次回から「なうブログ」と検索くださいませ

Pythonや機械学習を学べるスクールのおすすめ【失敗しない選び方】

Pythonで機械学習を学べるプログラミングスクールのおすすめってあるかな?失敗したくないけど、どう選んだらいいだろうか?こんな疑問にプログラミングスクールに通う友人からヒアリングしたので記事にしました。

 

結論として今回は、Aidemy、Dive Into Code、PyQ、データミックス、TechAcademyをPythonで機械学習を学べるプログラミングスクールのおすすめとして紹介してます。

 

また最近は機械学習スキルの市場価値があがってきており新卒でもスキルがあれば年収1000万円を提示される世界観です。Pythonで機械学習を学ぶ意義が高まってますね。

 

Pythonで学べる機械学習とは

Pythonで学べる機械学習とは

 

まずPythonで学べる機械学習とは何なのかから解説していきます。新卒でも年収1000万円を狙える夢のスキルですよね。

 

Pythonとは

最初にPythonは、数あるプログラミング言語の中でも、データ解析や統計解析、人工知能などもライブラリーが豊富にある珍しいプログラミング言語です。

 

最近の人工知能や機械学習ブームに合わせて需要が伸び始めており、Rubyなどを使えるけどさらにスキルを高めたいエンジニアが学んでいたりもします。

 

機械学習などとは別で一般的なサーバサイド言語としても、webアプリケーションを開発できるため普通にエンジニアになるためとしても学ぶ価値も高いです。

 

機械学習とは

機械学習とは、スパムメールの予測や株価予測など予測系の用途で幅広く活用されている人工知能の技術用語です。最近かなり話題に出ることが多くなっています。

 

基本的な原理は、なんらかの推測したいことに関連するデータをインプットし、それに対して機械学習のアルゴリズムをかませて、推測していくという流れですね。

 

機械学習のアルゴリズムとしては、決定木、ランダムフォレスト、ニューラルネットワーク、マルコフ連鎖、サポートベクターマシーンなどがあります。

 

機械学習がいまアツい

そしていまそんな機械学習がアツいです。アメリカではもともと機械学習スキルのあるデータサイエンティストや機械学習エンジニアは高い年収を得られる職種として位置づけられていました。

 

そんな流れが徐々に日本でも起こっており、例えば以下の日系企業が新卒の機械学習エンジニアに高年収をオファーする流れができています。

 

機械学習エンジニアが関連するAI市場も、今後市場拡大見込みのためPythonで機械学習を使えるエンジニアの需要も高まっていくことは自然な流れですね。

 

RubyよりPythonを選ぶべき?

ここでちょっと考えたいのは、プログラミング言語の選び方としてRubyなのかPythonを選ぶべきなのか?という点です。結論、プログラミング初学者が先ほどの機械学習やPython魅力にかられて学び始めるのは結構ハードルが高いです。

 

機械学習や統計や線形代数など基礎的な高等数学が知識として必要ですし、即戦力になるうえではもっと難しい統計モデルやそれこそ最先端の学術研究も知識として持っておく必要があります。

 

そんなわけでプログラミング初学者の場合は、Rubyを最初に学んだほうがエンジニアとして仕事を得られる可能性は高まりますし、どうしてもPythonを学びたい場合は機械学習は一旦意といてサーバサイド言語としてのPythonを学ぶといいですね。

 

Pythonで機械学習を学べるプログラミングスクール

Pythonで機械学習を学べるプログラミングスクール

 

ということでサーバサイド言語としてのPythonを学びたい、機械学習も含めて学びたいという方におすすめなプログラミングスクールを紹介します。

 

Aidemy

Aidemyは、機械学習やPython、人工知能に特化したオンラインのプログラミングスクールです。特徴として、様々なコースをカスタマイズして受講できます。単価コースでもいいですし、プレミアムプランとして受講し放題のコースでも可能です。

 

返金保証制度もあり安心して受講を開始できるところもメリットです。AIマーケティングや人工知能を活用したwebアプリケーション開発も学べるため用途が幅広くおすすめですね。オンラインなので安めですし忙しい人も継続しやすいです。

 

Aidemyはビジネス系の職種の人にも有益なコースがあるため、マーケティングやデータ活用に強みを持ちたいアナリストやコンサルタントにもおすすめできるスクールですね。Aidemyも無料でビデオカウンセリングを受けられます。

 

Dive Into Code

Dive Into CodeもPythonでの機械学習を学べるプログラミングスクールです。こちらは対面型でしかも入学試験があるため、ある程度選別された受講生と切磋琢磨して学べるのが特徴です。

 

対面型のためやや料金は高めですが、対面なので手厚い指導が期待できます。また、経産省の口座認定を受けているため、一定の条件を持たせば給付金として最大40万円のキャッシュバックも受けられます。最高ですね。

 

印象としてDive Into Codeは結構硬派というかキャッチアップも難しいかなと思いますけど、乗り換えられたら確実にスキルアップできるのでおすすめですね。こちらもまずは無料相談して内容を知ることができます。

 

PyQ

PyQもオンラインで学べるスクールです。スクールというよりかは、オンライン教材を学びながら適宜質問できるという感じですね。機械学習やデータサイエンスも学べますし、Pythonの基礎から学べるため超初心者におすすめです。

 

またかなり格安のため、気軽にPythonを学ぶのにちょうどいいです。とはいえPyQだけでPythonエンジニアになれるというとそこそこ自力での独学が必要なののは認識が必要かと思います。

 

ちょっとスクールに通うのは時期尚早かなという人の場合は、PyQみたいなオンライン教材でチョコチョコ学習しだす感じでもいいかなと思います。とはいえ、これだけだと転職とかは厳しいかもです。

 

データミックス

データミックスは、Pythonも機械学習も学べますがエンジニアというよりかはデータサイエンティストになるためのスクールですね。そのため他のスクールよりも数学や統計なども力をいれて学べるカリキュラムになっています。

 

データミックスも経産省からの口座認定を受けているため条件を満たせば、一定額が給付金としてキャッシュバックされるためお得です。

 

またビジネス課題をケーススタディとしてデータサイエンスを活用して解決することも演習として組まれているため、非常に実践的です。悩んでいれば無料説明会に参加して検討してもいいかもです。

 

TechAcademy

最後はTechAcademyです。こちらはかなり幅広くプログラミングについてのオンライン講座を提供しているプログラミングスクールです。その中の1つとしてPythonコースがあります。

 

ただ機械学習やPythonに特化したコースではないため、一般的なサーバサイド減としてのPtthonを学ぶ位置づけと考えたほうが無難です。

 

メリットとしてはオンラインなので比較的安めであることがあげられます。無料でキャリア相談などもうけられるため、悩み事を気軽に相談することも可能です。

 

失敗しないためのPython・機械学習を学べるスクールの選び方

最後は失敗しないためのスクールの選び方ですね。プログラミングスクールに通っている友人から聞いた経験なども踏まえると、知名度のあるスクールを選ぶ方が失敗リスクを避けられますね。

 

これなぜかというと、知名度がないと好き勝手にやってもそもそも知名度がないため炎上しないのでずっと好き勝手にやるんですよね。でもある程度知名度があると好き勝手にやると評判が下がったりするため、あまり好き勝手にやりません。

 

スクールの中には運営者の好き勝手にやっていて講師が現役エンジニアじゃなかったりもします。ちなみに僕の友人はこれで失敗しました。しかし今回紹介したPythonや機械学習を学べるプログラミングスクールは知名度もありますし、講師も経歴に箔があり安心できますよ。

 

まとめ

 

ということでPytonで機械学習を学べるプログラミングスクールを紹介しました。これから間違いなく市場価値が高まるスキルの1つです。参考にどうぞ。

 

人気:AIを学べるプログラミングスクールのおすすめ【比較してみた】
人気:【副業・フリーランス】データ分析・サイエンティスト(統計・アクセス解析)で稼ぐ

最新情報をチェックしよう!