次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

RUNTEQは30代でも受講可能です【エンジニア転職実績もあり】

RUNTEQは30代でも受講可能なのかな?実際にエンジニア転職実績のある30代の受講生もいるのかな?どんなことが20代と違って必要になるんだろう?こんな疑問に答えていきます。

 

結論、RUNTEQでは30代でも受講可能です。特に条件はありません。ただし、20代と異なりスピード重視ですしそれなりにハードルも高くなります。ただ諦めて時間が経つともっと転職が難しくなるのが実態です。なので、早めの行動が30代では大事です。

 

✔︎この記事の信頼性
この記事を書いている僕は、IT系のフリーランスとして年収1200万円ほリモートで稼いでおり、エンジニアの採用面接などもしていました。なので、RUNTEQのような未経験者が通うプログラミングスクールにも僕なりの知識があります。

 

参考:RUNTEQなら働きながらエンジニア転職できる?学習時間は?

 

RUNTEQは30代でも受講可能です

 

 

結論、RUNTEQでは30代でも受講可能です。

 

 

採用面接でも実際に結構未経験30代いました

そもそも未経験からのエンジニア転職全般として僕が採用面接をしていた経験で言うと、未経験の履歴書でエンジニアの面接応募があった人は結構いました。肌感覚的にフリーランスに絞ると少なくとも5人に1人はそう言うパターンでした。

 

なので、RUNTEQに限らず30代でプログラミングスクールからエンジニアになる人は結構います。そして、RUNTEQも場合にもれず30代でも問題なく受講可能です。

 

しかも特に特別な制限や条件もないため、あなたのやる気次第でいくらでもエンジニア転職を狙えると言うわけですね。ただ、実態を正確に知って欲しいので耳に痛いことも語ります。

 

とは言え、若い方が有利

何かというと、とは言え未経験からエンジニア転職するのって若い方が有利です。これもRUNTEQに限らずどのスクールでも同じです。なぜなら、伸び代もあるし、若い方が教育しやすいからですね。

 

同じような人材でプログラミングスキルであれば、履歴書の段階で若い人を選ぶ場合も全然あります。面接官も忙しいので、真面目に全員と合うわけではないです。これは僕なりの視点です。

 

ですが、RUNTEQですとこれから書く理由によって30代でも頑張り次第でエンジニア転職を狙えるので諦めずにまずは検討してみて欲しいと思います。

 

参考:RUNTEQで挫折はあり得るのか?なぜなのかと対策

 

RUNTEQなら30代でもエンジニア転職可能

 

 

RUNTEQならではの30代でもエンジニア転職できるって言う理由を2つ紹介します。

 

未経験30代のエンジニア転職実績あり

まず論より証拠ということで、未経験30代のエンジニア転職実績がRUNTEQであるというところを紹介します。

 

 

修了生インタビューvol.19は、元都庁の公務員だったおおうらさんを取材してきました。おおうらさんは自分で仕事を選べ、学びが仕事へ直結するWebエンジニアに憧れRUNTEQを受講。なんと企業側からスカウトを頂き、マーケティング関連のWeb系スタートアップ企業へ転職を成功させました! おおうらさんのRUNTEQ学習期間は2020年7月-2021年2月の8ヶ月間です。
引用:RUNTEQブログ

 

例えばこの方ですね。もし興味があれば、RUNTEQのブログからインタビュー記事を覗いてみましょう。論より証拠ということで、よりRUNTEQで勉強するイメージが湧くかなと思います。

 

オリジナルのポートフォリオ作成カリキュラム

で、論という意味で言うと、1つ目はオリジナルのポートフォリオ作成のカリキュラムがRUNTEQにはあるというところです。これは昨今のプログラミングスクールではかなり大事になっています。

 

というのも、スクールの乱立によって未経験転職希望者のプログラミングスキルが同じレベルの人が多くなりしかも、レベルも下がってきたからですね。面接官も辟易とした人が増えたと聞いてます。

 

しかし、RUNTEQではその人が作りたいプロダクトをオリジナルで開発するカリキュラムなので、面接官も興味が出ますし、何よりあなた自身のプログラミングスキルのレベルも上がります。これによって他のスクールの人よりもレベルが上がるというわけです。30代では特に開発レベルは未経験でも必須です。

 

転職サポートで強みをアピール

もう1つは、転職サポートがあるため、実際に面接や書類応募時にあなたならではの強み、つまりこれまでの経歴を生かしたアピールもできるということです。採用側も馬鹿ではないので、

 

せっかく30代を採用するなら今までの経験で何が活かせるかも合わせて参考にします。その時にあなたは何をアピールできますか?正直、未経験者のプログラミングスキルだけの差で決めるのも難しいので、人間力だったり、他の何か強みを判断材料にする場合も全然あります。

 

その時にRUNTEQであれば、30代という年齢も加味しつつどういうアピールをすると効果的そうかを一緒に検討してくれるところも心強いかなと思います。30代は不安になることも多いですが、こういうサポートがあると自身も出てきやすいです。

 

参考:RUNTEQとポテパンキャンプを比較!どっちがおすすめ?

 

RUNTEQに限らず既に30代ならスピード勝負です

 

最後ですが、RUNTEQに限らずとも30代で一番大事なのはスピードです。1日も無駄にできないですし、遅れるとライバルに席を取られますよ。

 

年齢で足切りすらする場合もあります

僕の今までの採用経験で言うと、シビアに言うと年齢で足切りすることだってあります。だって手元に複数の履歴書が届いてあなたの年齢が一番高くて30代で例えば後半、かつ他の人と同じくらいのプログラミングレベルとしましょう。

 

時間をとってわざわざ会うことしないことだってあります。なので、年齢ってまじで重要なんですね。ここを誤解して悩んでばかりいると、年齢を重ねる分だけエンジニア転職が30代だと困難になりがちです。

 

RUNTEQの年齢に関する見解

RUNTEQのブログ記事を参考にすると、20代は全然チャンスがあり、特に前半は馬でもなくチャンスが多い、20代中盤から後半も全然ある、30歳から徐々に厳しくなり、34歳以降から難しくなる。現実的に34歳、35歳が限界ということでした。

 

あなたは今何歳ですか?本当に時間、若さはお金より貴重という場合もあるってことを心に止めましょう。

 

悩まずに無料説明会へ

とは言え、すぐにRUNTEQに入会するかどうかはすぐに決められないですよね。そんな人向けに、RUNTEQでは無料説明会も開催しています。他にも同じような境遇に人も参加しているので、同じ悩みをもつ人を見て心が動くこともあるかもです。

 

悩みポイントもヒアリングしてくれるので、とりあえず気軽に参加してみることもできます。悩んでいる間にさっき言った通りで、30代だと徐々に厳しくなるためまずは無料説明会、参加するのがおすすめです。

 

まとめ

 

ということで今回は、RUNTEQでは30代でも受講可能なのか?を紹介しました。条件や制限もないですので、30代でも受講できますが、年齢的には徐々に厳しくなるため、悩まずにまず行動がおすすめな年齢です。

 

参考:RUNTEQのリアルな評判は?!卒業生の口コミも!

最新情報をチェックしよう!