web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

SEに未経験からなるには年齢が重要【年齢別目指し方を解説】

 

SEに未経験からなりたいけど年齢って関係あるのかな?年齢別の目指し方を知りたいな。何才までが未経験からSEになる限界なんだろうか?採用している人から理由も含めて教えて欲しいな。こんな疑問にSEの採用面接もしているIT業界5年の僕が解説します。

 

未経験からSEになるには、年齢がすごい重要

・22才〜24才なら第二新卒枠で自力で転職は可能
・25才〜29才だとプログラミングスクールを活用した方が無難(無料もある)
・30才以上は徐々に厳しくなる

端的に言って若ければ若い方がいい世界なので、未経験からSEを目指すなら本当に早い方が良い

 

結論、未経験からSEになるには年齢が非常に重要です。22才〜24才なら第二新卒枠を使えて有利、25才から29才ならプログラミングスクールの活用が無難で、30才以上からだと徐々に未経験から目指すのは難しくなります。今回は方法や理由を含めて解説します。

 

未経験からSEになるには年齢が非常に重要な件

 

未経験からSEになるには年齢が非常に重要です。まずここを理解しておいたほうが、未経験からSEになる上での成功ポイントを掴めます。

 

若ければ若いほど有利

端的に言って、未経験からSEを目指すのであれば若ければ若い方が有利です。どれくらい有利かと言うと、年齢が若ければ未経験でも積極的に採用することも全然ありますが、30才を超えるあたりから徐々に未経験だと採用しないと言う前提を敷いている企業もあるくらいです。

 

これなぜかと言えば、若ければ未経験でも育てられるからなんですよね。新卒とか第二新卒枠ってシンプルに言えば未経験から育てるって言う採用ですし、30才だと基本的に即戦力を求める年齢なんですよね。

 

他にも記事後半で解説しますが、29才以下だと無料でプログラミングを学べたり、比較的条件の良い企業に就職しやすくあったりと有利に進めやすくなるので若ければ若い方が本当に良いです。

 

29才までが未経験から目指す目安

ちなみに僕はSEの採用面接もしていますが、個人的には29才までが未経験からSEを採用する目安かなと思ってます。29才に意味があるわけではないのですが、20代最後の年齢でキリがいいってくらいの理由です。(別に30才でも28才でもいい)

 

理由としては、採用目線でいうとやはり若手であれば地頭とかみてポテンシャル採用しても、育てればそのうち戦力になるし若い方が頑張る人が多いですし、フレッシュさも組織には必要なんですよね。

 

その観点で言えばだいたい29才なのかなという感じです。30才を超えてくるとちょっとそもそもSEのリーダーが30才くらいなので、同い年でそこまで実力差あるとギクシャクしちゃうかなとか考えちゃいます。

 

未経験からSEを目指す上で大事なこと

 

という感じで未経験からSEを目指す場合は年齢が重要なのですが、年齢以外にも重要なことがあります。特に第二新卒枠の24才を超えたからは気にした方がいいですね。

 

ポートフォリオを作る

1つは、良質なポートフォリオを作って転職活動をするってことですね。ただでさえ未経験からの採用なので採用する側的には、年齢次第ではリスクがあるんですよね。新卒とかだとそもそもほぼみんな横並びなので、ポートフォリオよりかはポテンシャル採用なんですが、

 

25才あたりを超えてからは未経験とは言え、自前で開発した何か=ポートフォリオがないと、やる気あるのかな?って感じますし、ちょっと採用しても本当に開発できるか不安だなって感じるので、ポートフォリオは年齢次第で未経験からSE目指すなら必須です。

 

どれくらいのポートフォリオがあればいいかでいうと、口コミサイトとかCGM型のメディアなどが標準的かつ普遍性があっていいかと思います。この辺は、以下のテック系ユーチューバーの勝又さんも解説してますね。

 

 

年齢に応じた期待値でSEを目指す

あとは、年齢に応じた期待値でSEを目指した方が心を折らずに済むと思います。現実的に、やはり同じ未経験であれば年齢が若い方を採用したいのは当たり前なんですよね。実際に同じ未経験者で22才と25才であれば前者を採用した時もありましたし。

 

若い方がポテンシャル採用が効くので、人気企業とか条件の良い企業へSEとして就職/転職がしやすいんですよね。これが徐々に年齢を重ねると、人材価値が落ちてしまうのであまり人気ではないところとかそれこそブラック企業しか内定をくれないみたいなことになりがちです。

 

ブラック就職に注意する

未経験からSEに就職ないし転職する上で、ブラック企業への就職は注意した方が良いです。特に年齢を重ねている人はそういうところから内定が出やすいので注意した方がいいですよ。30才以降が特に多い気がします。

 

SE界隈でブラック企業といえば、SES(客先常駐)が有名ですよね。給料が低いとか、プログラミングさせてくれないでテスト業務しかしない、とか色々調べれば出てきます。これは事実でもあるんですが全てのSES(客先常駐)がブラックなわけではないのでそこは自ら調べる行動力が必要です。

 

参考:SES(客先常駐)のメリットとデメリット【理解してから選ぶべき】

 

未経験からSEを目指す年齢別の現実感と方法

 

最後に、未経験からSEを目指す上での年齢別の現実感と方法を紹介します。ちなみに僕の友人は28才で未経験からSEを目指しており、プログラミングスクールに通ってますね。

 

22才〜24才は第二新卒枠

まず大学卒業後の22才から2年間に相当する24才は第二新卒枠になれます。第二新卒枠は、ほぼ新卒枠と一緒なので未経験でも全然SEとしての転職が目指せる範囲内です。とはいえ、ある程度独学とかも必要ですし、

 

就職活動と限りなく近いので、なぜ未経験からSEへの転職をしたいのか?など志望動機も明確にした方が懸命です。この年齢であれば方法としては、若いとはいえ転職なので転職エージェントを使うのが良いですね。

 

IT業界のSEへの未経験転職であれば、ワークポートのようなIT業界に強いキャリアアドバイザーのいるエージェントを使うのがおすすめですね。僕も一度面談しに行ったことがあり、業界に精通しているアドバイザーがいて有能です。

 

参考:ワークポートの評判実際に確かめました【転職初心者向け】

 

25才から29才はプログラミングスクール活用が無難

25才から29才は、第二新卒枠ではなくなるのでプログラミングスクールの活用が無難です。冒頭でもいっていますが、未経験からSEになるには年齢が非常に重要なのでここで時間を浪費するよりは短期集中でプログラミングスクールなどを使ってさっさと転職した方がいいですね。

 

プログラミングスクールといってもこの年齢であれば、無料でプログラミングを学べてしかも転職支援もしてくれるプログラマカレッジのようなスクールもあります。他にもプログラミング研修受講中の住居費を無料提供してくれる上京したい若者に優しいITCE Academyなど選択肢は豊富です。

 

参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

 

ちなみに、こういったスクールは29才以下であれば無料で受講可能なので25才以下でも大丈夫ですし、同い年と集団開発ができてポートフォリオまで作れるので未経験からのSE転職では安心して活用ができます

 

30才からは徐々に厳しい

あとは30才以降なんですが、正直この年齢で未経験だと徐々に厳しくなります。とはいえ、可能性がないということは全然なくて30才以上で未経験からSEに転職成功している人はいくらでもいますね。

 

この年齢になると転職保証の付いているTECH::EXPERTのような大手のプログラミングスクールを使うのが唯一の選択肢かなと思っており、最初の2週間であれば違約金もかからないですし、転職できなければスクール代は返金されるので安心してチャレンジできます

 

 

勝又さんもTECH::EXPERTはおすすめしており、何よりも最大手なので色々と安心して受講できるのが魅力なんですよね。小さいところは色々不満が出ても改善しない傾向にあるので避けたほうが懸命です…。

 

注意:0円スクールに注意

個人的な注意として0円スクールというプログラミングスクールがあります。ここは35才まで無料でプログラミングを学べるスクールで年齢制限がゆるくて珍しいのですが、、、その秘密として0円スクールって就職先を選べないですよ。

 

ここの就職先は関連会社のバンキングシステムズというところのみで年収も低いですし、もちろんSES(客先常駐のみ)なので間違っても0円スクールにはしない方がいいですよ。プログラマカレッジとかITCE Academyなら就職先も選べるので安心してOKです。

 

参考:【評判・口コミ】0円スクールは最悪【就職先選べません】

 

補足:SEは年齢不問な世界で稼ぎやすい

最後に補足ですが、最近はどの年齢でも未経験からSEを目指す人が増えてますよね。プログラミングスクールが乱立しているのもそれが要因です。これなんでかっていうと、SEって数多ある職種の中では年齢が比較的関係ないからなんですよね。

 

参考:フリーランスエンジニアの年齢は45才くらいまで【採用目線で解説】

 

フリーランスエンジニアとかになれば、年齢よりもスキル重視なので若くてもスキルがあれば年収1000万円を目指せる夢のある世界ですし、逆に50才とかでもスキルがあれば稼げるまさに手に職なのがSEの魅力です。僕の周りでは最大で40才以降からSEになった人とかもいます。

 

参考:フリーランスエンジニア年収1000万円は狙い目【コスパ良すぎだが誰でもはなれない】

 

まとめ

 

ということで未経験からSEになるには年齢が非常に重要な理由、そして年齢別の現実感とSEを目指す方法を解説しました。繰り返しですが悩んでしまって年齢を重ねるとますます難しくなるので、SEになるなら若いうちの行動がおすすめですよ。

 

参考:PE-BANKの評判をフリーランスエンジニアにインタビュー【メリットだらけ】

最新情報をチェックしよう!