web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

無料プログラミングスクールはSES就職が多い【逆に利用すべき】

 

無料のプログラミングスクールってSES就職が多いって聞くけど、どうなんだろうか?SESって実際のところどうなのかな?無料プログラミングスクールと有料プログラミングスクールのどっちを利用しようか迷うな。こんな疑問にIT業界で5年の経験を持ちつつプログラミングスクールに通う友人のいる僕が解説していきます。

 

無料プログラミングスクールはSESへの就職が多いのは事実なんですけど、

・無料であること
・違約金がかからないこと
・就職しなくてもプログラミングスキルは残ること
・SES就職以外もあるし、1年実務経験積んでweb系へ転職

↑を天秤に考えつつ納得のいく選択をすれば良い。悩むのが一番勿体無い

 

結論、無料プログラミングスクールはSES就職が多いのは事実です。スクール次第ですが大半がSES就職かと思います。とはいえ、SESの全部がブラックなわけでは当然ないですし、ネット記事のSESはブラックに踊らされて無料プログラミングスクールをその時点で捨てるのはちょっと情報に踊らされてるかなと思います。

 

今回の僕の意見としては、無料プログラミングスクールからの就職はSESが多いのは事実だけど、それはエンジニア就職しやすい経路でもあるので、一旦就職して後から転職でweb系自社開発企業へ転職すれば?逆に利用すれば?と思うわけです。

 

無料プログラミングスクールはSES就職が多いのは事実

 

まず結論として、無料のプログラミングスクールからはSES就職が多いのは事実です。これは無料プログラミングスクールのいくつかは無料説明会で教えてくれるくらい自明ではあります。比率で言うと、スクール次第ですが70%くらいかなと取材した時に思いました。

 

SESとは

まずそもそもSESとは何か?を正確に理解しましょう。SESとは、システムエンジニアリングサービスの略称でいわゆる客先常駐のエンジニアですね。客先常駐と言うのは、要するにIT業界特有の多重請負構造の中流〜下流に相当するSIerから請負で仕事が流れてきて、クライアント先へ出向いて仕事をするスタイルです。

 

参考:SES(客先常駐)のメリットとデメリット【理解してから選ぶべき】

 

一般論的にSESはブラックだとか市場価値向上する業務経験が得られないと言われます。確かにそれは事実でして、基本的にはweb系自社開発企業の方がモダンなweb技術を使いつつ市場価値が上がり、年収も高いです。

 

逆にSESは年収も低く、市場価値が高い業務経験は得られにくく人気も低いです。それゆえ、無料プログラミングスクールは敬遠されがちではあるのですが、SESの全てがブラックではないですし、むしろ自社よりも面白い業務を経験できる場合もありえるところが味噌なんですよね。以下の記事などをどうぞ。

 

参考:客先常駐新卒就職でもホワイト現場で働ける方法【体験談とともに解説】

 

SES就職が多いのは事実です

で、話を戻して無料プログラミングスクールの就職先は、SESが多くて多分70%ほどはSES就職です。これなんでかって考えるのが重要でして、無料プログラミングスクールだからSES就職が多いのか、無料プログラミングスクールを選ぶ受講生はSES就職する傾向が高いのかは論点です。

 

 

上記の通りで傾向として、無料プログラミングスクールを選ぶ人はそもそもSESへの就職を選ばざる得ない人が応募しがちであると言うのがあります。つまり、別に無料だからとかじゃないんですよね。そのため、無料プログラミングスクールでも比較的優秀な人であればweb自社開発企業へ就職していたりします。

 

例えばプロエンジニアとかだと、5%ほどはweb系自社開発企業へ就職できているようですし、そこまで低い確率でもないです。何が言いたいかって、有料プログラミングスクールを選んだら人気企業に就職できるわけでもないって事です。

 

SESは一概に悪いわけではない

 

あと、SESがブラックとかSES就職が多い無料プログラミングスクールは闇だ!とかネットでは出回っていますが、本当にそうなんでしょうか?ちょっと安易すぎるかなと言うのが僕の意見ですね。

 

エンジニア就職が簡単なのはメリット

本質的にキャリアというものはスタートするのが大事で、その後積み上げていくものです。誰でも最初から人気企業に就職できたらいいですが、誰でもできないから人気な訳ですよね。つまり、人気ではないってことはエンジニア就職は相対的に簡単なのでエンジニアとしてのキャリアを始めやすいメリットがSESにはあるんですよね。

 

これは結構メリットでして、未経験からエンジニアになる場合は年齢はかなり重要で20代だとかなり楽になれます。しかし30代以降からだと未経験の需要は確実に減っていきます。なので、グダグダ言って何も始めないともっと将来的にエンジニア自体になれなくなるんですよね。

 

もちろんだからと言って無料プログラミングスクールにいってSES就職してずっと頑張れってわけでは当然なくて、僕個人的には1年ほどSESで経験を積みすぐ転職するのが現実的なのでは?と思うわけです。

 

数年頑張って転職するって考え方もあり

数年例えば1年でも良いです。今はエンジニアの需要が高いため1年の実務経験でもスキル次第でフリーランスエンジニアにもなれますし、転職も全然可能です。以下は、テック系youtuberの勝又さんの動画です。エンジニアは最初の1年で転職した方が良い理由を解説しています。

 

 

これを見たらある程度わかると思うんですけど、エンジニアって結構転職文化なところがあり1年でもまあ普通です。1年程度経験積んでweb系自社開発やもう少し上流のSESやSIerに転職と繰り返すのも戦法なんですよね。

 

捕捉:有料プログラミングスクールだとweb系に就職できるとも限らない

捕捉すると、、、有料プログラミングスクールを受講したからと言って、web系自社開発企業へ転職できるとは当然限らないですよね?よくネット記事に書いていますが、有料だとweb系自社開発に就職できる理屈はありますかね?ないと思いますよ?(有料を選ぶ人の方が優秀な人が多いだけであって、有料だからweb系自社開発に就職できる理屈はあまりない)

 

無料プログラミングスクールでも、集団でプログラミングを学べてその場に講師もいて質問ができます。違いといえば学べるプログラミング言語くらいで、教材の質にも差はまあないと思います。プログラミングは体系だてられていますからね。

 

無料プログラミングスクールの良いところは文字通り無料なところですが、途中で離脱しても違約金もかからないところなんですよね。お金がなくて取り急ぎエンジニア就職したい人は、無料プログラミングスクールでSESでもいいので就職し後で転職するっていう長期的視点で考えてもいいと思いますよ。

 

おすすめの無料プログラミングスクールとおすすめでないところ

 

じゃあ、どの無料プログラミングスクールがおすすめなの?っていう部分を解説して終わりたいと思います。おすすめ2つとおすすめじゃないところがあります。

 

おすすめ①プロエンジニア

おすすめの無料プログラミングスクールの1つは、プロエンジニアですね。プロエンジニアはプログラマー(いわゆる実装メインのエンジニア)を目指せるプログラマカレッジと、インフラエンジニアを目指せるエンジニアカレッジがあります。

 

共通して完全無料、かつ途中離脱しても違約金もかからないところがメリットですね。またプロエンジニア無料プログラミングスクールながら就職先としてソフトバンクグループや楽天グループなど人気なweb系自社開発企業もあるのも魅力です。

 

参考:プロエンジニア(ProEngineer)の就職先は人気企業ある【業界人が12社解説】

 

以下の記事で取材内容を解説していますが、そう言ったweb系自社開発企業へ就職できる卒業生は5%ほどで、SES就職が70%ほどと言っていました。ちなみに、プロエンジニアは東京の研修センターへの通学が基本的に必須のため地方の人は少々厳しいかもです。

 

参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

 

おすすめ②ITCE Academy

2つ目の無料プログラミングスクールのおすすめは、ITCE Academyです。というのも、先ほどのプロエンジニアのデメリットは東京の研修センターへの通学が必須な部分なんですが、ITCE Academyは受講中の住居費も無料提供しているんですよね。

 

そのため、地方からエンジニア目指して上京してくる20代の利用が多いです。なかなか住居費まで無料提供している無料プログラミングスクールは少なくITCE Academyもおすすめなんですよね。とはいえ、全部の無料プログラミングスクールがおすすめではなくおすすめしないところもあります。

 

おすすめではない③0円スクール

僕的におすすめしない無料プログラミングスクールは0円スクールですね。文字通り0円なので無料なのですが、ここって就職先として選べるのが自社が運営するSESだけなのですよね…。もはや恐怖すら覚えませんか?

 

これは流石にブラックというか搾取している感じがやばくて、選択肢がないのはおすすめしないですね…。なので、プロエンジニアかITCE Academyが良いかなと僕は思ってます。

 

まとめ

 

ということで無料プログラミングスクールはSESへの就職が多いのは事実だけど、人によってはおすすめできるという話をしました。有料だと50万円ほどが相場なので払えるならいいですけど、払えないなら無料プログラミングスクールはありだと思っている僕です。

 

しかも別にプログラミングスキルは残るわけで、それでも無料なのだから就職してから自分で実力をあげてのし上がる方法もいいのではないかい?という感じです。

 

参考:PE-BANKの評判をフリーランスエンジニアにインタビュー【メリットだらけ】

最新情報をチェックしよう!