web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

SEが在宅フリーランスで年収800万以上を実現する一歩とその秘密とは!

こんにちは、今回はSEが在宅フリーランスで年収800万円以上を稼ぐ一歩目の方法を紹介します。SEはいわゆるシステムエンジニアやプログラマーと呼ばれるIT系の職種です。SEとして極めていくためには、フリーランスとなることも1つの方法となりますし、フリーランスになったほうがぶっちゃけ稼げます。

 

だって、仲介会社に中抜きされている金額って知ってます?すごいですよ、それはもう。筆者は現役webディレクターとして業務委託のシステムエンジニアと仕事して働いているので、そういった部分も知っているため解説していきます。

 

SEでフリーランスで働く

 

まずSEことシステムエンジニアでフリーランスで働くということはどういうことかの外観を解説します。システムエンジニアがフリーランスで働くことを語る上で欠かせない話題は、めっちゃ稼げるということとSEの需要は極めて高いということですね。今あなたが仲介会社を間に入れているのであれば、ぜひフリーランスで働くことの検討をおすすめします。

 

www.youtube.com

めっちゃ稼げる

 

まずSEでシステムエンジニアとしてフリーランスになるとめっちゃ稼げます。なんだかわかりますか?フリーランスでない場合は通常はどこかの会社に所属して派遣されるとか業務委託契約を結ぶとかして仲介会社が入ります。後で説明しますが、めっちゃ中抜きされてます!

 

それが一切なくなり全部自分に懐に入るのでめっちゃ稼げるんですね。年収800万と書きましたが、スキルや案件にもよりますがSEのフリーランスの相場だと考えてください。一気に高年収を実現できます。

 

SEの需要は高い

 

ところで本当にそんな高単価案件ってフリーランスであるの?普通は正社員じゃないの?と思うかもしれません。しかし、実情はそんなシンプルではないです。ここもあなたがSEでフリーランスとして独立する一歩のために解説しますね。

 

まずSEはどのIT系企業も人手不足です。また将来的にもSEのようなIT系の人材は不足すると言われています。一方で、インターネット系やIT系、web系と呼ばれる業界はまだまだ市場が成長中です。そのため、需要と供給があってないので必然的に高単価案件がじゃんじゃんあります。

 

また、正社員じゃないの?って疑問に関しての答えはこうです。企業はどこもいつか来るコストカットの時代に備える必要があります。ゆえに全員を正社員で雇うことはリスクになるのです。つまり、フリーランスとしての雇用であれば最悪いつでも切れるので、いつでもフリーランスとしての需要はなくならないですし、その分フリーランスは正社員よりも収入が高いケースが多いです。これは失業リスクのプレミアムと経済学的には考えられますが、それでもSEのフリーランスは需要が高いのでいつでも仕事には困らないでしょう。

 

SEの中抜き事情

 

で、みなさんが気になるSEの中抜き事情に関してお答えします。これはSEだけでなくIT系全般に言えますが、結論として70%は抜かれていると思ってください。よく孫請けとかひ孫請けって言いますけど、もっと抜かれています。

 

大手企業でいうと、N●Tデ●タとかは多くの中小規模のIT系企業から紹介してもらい、SEを送り込んでいます。その例でいうと、例えば雇用企業は120万円くらいをコストとして毎月払っていたとしても、N●Tデ●タが30%くらい何もしてなくても中抜きし、さらにあなたが所属する企業で30%くらい抜かれています。そして残った分があなたの給料になります。

 

そのため、フリーランスになるだけで例えば120万円がまるまるあなたの収入になります。まあ厳密には、税金などを自分で収める必要があるのでまるまるではないですが中抜きをカットする威力は半端ないのです。

 

SEの在宅フリーランスで年収800以上を狙う一歩

 

では、早速そんな魅力的なフリーランスになるための一歩を紹介します。まずはここからです。SEだけではなく、IT系の職業であればフリーランスになるための一歩は基本的に一緒です。

 

ちなみに筆者はフリーランスではないものの、ここで紹介しているフリーランスや副業案件を紹介しているエージェントからの紹介で毎月10万円以上を稼いでいます。あなたもすぐに高収入になれます。その一歩としては案件獲得が必要なんですが、知人の紹介か、エージェントからの紹介の2択が王道です。

 

知人の紹介

 

1つ目は知人の紹介です。知人の紹介の場合は、確率的にあまり期待できないところがありますが、知人なだけにやりやすいと言えばやりやすいです。しかし、フリーランスは極めて不安定な立場です。ここで、筆者の事例を紹介しましょう。

 

筆者は知人の紹介でフリーランスではないですが、副業案件を紹介してもらいました。しかし、突然今月休みで!と言われるなどかなり不安定でした。今思うと、契約書を締結してなかったのが失敗でした。

 

まさに、フリーランスだと仲介で営業など諸々してくれる人がいないので、そこが失敗の要因になりやすいです。知人の紹介だとなおさらそういう部分でいい加減になりがちです。一方でエージェントからの紹介であれば、安心できますし多くの案件を紹介してくれます。

 

フリーランス案件を紹介しているエージェントに登録

 

では、そんなフリーランス案件を紹介してくれるエージェトとして4つご紹介します。それらは、Workship、プロの副業ホールハート、レバテック、midworksです。4社それぞれ違いがありますから、よく読んでみましょう。とはいえ、エージェントごとに保有している案件が違うので複数社登録するのがSE在宅フリーランスとしての一歩を獲得する上では合理的です。

 

Workship

 

まずWorkshipです。Workshipの特徴は、スキルが高めの人材向けの案件が多いということです。さらにSEはベースの単価が高いので、かなり高単価案件を狙いやすいです。在宅案件も多くのあるので、まずは登録と面談をしてみるといいかと思います。

 

参考:Workshipは副業やフリーランスで稼げる!評判口コミまとめ

 

プロの副業ホールハート

 

SEことシステムエンジニアがフリーランスの一歩を始めるための2社目は、プロの副業ホールハートです。ホールハートは、もともとは転職案件をメインとした人材エージェントでした。

 

しかし、時代の流れというか副業解禁時代の到来と、実際のクライアントの要望で副業やフリーランス案件の紹介も積極的に始めています。ホールハートの特徴としては、昔からのクライアントが多いため案件が多いのが良いですね。

 

参考:【副業体験談と評判】プロの副業ホールハートで月10万稼いだ

 

midworks

 

4社目はmidworksです。midworksは、ズバリ、フリーランスと正社員のいいところ取りを実現しているところがいいですね。つまり、フリーランスだと保険とか失業とか心配!というところと、正社員だと年収以外と低いな〜というところの不満をどちらも解消しています。

 

例えば保険の負担も半分ですみますし、仲介のマージンだって圧倒的に低いしわかりやすいです。そのため、安心してフリーランスになる一歩としては大変おすすめです。

 

参考:midworksで副業やフリーランスする評判を徹底解説!

 

 

www.youtube.com

SEが在宅フリーランスするメリットとデメリット

ということでSEが在宅フリーランスになるための一歩を紹介しましたが、そのメリットとデメリットも合わせてちゃんと理解してほしいので解説します。いいところだけではないですが、それぞれのメリットとデメリットをきちんと理解しておくのが重要ですよ。

 

メリット

 

まずメリットですが収入が爆上げします!これはもう本当に爆上げします。筆者も時期にフリーランスになりたいと思っているくらいです。どれくらいかというのは、解説した通りですが雇用関係次第では、今の収入の5倍くらいになってもおかしくないです。だって、今中抜きで20%くらいしかもらってないとするとそれだけで5倍です。

 

他にもフリーランスは極めて自由に働けますし、責任もかなり低いです。正社員に責任の思い仕事をお願いするのが普通ですからね。その分、フリーランスはストレスの少ない仕事というか働き方とも言えますね。

 

デメリット

 

一方でデメリットですが、面倒なことは自分でやらないといけないです。例えば、確定申告とか税金関係ですね。節税も勉強する必要が出てきますね。他には、やはり安定した立場ではないというところでしょうか?

 

よくフリーランスだと、年収が5倍になって1000万円以上を超えても、いつまでもその年収が維持されるわけではないですから、不安な気持ちになると言われますね。ストレスに強ければ不安には感じないでしょうし、実際は普通に仕事していればいきなり失業することはないですのでご安心を。

 

まとめ

 

ということで、SEが在宅フリーランスで働くための一歩のまとめをしたいと思います。まず、SEやシステムエンジニアはとても需要が高いのでフリーランスになり独立するととても年収が上がります。

 

また、その一歩を実現するためには複数のエージェントに登録しより良い案件と巡り会い獲得するのが戦略的かつ合理的です。リスクとしては幾つかあるものの、そのリスクを超えるくらいのメリットもあるのでゆくゆくはフリーランスになりたい方はぜひご検討するといいと思います。ほかにも、SEフリーランス年齢別傾向まとめなどでフリーランスエンジニア向けの情報を発信していますのでぜひご覧ください。

 

参考:PE-BANKの評判をフリーランスエンジニアにインタビュー【メリットだらけ】

最新情報をチェックしよう!