーが来るチャンスは大いにありますね。

 

元エンジニアの場合:年収600万円

プログラミングスクールを受講して一番会社員エンジニアとして年収が高いオファーが来るのは、元エンジニアの場合ですね。え?、そんなひとスクール受講するの?と思われるかもですが、C言語しかできないけどWEB系エンジニアになりたい場合だとRubyのスクールを受講したりしますね。

 

この場合はもう即戦力採用に限りなく近いため、前職の経験と現状のプログラミングスキルの高さをアピールできれば十分年収600万円とかへの年収アップを狙えると思いますね。

 

年収だけで考えれば理想的なのは、元エンジニアでAIエンジニアになるためのAI系を学べるプログラミングスクールに通うと比較的年収アップは堅いと思いますね。

 

フリーランスエンジニアの年収の場合

次はプログラミングスクールを経由してフリーランスエンジニアになる場合の年収相場です。

 

完全未経験の場合:年収500万円

完全未経験からフリーランスエンジニアになる場合の年収相場ですが、そもそもこのパターンは誰でもなれるものでもないですし、そもそもなれるかどうかが人によります。ミニマム、ポートフォリオがないと厳しいでしょうね。

 

僕の友人も会社員エンジニアになるほうに切り替えている段階だったりします。ただなれないことはなく、もし案件獲得できれば月単価40万から50万とかなので年収で言うと500万円にいくかいかないかですね。

 

注意点は、クラウドワークスなど低単価のショットの案件で稼ぐと年収的にかなり厳しくなるため、焦らずにスキルアップ優先してちゃんとしたフリーランスエージェントから案件をもらったほうがいいです。

 

元エンジニアの場合:年収800万円〜1000万円

次に元エンジニアがプログラミングスクールに通ってフリーランスエンジニアになる場合です。もちろん元エンジニアの定義次第ですが、3年以上エンジニア経験があるとします。

 

この場合にプログラミング言語を切り替えて例えばRuby等に変えてフリーランスエンジニアになれば、月単価80万円〜100万円は狙える範囲内です。

 

つまり年収としては800万円、1000万円を狙えます。スキルのあるフリーランスエンジニアですと、これくらいが年収相場です。夢がありますね。1000万円を狙う上でのコスパの良さは高く、フリーランスエンジニア年収1000万円は狙い目【コスパ良すぎだが誰でもはなれない】も見てみてください。

 

年収アップ観点で選ぶべきプログラミングスクールの特徴

 

次に年収アップを実現するために、どんなプログラミングスクールを選ぶといいかを解説します。

 

就職先がWEB系自社開発企業が多いこと

1つ目の目安は就職先がWEB系自社開発企業が多いプログラミングスクールを選ぶことですね。なぜかというと、エンジニアの就職先として分類されるのは、SESやSIerとWEB系自社開発企業です。

 

そして基本的には、大手のSIerを覗いてWEB系自社騎亜初企業のほうが年収が高いです。これは短期的にもそうですし、長期的に年収アップを実現するうえでも、同じことが言えます。スキルアップがしやすいためです。

 

WEB系自社開発企業とSESやSIerの違いを知りたい場合は、SIerとweb自社開発の違い【エンジニアとしてのメリットデメリット】の記事を参考にどうぞ。知っておいたほうがいいですよ。

 

付加価値の高いプログラミングスキルを学べること

2つ目は付加価値の高いスキルを学べるプログラミングスクールに通うことですね。ここでいう付加価値とは、例えば普通の開発業務だけじゃなくて昨今市場価値の高い機械学習や人工知能などAIエンジニアとしてのスキルを学べるプログラミングスクールを選ぶなどです。

 

エンジニアの経験があれば、こちらのほうが年収アップできる可能性は高いですね。C言語からRubyのような変化よりも、Pythonを選んでAIプログラミングスキルを学習するほうが筋は高いかなと思います。

 

AIプログラミングを学べるスクールについては、AIを学べるプログラミングスクールのおすすめ【比較してみた】を参考にどうぞ。

 

年収を上げたい人におすすめなプログラミングスクール

 

最後ですが、年収アップを実現したい人におすすめなプログラミングスクールを紹介します。前提として年収アップを考えるなら、無料よりも有料スクールのほうが良いです。スキルアップが違うので。

 

テックキャンプ

1つ目はテックキャンプはおすすめです。テックキャンプは、Rubyを学べてWEB系自社開発企業への未経験からの就職が狙えるプログラミングスクールの大手です。

 

どんな就職先とかどれくらいの年収なのかなどは、公式HPでチェックしてみてください。色んな未経験者のエンジニア転職の事例がのっています。

 

費用的にはおよそ70万円ほどですが、エンジニア転職ができれば投資回収としては数カ月でできます。またRubyを学べるということはその次のキャリアとして、フリーランスエンジニアになってさらに年収をあげることも狙えます。取材もしたので、TECH::EXPERT(テックエキスパート)の評判/口コミを取材の感想と共にも参考にどうぞ。

 

Aidemy

2つ目はAidemyというAIプログラミングを学べるスクールですね。こちらは人工知能や機械学習などを専門的に学べるので、特に元エンジニアで機械学習エンジニアに転身して年収アップしたい人におすすめです。

 

もちろん初心者からでも努力していけばスキル習得は可能ですが、普通のプログラミングスクールよりも難しいのも事実です。ただし、その対価として年収は高いです。普通のエンジニアのプラス年収100万円はあるかなと思います。

 

どんな内容か知りたい場合は、公式HPから無料のビデオカウンセリングを申し込むと良いと思います。概要的な内容を学べますから、そこから判断しても遅くはないです。

 

まとめ

 

ということでプログラミングスクールから狙える年収相場をスキルレベル別に解説しました。未経験からだと400万円くらいが相場かなと思います。

 

人気:プログラミングスクールの選び方【後悔しない重要な視点と判断基準】

最新情報をチェックしよう!