次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

RUNTEQで挫折はあり得るのか?なぜなのかと対策

RUNTEQで挫折はあり得るのかな?あり得るならどう言う理由なんだろう?対策などがあれば知りたいな。こんな疑問に、IT系フリーランスの僕が答えていきたいと思います。

 

この記事を読むと、先程の内容だけでなく、本質的にエンジニアを目指す上で挫折しないための心構えなどがわかると思います。また、僕自身もプログラミング学習で挫折しつつも今現在ではIT系フリーランスとして年収1100万円ほどなのである程度は納得感もあるかなと思います。

 

RUNTEQで挫折はあり得る?

 

結論から言うと、RUNTEQで挫折者はもちろん一定数はいるそうです。ただ少数派です。

 

そもそもどのスクールでも挫折している人だと思います

で、大事なこととして、、、RUNTEQで挫折する人ってそもそもどのプログラミングスクール通っても挫折しているんじゃないかと思います。だって、RUNTEQって挫折リスクを下がるような工夫はしてますからね。

 

確かにたまにひどいプログラミングスクールはありますけど、RUNTEQは違います。なので、本人の問題が本質的だろうと思います。多くの本人側の理由っていうのは、プログラミングを事前に学習してなくて、想像より難しくて挫折というパターン、もう1つは外部要因で時間が設けられなくてというパターンです。

 

RUNTEQに限らずプログラミング学習で挫折する本質的な理由

 

と考えると、RUNTEQの問題というよりもそもそも論としてプログラミング学習で挫折する本質的な理由ってのを考えた方が意味がありますよね。

 

楽しむことができてない

まず1番はプログラミング学習を楽しめているか?を考えて欲しいです。エンジニアになると年収があっがる、フリーランスになると自由に働ける、それはそうなんですがその魅力にだけ釣られてスクール入ると挫折します。

 

そもそもプログラミングスクール卒業しても、転職はできても即戦力とまではいかないのが現実です。なので、まだまだずっと勉強は続きます。なんなら、エンジニアは新しいプログラミング言語が出るたびにある程度勉強が必須なんです。

 

よって楽しめることが大事です。最初は無理だとは思いますが、自分が楽しめているか?を考えるようにすべきです。僕の友人だって、時給100円とかでも楽しんで学生時代にインターンしてたりしました。

 

色々と楽勝だと思ってる

2つ目は、事前学習をしてないが故に色々と楽勝だと勘違いしているパターンです。ちょっと夢見すぎです。まず、プログラミング学習自体も楽ではないですし、転職も同じです。

 

理想と現実にギャップができたら、そりゃ挫折しますよ。。。なので、RUNTEQに限らずプログラミングスクール入る前にRubyの勉強しましょう。今は、無料の動画サービス色々あります。

 

ドットインストールあたりが有名ですね。

 

現実的な学習スケジュールを立てれていない

3つ目ですが、本人にやる気もあっても挫折するパターンありますね。コレはもうしょうがないですが、他のことが忙しくなって心の余裕がなくなるとか。そもそもの学習スケジュールに課題があるパターンです。

 

まあ、RUNTEQに限っていうと、最初に現実的な学習スケジュールを組みますから、そこまで気にしなくていいかなと思います。なので、注意すべきなのは、何か計算外で忙しくなるリスクがあるものは、できるだけ排除しておこうということですね。

 

RUNTEQの挫折させない工夫

 

また、RUNTEQでは挫折さえないための工夫もやってます。いくつか紹介します。

 

1つは、受講者同士とかイベントとかの勉強会ですね。やはり同期がいるって社会人だと珍しい環境ですよね。RUNTEQみたいなプログラミングスクールに入ると、いわゆる同期ができます。

 

お互い励ましあいながら、助け合いながら学習することでモチベを保ちつつ挫折をしにくくなりますね。

 

https://twitter.com/runteq_mii_05/status/1467343581669367808?s=20

 

 

本質的な実力をつけさせる勉強スタイルってのも良いと思います。こちらをみてください。

 

 

正直、プログラミング学習ってその課題を解決するだけのやり方を教えるだけってのもやればできるんです。しかも楽ですその方が。でもそれだと伸びません。そしてエンジニア転職に挫折します。

 

なので本質的な実力を高めるように、自分の頭で考えて解決できるスキルが必須なんですね、RUNTEQではその辺も理解しています。コレは心強いです。ここまで読んで、いいなと思えばひとまず無料カウンセリングに参加してみると良いと思います。

 

 

RUNTEQで挫折しないための自分でできる対策

 

では最後に、RUNTEQで挫折しないための対策としてできることを紹介します。

 

ある程度先にRubyを勉強しよう

まずRuby先に勉強してください。できればRailsも勉強してください。その際に、プログラミングを楽しいと思えるか?本当に勉強を頑張れるか?コレを仕事にしたいと思えるか?を真剣に自分に問いかけましょう。

 

安易に、40万円も投資するものではないです。ですが、真剣に事前に考えてエンジニア転職できたら40万円なんてすぐに回収できる金額です。その分、事前にしっかりやれることはやっておきましょう。

 

この時、だめそうであればなぜダメなのかを考え、それを解決できるか考えましょう。解決できそうにない理由であれば、大人しく諦めて他の道を探した方が賢明です。

 

30歳未満ならポテパンキャンプも候補に入れよう

もう1つは、賢明な選択肢として30歳未満であればポテパンキャンプも候補に入れましょう。というのも、30歳未満でポテパンキャンプであれば返金制度があるからです。しかし、規約があるため、全般的に返金されるわけではないことに注意しましょう。まあ安心材料にはなりますね。

 

ポテパンキャンプについては、RUNTEQとポテパンキャンプを比較!どっちがおすすめ?を参考にどうぞ。

 

まとめ

 

ということで、RUNTEQで挫折はあり得るのか?どんな理由なのか、対策は何かを解説しました。ぜひ判断材料にしてみてください。

 

参考:RUNTEQのリアルな評判は?!卒業生の口コミも!

最新情報をチェックしよう!