web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

社内SEは大変だけど狙うべき【現役社内SEにインタビューしました】

 

社内SEに興味があるけど大変って本当なのかな?大変ってどんなことが大変なんだろう?自分でも社内SEに転職できるかな?こんな疑問に現役社内SEにインタビューしてきたので、その内容を解説していきます。

 

社内SEが大変なことを友人にインタビューした結果

・若くして年上をマネジメントする
・上流工程が難しくて大変
・責任を負う立場で大変
・主体的な働きが必要で大変
・関係者が多くて大変 と言った内容がありました

とはいえ、社内SE(特に自社サービス企業)は市場価値高めなのでおすすめですね

 

結論、社内SEはその企業のエンジニアリングの代表的なSEなので責任も負いますし、主体的な働きが求められるので大変な部分はあります。とはいえ、市場価値は高くなりやすいので狙っていくべきという内容ですね。

 

 

社内SEが大変なこと【インタビューから抜粋】

 

社内SEが大変な理由って、ポジションの問題なんですよね。5個の話題が出たので、それぞれ何がどう大変なのか解説していきます。ちなみに今回の社内SEの定義は、客先常駐のないSEのことであり、主にweb系自社開発企業のSEを指しています一般論としては、情シス部門のSEも含みます。

 

若くして年上をマネジメントする

まず1つは社内SEって役割上どうしてもその企業のエンジニアリングの代表なので、若くして年上の業務委託エンジニアやフリーランスエンジニアのマネジメントが必要です。時には、10歳以上年上のエンジニアを管理しないとならないので社会経験が少ない中だと少々重荷です。

 

具体的には、性格に難のあるエンジニアをうまく指導する必要もありますし、チームのもめごとやトラブルシューティングも必要です。採用したと思ったら、突然離任意思を告げるとんでもないエンジニアもいますしね。業務的には、コードレビューだって必須です。

 

僕もそうですが、年上をマネジメントするのって大変ですよ普通に舐められないようにしつつも、地雷を踏まないようにしないとならないので結構な対人能力が求められますよね。

 

上流工程が難しくて大変

2つ目は、社内SEって主に上流工程を担う役割なんですよね。なので開発だけでなく要件定義とかビジネス部分まで踏み込んだ働き方が求められますこれって人によっては結構相性があるので大変だと思います。どうやるか=どう開発するか?を考えるのも大変ですが、何をすべきか?なぜなのか?を考えるほうがより正解がないので大変なんですよね。

 

こういう部分ってSEにはあまり求められないスキルなので、社内SEが未経験の人が初めて社内SEになるとちょっと面食らう可能性が高いです。まあ慣れみたいなものもあるので、慣れればいいですがそれまでは大変かと思います。

 

責任を負う立場で大変

3つ目ですが社内SEって基本的に責任を負う立場なのでそういう部分の大変さがありますね。客先常駐だというても、先方のエンジニアが最終的な責任を負うことが多いです。そっち側になるということなんですよね。

 

冒頭で話したような、年上の業務委託エンジニアとかのミスなどをしっかり解決しつつ、品質を担保していく責任が社内SEにはありますね。まあ、プレッシャーとなるのは否めないかなとは思います。

 

とはいえ、社内SEとして活躍している人ってもはやそれを楽しんでいますし、そういう人が向いているとも思いますし、慣れてしまえばそこまで気にならなくなるってのも事実かと思いますね。

 

主体的な働きが必要で大変

4つ目ですが、社内SEってSIerと違って主体性が必要なんですよね。いわれたことをやるだけでなくて、自分で主体的に何をすべきかを定義するスタンスが必要です。

 

SIerだとクライアント要望をベースに働くわけですが、社内SEはその何をするか?から考える立場です。上流工程でいえば、リファクタによる開発効率の改善とか、最新技術の活用などですね。

 

ここの部分はSIerなどから初めて社内SEに転職すると、慣れずに大変だなと感じることが多いみたいですね。

 

関係者が多くて大変

ラストですが、社内SEって立場的にビジネスとエンジニアリングのブリッジ的な役割なので関係者が多くて大変なこともあります。SIerとかでもプロパーだと、SIerから下請けされている開発パートナー企業のエンジニアをまとめるというようなことはありますが、

 

社内SEのそれっていうのは、エンジニアだけでなくてビジネス職種の人とか営業とかも関係者に入ってくるので、大変の質もちょっと違うんですよね。ツーカーで通じるようなエンジニア同士でないですし、分かりやすくロジカルに伝達するスキルも必要になり、初めてだと大変に感じるかもですね。

 

以上が友人の社内SEへのインタビュー、及び普段社内SEと一緒に働いている僕が感じていることを整理した結果ですね。これだけ読むと社内SEって大変なんだなーって感じですが、大変なだけあって市場価値が高くなりやすい経験を積めるので年収も高めなため転職候補としてはおすすめなんですよね。

 

 

社内SEは大変だけど転職挑戦すべき

 

ということで社内SEはエンジニアの中では大変な役割ではあるものの、その分市場価値は高いので転職を迷っていれば個人的にはおすすめですね。

 

大変さは市場価値の裏返し

繰り返しですが、社内SEは大変な代わりに年収も高いですし、ITコンサルやデジタル系コンサルなどへの更なるステップアップも狙えるため、ハイキャリアの道が見えてきます。逆に大変じゃないようなエンジニアっていうのは、

 

いわゆる労働環境的にも安定していて、業務内容的にも上流工程からおりてきた要件を実装していくような仕事とかですよね。もちろんそれはそれで大変なことはあるものの相対的には社内SEの方が大変です。そういう仕事ですと、年収もそこまで高くないです。

 

会社員として高い給料を得るのは、完全に企業へ提供できる付加価値の高いスキルがあるかどうかなので、大変さはつきものなんですよね。とはいえ大変さは僕もそうですが耐性がつくので永久に続くものでもないですからそこは安心していいかと。

 

参考:社内SEに必要なスキルセット【身につけ方も解説】

 

社内SEへの転職を狙うなら

そんな社内SEの転職を狙う場合って、社内SEの求人(特に、情シス部門ではなくて自社サービスを持つ企業の社内SE)ってなかなかないので探す際に大変だったりします。エージェントによっては、社内SEのような人気な求人よりも内定を取りやすいSIerやSESを紹介するところもありますからね。

 

なので、社内SEへの転職を検討する場合は社内SE転職ナビのような社内SEに特化した求人サイトを使うのがおすすめですね。絞り込み条件なども豊富にありますし、そもそも社内SEに特化しているので探しやすいですし、カウンセラーも社内SEの転職事情に詳しいです。

 

こう言った感じで、目的が明確な場合は、それにぴったりの転職の仕方をするとスムーズかつ納得感の高い転職ができますよね。

 

まとめ

 

ということで社内SEの大変なことなどを解説しました。大変さと市場価値や年収などはトレードオフなことが多いです。とはいえ、すぐ慣れるので頑張りましょう。僕も最初は大変で睡眠導入剤を使ってましたが半年ほどで慣れました。人間やってやれないことはないですよ。

 

参考:ワークポートの評判実際に確かめました【転職初心者向け】

最新情報をチェックしよう!