次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

【実話】上京してプログラミングスクールの上手い話に乗らないようにね

上京したいけどプログラミングスクール使ってエンジニアになり東京での生活を楽しむのってどうなんだろう?地方だと情報が少ないから都内在住の人から教えて欲しいな。こんな疑問に地方から上京しプログラミングスクールに通っている友人の話を実話として解説します。

 

友人は九州の方から上京しプログラミングスクールのうまい話に踊らされ高額料金を支払ったものの、まだエンジジアになれていません。フリーランスを目指していたのでちょっと難易度が高かったんですね。今回は上京してプログラミングスクールを使う上での注意点やおすすめのプログラミングスクールを紹介します。

 

【実話】上京してプログラミングスクールの話に騙されないように

 

僕の友人は、上京後とあるきっかけからプログラミングスクールと出会い、営業トークにのせられ入会したものの1年たって結局まだエンジニアになれていません。今は乱立していますから失敗しないようにしっかり上京する前に情報収拾をすべきです。

 

上京した友人の経緯

まず上京した友人の経緯ですが、もともと九州に住んでいて地方だと良い仕事もなかなかなく定職も見つからなかったため、親戚の力を借りて上京しました。東京で数ヶ月過ごしたある日、Facebook広告でプログラミングスクールの広告を見つけ一度話を聞きに行ったとのことです。

 

上京後、まだ何をするか考え中だったので話を聞きにいくこと自体は良かったのですが、地方から上京したてですから、東京特有?のポジショントークや営業トークを見分けられず、結局高い受講費を払ったのに1年たってまだエンジニアになれてません。

 

今回はこう言った地方から上京してくるまだ何もわからない人が東京のプログラミングスクールに騙されないように(と言っても全部のスクールが悪いわけではもちろんない)、実話を部分的に紹介します。

 

上京後プログラミングスクールの営業トークは疑い深く行こう

まず第一に言いたいのは、東京のプログラミングスクールの営業トークや疑い深く行こう!ということです。言われたことを自分でチェックせず信じると痛い目に会う可能性もありますよ。

 

誰でもなれるは信じるな

まず上京後気を付けたいのはプログラミングスクールの営業トークです。入会させるためにあれこれ良いことしか言いません。気を付けたいのは、未経験からでもエンジニアに誰でもなれる!ってやつです。

 

誰でもは流石になれません。エンジニアになるためにプログラミング学習をしっかり行い、自分で解決する行動力を付け、ポートフォリオもしっかり作って、というのを挫折せずにできないとエンジニア就職は厳しいです。

 

今は確かにエンジニア不足ですが、最近はプログラミングスクールも増えていて供給が増えているため、前よりも簡単にはなりにくいです。上京前の人はこういうのにコロッと騙されがちな気がします。多分ピュアだからでしょう。

 

エンジニアになれず地方に戻る人もいる

僕のその友人から聞いた話では、若い人だけじゃなくおそらく一度東京に住んでいたことがあるであろうおじさんくらいの年齢の人でもエンジニアになるために上京して東京のプログラミングスクールに通ったけど、

 

結局厳しいカリキュラムに挫折しエンジニアになるのを諦めて地方に戻った人もいるとのこと。いざ上京して挫折して戻るほど悲しいことはなかなかないです。お金もかかりますから。

 

地方と東京だと生活スタイルも大きく変わるので楽しみも増えますし、エンジニアなら一度は東京で働くべきと思いますが、慎重に言ったほうがいいのも事実です。ちなみに、なぜ一度は上京すべきは、地方エンジニアは一度は上京してみるべき【人脈と情報は資産】を是非読んでみてください。

 

上京してプログラミングスクール使うなら無料が無難です

 

じゃあどうしたらいいのか?ですが、1つはよく情報収集しましょう、ってのはあるものの、上京してエンジニアになりたい人向けの無料プログラミングスクールもあり、その活用も1つの手です。ただ無料な分、デメリットもあります。

 

上京する人向けの就職支援型スクールがある

上京してエンジニアになりたい人なら1つは、無料のプログラミングスクールを考えてみるのも有効です。デメリットとしては、紹介先企業に一度就職が必要というのはあるものの無料ですし、住居費も無料なスクールもあります。

 

ITCE Academy

さっき言った住居費も無料なプログラミングスクールというのは、ITCE Academyというスクールです。こちらは上京する人のために受講中の住居費も無料提供までしてます。

 

その他にも就職支援もあり、企業紹介やES添削、面接対策などもあります。受講中では他の上京組の受講生とも友人になれるチャンスですし、それはかけがえのない人脈にもなると思いますし悪いくないですよね。

 

デメリットは、紹介先企業への就職がマストというところでしょうか。無料なので仕方ないですよね。基本的に東京中心なので上京して東京就職するには好都合だと思いますよ。

 

嫌なら有料プログラミングスクールしかない

無料だし上京する人向けの支援があるっていても選べないのは嫌だなあという人は、あとはもう有料のプログラミングスクールを選ぶしかないです。あるいは独学ですね。

 

現実的には、オンラインでのプログラミング学習が残りの候補になるかと思います。Tech Academyであればオンラインなので地方にいながらプログラミング学習して、スキルがついたら上京してエンジニアとして就活もできます。

 

ただ、一度も上京経験がない中で未経験から東京でエンジニア就職はなかなかしんどいと思います。何にせよ頼れる人がいたほうが最初は安心かなと。

 

エンジニアになるなら東京へ一度は上京するべき

ということで最後ですが、エンジニアとして働いていきたいなら一度は上京がおすすめです。というのも、やはり東京は良質な案件が多いですし、その分自分のスキルアップにもなります。

 

地方と東京では、エンジニアとして求められるスキルも違えば、生活スタイルも変わります。それは人生に良い影響を及ぼしてくれると思います。そのためにも失敗リスクの少ない挫折リスクの少ないプログラミングスクール選びが肝要かなと思いますね。

 

今回紹介したITCE Academy以外にも上京したい人向けのプログラミングスクールはあり、就職支援付きプログラミングスクール3選【プログラマーになれる、無料も】を参考に読んでもらえたら幸いです。

 

まとめ

 

ということで上京してエンジニアになりたい人のプログラミングスクール選びの注意点を解説しました。情報はある程度揃えて決めたほうが良いと思います。以下の記事も参考にしてみてください。

 

人気:Geekjobの評判・口コミまとめ【失敗しないために必読】
人気:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

最新情報をチェックしよう!