次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

レイズテック(RaiseTech)で挫折する人はいるのかい?いないのかい?どっちなんだ〜い?

レイズテック(RaiseTech)で挫折する人はいるのかい?いないのかい?どっちなんだい?ぱわぁ〜!と言うことで、今回はこの疑問に対して解説していきたいと思います。

 

✔︎この記事の信頼性
この記事を書いている僕は、IT系のフリーランスで年収1200万円ほど。WEB業界やIT業界で7年以上勤務経験があるため、知識が豊富です。

 

結論ですが、レイズテック(RaiseTech)で挫折する人は全くいない!と言うとそりゃ嘘になりますが、挫折させない対策をいくつも講じていますし、口コミでもその内容についての好評が多いです。

 

もしプログラミングスクールを受講してエンジニア転職したいけど、挫折が怖い人は参考にしてみてください。それでは、ぱわぁ〜!!!

 

レイズテック(RaiseTech)の挫折させないための工夫

 

早速、レイズテック(RaiseTech)が行っている受講者が挫折しないための工夫を紹介します。

 

質問し放題

まず、レイズテック(RaiseTech)では質問し放題です!はい、挫折の一番起きやすい場面は、疑問を解決できない時です。

 

基本的には、講師に質問するわけなんですが、スクールによっては制限や制約がある場合も。質問し放題なら安心ですよね。

 

ちなみにコース終了後でさえも、質問し放題なのでこれほど安心できるのはないんじゃないかなと。質問できることだけでお金のかかるサポートサービスも世の中にはあるくらいですからね。

 

全額返金保証

次は、全額返金保証です。もちろん、条件などはあり、例えば入会後2週間以内などがあり、他にもトラブル防止のためしっかり公式HPでチェックしておいてください。

 

ただ、もしだめそうな場合は全額返金保証が受けられると思えば、入会のハードルも下がりますし、万が一挫折しそうだな〜と思った時の選択肢として安心ですよね。

 

現役講師陣

3つ目ですが、レイズテック(RaiseTech)では講師が全員ゲネ期のエンジニアです。しかもフリーランスエンジニアとして月単価80万円以上の実力の方々ばかりです。

 

なので、現場感のある助言ももらえますし、何より実践的な開発スキルをレイズテック(RaiseTech)で身につけられます。これはつまり、実際にエンジニア転職した後の挫折も減らせると言うことです。
※人によってはエンジニア転職してから大変でやめたくなる人もいる

 

個別進捗管理

4つ目ですが、レイズテック(RaiseTech)では日々の進捗を個別に管理してくれています。それをチェックしつつ、毎週個人面談を実施することで

 

メンタル的にもスキル的にも挫折させないようにしています。やはり、スキルだけ上がっていっても精神的に充足感がある方が満足度も成長も早まりますよね。

 

レイズテック(RaiseTech)受講生の挫折関連の口コミ

 

では、実際のレイズテック(RaiseTech)受講生の挫折関連の口コミを見ましょう。

 

 

講師は見て捨てず、寄り添ってくれます!

 

 

やはり、独学だと挫折しますよね。

 

 

レイズテック(RaiseTech)では受講生の有志で、もくもく回も開催しています。同期のつながりも持てるのも魅力的ですよね。

 

 

この人の口コミは、結構詳しく書いてあってレイズテック(RaiseTech)の挫折関連の口コミとかを見たい人は是非チェックしてみて欲しいですね。

 

そもそもプログラミングスクールで挫折する理由

 

ちなみに、レイズテック(RaiseTech)に限らずプログラミングスクールで挫折する理由など知っておいた方がいいので、解説しときます。

 

そもそもの挫折する人の割合

公式な統計データはもちろん誰も知りませんから(プログラミングスクール内部の人しか)、わからないものの、未経験者が独学した場合の挫折率は70%くらい行くと思います。

 

僕でさえ独学時は挫折しました。そして、スクール受講生全般で言うと、例えばweb系自社開発企業など人気企業への転職実績の高いポテパンキャンプで30%ほど挫折する人がいるそうです。

 

独学で挫折が大半

その上で考えると、挫折する大半のケースは独学であることが多いです。疑問が出ても自分しか頼れる人がいない、それでわからない場合はずっとわからない、こうなるわけです。

 

レイズテック(RaiseTech)だと、質問し放題なので疑問の解消もスムーズですし、調べ方なども改善ポイントを教えてくれると言うことですね。

 

その他は時間が作れないで挫折

 

あとはプログラミング学習の時間がなかなか作れなくなって挫折するケースも多いです。特に、社会人で未経験からエンジニア転職を目指す場合に多いです。

 

現職の仕事もありますし、人によっては家族事情もある。こちらの人で言うと、日常生活で時間を確保ってのがポイントみたいですね。つまり、隙間時間ってことでしょうか。ホリエモンも隙間時間でめっちゃ仕事するみたいですし、挫折予防の参考になりますね。

 

挫折は本質的には防げないが、立ち上がればいいだけ

 

あと、レイズテック(RaiseTech)受講者で非常に参考になる口コミを見ました。挫折を何回もしたけど、その度に立ち上がり内定をもらえたと。。。

 

はい、挫折はするもの、立ち上がるもの、と言う名言ですね。どうでしょう、挫折はみんなしますよ、その立ち上がりのサポートもしますよ、とレイズテック(RaiseTech)に言われたこれほど安心材料はないですね。

 

レイズテック(RaiseTech)がおすすめな人

 

最後ですが、レイズテック(RaiseTech)がおすすめな人を紹介します。

 

挫折が心配な人

まず、やはり挫折が心配な人ですね。ここまで見た通り、レイズテック(RaiseTech)では挫折対策が多くあります。

 

プログラミングスクールも結構なお金が料金として必須ですから、挫折しちゃって無駄金になるのも嫌ですよね。でも、レイズテック(RaiseTech)であれば挫折対策もあり全額返金保証もあるので、

 

そう言う部分の不安は少なくなると思います。

 

AWSコースに関心がある人

あとは、学習カリキュラムで言うと、AWSコースに関心がある人に特におすすめです。AWSってのは、インフラ周りのスキルなんですが、クラウドの需要の高まりがあるにもかかわらず、

 

AWSをコースとして持っているのは、レイズテック(RaiseTech)だけなんです。もしインフラエンジニアなどに関心があればぜひ公式HPでチェックしてみてください。

 

まとめ

 

と言うことで、今回はレイズテック(RaiseTech)の挫折対策や挫折関連の口コミをチェックしてきました。参考になれば幸いです。

 

最新情報をチェックしよう!