web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

社内SEは将来性がある【情シス部門よりweb自社開発企業SEを狙え】

 

社内SEって将来性あるのかな?社内SEになりたいけど、具体的にどんな社内SEに将来性があるか理由と共に知りたいな。社内SEの将来的なキャリアってどんな感じだろうか?こんな疑問にIT業界5年で社内SEと働く僕が解説していきます。

 

社内SEの将来性って、web系自社開発企業のSEといわゆる情報システム部門のSEとで変わる気がする

もし情シスの社内SEがメンテとか保守メインだと将来性は特筆するものはないかと感じる

けどweb自社開発企業の社内SEだとビジネス貢献が求められるゆえ、将来性は高くITコンサルや起業が狙えてくる

 

結論、社内SEと言っても情報システム部門とweb自社開発企業の社内SEとで変わります。前者は保守とかメインだとあまり将来性で特筆するものはないけど、後者はビジネス貢献まで求められるので必然的に市場価値が高くなり将来性がある、というのが僕の見解です。

 

社内SEの将来性

 

まず社内SEって一般的には、情報システム部門のSEとweb自社開発企業のSEの2つを指すことが多いです。それぞれで将来性が変わるかなと思ってます。

 

情報システム部門だと特筆なし

1つ目の情報システム部門の社内SEだとぶっちゃけ将来性って特にないのかなと思っており、というのも情報システム部門の仕事って社内の情報システムツールだったりの開発とか保守メンテが中心だからですね。

 

もちろん企業によっては情報システム部門の役割が異なる企業もあると思いますけど、もし上記の内容通りだとしたらあまり将来性ってないかなと。

 

なぜかといえば、マーケットに対峙してなくて社内に目が向いているからですよね。あと保守メンテの業務って基本的に市場価値がないです。利益を直接的にうむ仕事ではないのでね。

 

web自社開発企業社内SEは将来性高い

一方でweb系自社開発企業の社内SEは将来性高いと思ってます。これは自社サービスがある場合の社内SEってそのサービスの売上拡大とか利益拡大のためにエンジニアリング観点で仕事をするので、必然的に市場価値が高い業務経験が得られるからですね。

 

いわゆる上流工程から技術アドバイスもしますし、採用とか教育みたいなチームビルディングもweb系自社開発企業の社内SEの立派な業務でして、マネジメント経験も得られるので市場価値が高まり将来性につながります。

 

こう言った経験って会社員としてだけでなくて自分でビジネスを立ち上げて起業する場合にも役立ちますから、いろんな意味で将来性のあるキャリアに繋がりやすいんですよね。

 

web自社開発企業の社内SEが将来性高い理由

 

もう少しweb自社開発企業の社内SEがなぜ将来性が高いかを掘り下げます。1つは上流工程の経験、そして外部環境的な観点が2つ目です。

 

上流工程の経験が得られる

上流工程の経験が得られるのでweb自社開発企業の社内SEは将来性が高いと言いました。これって相対的な話でもあって、エンジニアで上流工程の経験があるエンジニアってなかなかいないんですよね。

 

エンジニアって多重請負構造が有名ですが、SIerやSESを中心にクライアント要望を実現するHOWを中心とした働き方が多いんですよね。でもビジネスで付加価値が高いのって、WHATとHWYなのですよね。なので、そういう経験もある稀少性の高い社内SEって人材価値高いです。

 

例えばITコンサルとかってIT系の職種ではまあ一番平均的な年収が高い職種でして、アクセンチュアとか有名ですけど、彼らはいわゆるエンジニアの中で上流工程をメインとするSEです。この辺を狙えてくる潜在的なSEっていわゆる社内SEがほとんどです。

 

参考:社内SEに必要なスキルセット【身につけ方も解説】

 

SIerが相対的に弱くなる

あと将来性という意味では外部環境の観点も欠かせません。いわゆる将来的な需要が伸びればとか供給が減ると将来性は上がりますよね。社内SEに関していうと、SIerの需要が今後おそらく減るはずでそういう意味で将来性が相対的に上がるはずと思ってます。

 

どういうことかというと、最近だとクラウドサービス(FirebaseとかAWSとか)が普及し始めて、SIerを使って何千万円もする規模の開発案件とかやらずに小さくクラウドサービスを活用していく流れって増えると思うんですよね。

 

そうなると、そう言ったクラウドサービスをマネージドしていくことができる社内SEって相対的に将来性が高まるのかなと。GCPとか出てますし、今後もっとこの流れは加速しますよ。

 

参考:SIerの将来性を課題から考察【キャリアを考えながら日々過ごす】

 

社内SEの将来的なキャリアについて

 

そんな将来性のある社内SEのキャリアって今後どうなるか考えると、ITコンサルかフリーランスエンジニアなのかなって思っており、どちらも魅力的な将来ですね。

 

ITコンサルへの道

ITコンサルは、社内SEとして磨いた上流工程の経験とか調整能力、ロジカルシンキングをふんだんに活用できる職種ですし、年収も高いので社内SEの将来的なキャリアとしてぴったりです。

 

まあITコンサルになるとこれまで以上にもっとビジネススキルを高められますので、いろんなキャリア選択肢が出てきますし、何かと将来性という観点では悪くはないです。何よりベースの年収が高いのがいいなと。

 

あとは、最近はITコンサル周辺のデジタル系のコンサルの求人数が増加しており、アクセンチュアやIBMなどデジタル系のコンサルも将来性が高まってますからそちらへの道もありますね。

 

フリーランスエンジニアへの道

あとは、、、もしweb系自社開発企業の社内SEでRubyだとかモダンなweb開発技術があればフリーランスエンジニアとして独立するっていう将来もありますね。スキルの高いフリーランスエンジニアであれば、年収1000万円とかって20代でも得られますし、

 

参考:フリーランスエンジニア年収1000万円は狙い目【コスパ良すぎだが誰でもはなれない】

 

働き方的にもリモートとかノマド的な働き方ができるので、将来的に色々やってみたい人にはありなのかなと思います。将来性があるってのは、将来の需要に対して取れる選択肢が広いことが重要だと思うんですが、その点ではフリーランスエンジニアほど柔軟性の高い働き方はないですよね。

 

参考:PE-BANKの評判をフリーランスエンジニアにインタビュー【メリットだらけ】

 

まとめ

 

ということで社内SEの将来性について考察してみました。ただ社内SEって人気でもありますから、スキル次第ではあるものの簡単にはなれないのも事実です。とはいえ将来性は高いので、まずは社内SE転職ナビのように社内SE中心の転職サイトでキャリアカウンセリングから始めると良さげです。

 

参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

最新情報をチェックしよう!