web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

SEフリーランスの年齢目安は60歳以下【年収800万目指す方法】

先日こんなツイートをしましたが、SEでフリーランスを目指して高年収になりたいけど、年齢はいくつまでが目安なのかな?そういった疑問に、現役WebディレクターとしてフリーランスSEの採用面談をしている僕が答えます。目安としては、20代~60代で、60代は結構限界値かもしれません。

 

SEフリーランスエンジニアの年齢は目安60歳以下

 

結論、SEフリーランスエンジニアの年齢の目安は60歳以下かと思います。というのも、60歳に達しているともはやもうすぐ定年になるので離職してしまうため、そのくらいの年齢だとさすがに結構厳しいというのが実情です。まずSEフリーランスの年齢における採用の裏側を現役でフリーランスエンジニアの採用面談している僕が解説します。

 

若いほうが採用されやすいは事実

 

まずフリーランスエンジニアの採用においては、若いほうがされやすいのは事実です。若いとはいえ、30歳~40歳が経験も豊富で人気な年齢かと思います。若い場合だと、指導もしやすいですし、これからの成長も期待できるので採用としては同じスキルレベルだと若いエンジニアを優先しがちです。

 

とはいえ、年齢が高いとそれだけでフリーランスエンジニアとしてSEのキャリアを積めないかというとそういうものでもありませんので、ご安心ください。

 

年齢が高くてもメリットや経験があれば採用はされる

 

年齢が高い場合で例えば50歳以上ですと、面談先の企業がどうにもエンジニア不足であれば特に年齢はネックにならないですし、人気な案件の場合でも経験やマネジメント能力などアピールできるスキルがあれば、年齢はむしろ肯定されるものになります。

 

どの企業もエンジニア不足なので、年齢だけで落とすということはあまりないと思います。年齢に従ったスキルがあれば、リーダーとして採用される可能性もありますし、リーダーのほうが単価も高いのが通常です。

 

SEフリーランスの採用は年齢がネックになりにくくなっている

 

上記の話はこれまでの一般論です。最近の2019年のトレンドでいうと、年齢は徐々にネックにならなくなってきています。ここでフリーランスエンジニアの採用において年齢が徐々にネックにならなくなってきている理由を解説します。

 

圧倒的なエンジニア不足

 

まず2019年現状のIT業界やエンジニア、SE界隈では圧倒的にエンジニアが不足しています。有名な見立てでいうと、政府が発表した統計資料では、2020年でさえエンジニアが30万人ほど不足するという見立てになっているほどです。

 

採用されやすいかどうかと単価も密接に関係しているので、エンジニアを採用したいIT企業はこれまでよりも10%ほど高い単価で採用オファーをくれる可能性が高いんですね。

 

IT市場は伸びている

 

またエンジニアを求めているIT市場自体が伸びているという理由もありますね。例えば、最近では大規模CMで決済サービスをよく見ると思います、ペイペイとか、エアーペイとかいろいろありますよね。

 

新たに大型のサービスが生まれると、そこにエンジニア需要が生まれます。また国内だけでなく、世界でもGAFAというITの巨人たちがいるのでまだまだ需要は増加すると思って間違いないですね。

 

SEフリーランスの年齢別目安単価

 

ではSEフリーランスの年齢別目安単価を見ていきましょう。年齢別でいうと、当然若い方は少なくなるのですが、採用されやすいというのがメリットですよね。逆に年齢の高いエンジニアは相応のスキルがあることを積極的にアピールしましょう。

 

20代

 

まず20代です。20代のエンジニアといってもピンキリですが、フリーランスの場合ですと週5フルタイムで70~80万円くらいが相場かと思います。フリーランスであれば、この金額をそのまま貰えますから、この年齢で考えるとかなりの高給取りです。また成長余地があるので、単価も上がっていくことが見込みやすいです。

 

30代

 

次に30代ですが、スキルも高まって経験もあるのが30代という年齢です。この年齢でのフリーランスエンジニア単価の目安は、90万円~100万円です。ただ、年数での経験やスキルの差が出てくる頃でもあるので、マネジメントも出来ると110万円や120万円も全然あるのがこの年齢ですね。

 

40代~

 

40代以降のフリーランスエンジニアの年齢では、マネジメント能力や特別なスキルや経験がない場合は、伸びづらくなります。この年齢以降では、もう差が大きく出るので経験とスキルをちゃんと身につけたいところです。経験やスキルが年齢に見合っていなくても、エンジニア需要は高いのでフリーランスで年収800万円は堅いは堅いです。

 

フリーランスSEにおすすめな案件エージェント

 

では、年齢別でフリーランスSEやエンジニアの単価を紹介しましたが、皆さん共通して高い年収を目指していると思います。そんなフリーランス希望のエンジニアやSEにおすすめな案件エージェントとしては案件ナビがイチオシです。ほかには、Workshipなどもあるのですが案件ナビは主にエンジニアに特化していたりします。ほかにも、SE在宅フリーランスを狙う秘訣でもSEやエンジニアでフリーランス狙いの方向けの情報を発信しています。

 

midworks

 

midworksとは主にエンジニアやSE、フリーランス向けの案件エージェントです。公式HPを見れば分かりますが、多くの年収アップの事例がありますね。

 

多くのエンジニアが案件ナビ経由でフリーランスになり、年収が800万円になっていることが分かります。案件ナビでは、高年収になれるSEやエンジニア向けのフリーランス案件が多いので無料ですし、登録しておいて損はないといえると思います。

 

参考:midworksで副業やフリーランスする評判を徹底解説!

 

SEフリーランスが狙うべき仕事内容

 

では最後にSEやエンジニアでフリーランスになりたい方に、おすすめな狙うべき仕事内容を解説します。フリーランス向けといえども、いろいろな仕事内容がありますからね。

 

レビュー

 

まずフリーランスエンジニア向けのおすすめの仕事内容ですが、レビュー系ですね。レビュー系では、文字通り自分が設計や実装というよりはレビューする側なので仕事としては楽です。とはいえ、このような仕事内容のフリーランスエンジニア向けの仕事や案件は少ないかもしれません。

 

大企業常駐

 

次は個人的には大企業常駐の案件がいいかと思います。というのも、大企業なので単価も高めですし、内部統制がとれていることが多いので働きやすいでしょう。

 

個人的な選び方としては、大企業の既存事業がおすすめですね。大企業でも新事業はドタバタしていることが多いので、ちょっと働きづらいことがおおいかと思います。

 

まとめ

 

SEやエンジニアでフリーランスを狙っている方向けの年齢別での傾向を解説しました。60歳を超えると厳しいは厳しいですが、スキルがあれば需要が高いのでそこまで恐れる必要はありません。まず将来のためにも年齢を気にせずスキルや経験を高める取り組みを意識すべきですね。

 

参考:PE-BANKの評判をフリーランスエンジニアにインタビュー【メリットだらけ】

最新情報をチェックしよう!