web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

社内SEに必要なスキルセット【身につけ方も解説】


 

社内SEに必要なスキルセットってなんだろう?どんな人が向いているのかな?どうそのスキルを身に着けて社内SEを目指せばいいだろうか?こんな疑問にIT企業で社内SEと5年働く僕が解説します。

 

社内SEは、

・クライアントが親会社だったり自社の予算でプロジェクトがあるので仕事ないみたいになりにくい
・ビジネス観点での要件定義や改善など比較的上流の仕事をしやすい ところがある

ただ後者はスキル的に向き不向きが強くて、HOWを考えるのとWHATやWHYを考えるのは思考の自由度が違うから相性がある

 

結論、社内SEに必要なスキルセットとは、①IT戦略の立案、②チームビルディングです。もちろん高度な解発案件の実装もできる必要があります。この辺を深堀して解説していきます。

 

社内SEとは

 

まず社内SEとは何かからですが、ここでの定義は「客先常駐のないエンジニア(自社サービスがある)」です。

 

客先常駐のない自社サービス企業のSE

基本的に社内SEは、客先常駐のない自社サービス企業のエンジニアです。客先常駐とは、SIerやSESに該当するクライアント企業へ常駐して開発案件を担うエンジニアのことですね。

 

一方で社内SEは、そういった働き方がなく基本的に自社サービスのために開発します。まずここの違いを正確に抑えましょう。社内SEとSIerやSESなどのような客先常駐での働き方がメインとなるSEとの違いは、以下の記事で詳細に解説してます。

 

 

主に上流工程を担う

もう少しスキル面で深堀します。社内SEはその役割上、上流工程を担うエンジニアである役割になりますね。SEというのは客先常駐であれば、主に要件定義通りに開発を行うことになりますが、社内SEだと技術面からの要件定義のサポートから始めます。

 

技術的に実現できるのか?ビジネス視点でいうと、どういった技術選択が必要なのか?などなどです。開発するだけの部分であれば、下請けに回すことがほとんどでビジネス的な上流部分など付加価値の高い部分を主に担うのは社内SEの役割です。

 

そういったスキルセットが求められるため、社内SEはエンジニアの中では基本的に市場価値が高いですし、上流工程で活躍できるスキルセットを生かしてITコンサルなどへのステップアップをしている方も多いですね。代表例はアクセンチュアでしょうかね。

 

社内SEに必要なスキルとは

 

じゃあそんな社内SEに求められるスキルセットとは何かと言うと、主に①IT戦略立案と②チームビルディング、この2つです。これは役割上明らかです。

 

IT戦略立案

社内SEに必要なスキルセットの最たる例は、エンジニアリング観点での戦略立案、つまりIT戦略です。ここでいうIT戦略というのは、例えば開発工数の削減のためのリファクタリング、あるいは今後のプロダクトの拡張性を担保する技術選択などR&D的なことですね。

 

こういった部分はやはりエンジニアでないとできないですし、社内に事情に精通している社内SEの役割になることが多いです。戦略部分なので責任も重いので、SIerに外注することもほぼしません。したがって、社内SEが責任もって戦略立案して実行していくことが多いです。

 

ちょっと毛色が変わりますが、重要な大規模開発プロジェクトのプロジェクトリーダーだったり開発マネジメントを社内SEがアドバイザーだったり責任者として立つこともありますね。

 

チームビルディング

もう1つはチームビルディングです。社内SEというのは若くして業務委託やらフリーランスエンジニアがいるエンジニアチームのまとめ役となることを期待されています。そのため、採用やチームマネジメント、それからレビューによる品質担保など責任者としてのスキルも必要です。

 

部下が入れば部下の育成も必要ですし、エンジニアリング観点で今後どういった人材を何人必要なのか、どういった開発文化の組織にしていくのかなど経営的視点でのスキルセットも必要になります。そのため、社内SEの多くは5年も経てばマネジメント的なことをすることになります。

 

これはこれでSEとしての市場価値向上に繋がるので、社内SEのスキルセットは転職市場で評価が高まる要因になったりもしますね。SIerより一般的に社内SEの方が市場価値は高いですから。

 

社内SEになるためのスキルアップすべきポイントと方法

 

そんな社内SEも簡単にはなれず人気企業の社内SEなんて早慶以上が基本です。どうやって社内SEになるためのスキルセットを磨けばいいか解説します。

 

IT高難度資格

社内SEはなんども言いますが役割としてその企業でのエンジニアリング観点でのプロです。必須ではないものの、IT系の高難度資格は保有していると転職などでの担保につながります。例えば、プロジェクトマネジャー資格だったり、

 

ITストラテジストの資格ですね。この辺は自分がどんな社内SEになりたいかにもよりますね。鉄板なのはプロジェクトマネージャーの資格かなと思っていて、理由としては社内SEってやはり大規模開発プロジェクトでアサインされることが多いんですよね。

 

一方でITストラテジストの資格はスキル的にどうしてもビジネス職種のプロダクトマネージャが担うことが多いため、あまり優位性につながりません。そのためとりあえず狙うべきは応用情報技術者とかその先のプロジェクトマネージャーの資格ですかね。

 

ロジカルシンキング

もう1つですが社内SEって上流を担うので、エンジニアリングの専門性だけではなくてより汎用的な問題解決能力がスキル的に求められたりもします。特に新卒で社内SEになりたい場合は、顕著です。いわゆる高学歴層に人気な自社開発企業では必須です。

 

ロジカルシンキング自体は、SEが普段行うプログラミングと似てはいるのですが、社内での提案だったりとかでわかりやすいプレゼンを行うロジカルシンキングがスキル的に欲しいところなので、ちょっと異なるとイメージした方がいいですね。

 

この辺はプログラミングばかり行なっていても伸びないスキルなので、積極的に上流の経験を得られる業務を行なって伸ばしたいスキルですね。どのみち社内SEって徐々に開発業務が減る職種ですから、ロジカルシンキングは社内SEになりたい場合は切っても切れないスキルです。

 

主体性

最後はエンジニアやSEにはあまり無関係とされる、主体性、です。エンジニアって基本的に降りてきた要件定義通りに開発すると思われがちですが、社内SEは技術視点から何をやるべきか?から思考する役割です。そのため、主体性も立派なスキルとして認知されています。

 

主体性のない社内SEなんて価値が本当にないです。SIerとかSESに外注しちゃえばいいんです、開発だけならね。主体性がある社内SEってのは、開発観点でリファクタすべきだ!とか予算をとってこういった人材をもっと採用すべきだ!

 

とか経営課題に繋がる課題設定を自分で設定していく主体性が必要なんですよ。このスキルは一番盲点とされていますが、重要なスキルです。特にSIerから社内SEとかの転職で抜けがちなスキルですね。ここは自分がCTOだったり何をするか?と日々考えることがいいかなと思います。
 

まとめ

 

ということで社内SEに必要なスキルセットと身につけ方を解説しました。これらのスキルセットは大枠の必要なスキルセットではあります。もし社内SEに関心があれば、社内SEの求人しか載せていない社内SE転職ナビなどで探すのがおすすめですね。

 

最新情報をチェックしよう!