次回から「なうブログ」と検索くださいませ

新生銀行は副業容認してます

  • 2020年3月7日
  • 2020年3月7日
  • 副業
  • 66view

新生銀行って副業出来るのかな?みずほ銀行とかも副業容認しているけど、どうなんだろう?どんな副業がおすすめかな?こんな疑問に今回は解説していきます。

 

結論、新生銀行は副業容認しています。金融系の中では、新生銀行、みずほ銀行、日本生命らへんが主要な企業ですかね。今回は副業で毎月10万円以上稼ぐ僕がおすすめの副業方法も合わせて解説していきます。

 

新生銀行は副業容認してます

新生銀行は副業容認しています。同じ銀行では、みずほ銀行もですね。

 

副業解禁の流れの背景

まずそもそもなぜ昨今は各企業の副業解禁の流れがあるかをおさらいしておきましょう。以下のようにいくつか政府だったり大手企業の社長(トヨタ自動車の社長)による発言がありましたね。

 

政府の副業解禁宣言

政府による働き方改革の1つとして、副業解禁というものもありました。以下は厚労省から出ているものですね。

 

我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。
こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。
引用:働き方改革

 

もう労働人口が縮小していくのが日本ですから、どうしても1人あたりの労働生産性を上げていかないことには継続的な成長が見込めません。

 

その1つとして副業解禁ということで労働者個人の生産性を上げていこうというわけですね。本業以外の活躍の場を持てればそれは生産量の増加に直結しますから。

 

トヨタ自動車社長の終身雇用難しい発言

色々な問題が重なって各企業が副業解禁しています。そんな流れで新生銀行も解禁してますね。比較的動きは早かった印象です。

 

トヨタ自動車の豊田章男社長から飛び出した「終身雇用難しい」の真意とは何か。労使双方を取材すると、トヨタですら悩む「50代問題」の実相が見えてきた。銀行、電機、通信──。あらゆる企業が日本型雇用の限界に喘いでいる。
引用:トヨタ社長の発言の真意

 

まあ終身雇用は当時の日本の人口ピラミッドを前提に作られているわけですが、今は当時と状況が異なりますからそりゃ限界はくるでしょうねという感じです。

 

新生銀行だけでなくみずほ銀行も副業容認

先ほどのような流れの中で、新生銀行は副業容認を2018年4月に判断しています。これは結構早い判断だなと思っており、新生銀行の企業風土を体現しているなと感じましたね。

 

他で言うと、みずほ銀行が大手都市銀行の中では既に副業を認めています。三菱UFJと三井住友銀行はまだのようですね。銀行系については、みずほ銀行がなぜ副業容認したのか?【稼ぎ方とセットで解説します】も参考にどうぞ。

新生銀行は銀行の中でも堅い印象が薄くて、新規性の高いことに取り組む企業風土があるイメージです。そんなことが表れているかもしれないですね。

新生銀行で出世しつつ副業がコスパいい

ちなみに新生銀行で出資しつつ副業でも稼ぐのがめちゃくちゃコスパいいと思いますね。

 

出世しつつ固定収入の底上げ

まず新生銀行はそれなりに給料が高いので、まずはここで出世しつつ固定収入の底上げを狙いましょう。安定収入になるのがメリットです。

 

また記事最後にも書きますが、新生銀行での経験そのものが副業にも生かせます。一石二鳥なのでまずは新生銀行での出世を狙っていくといいと思います。

 

終身雇用が限界と言われているとはいえ、新生銀行くらい大きい銀行であればまあまだ大丈夫な方ではないでしょうかね。

 

副業収入で個人収入の最大化

そして副業でも稼いで個人年種の最大化を狙いましょう。副業で何をやるか志知ですが。副業の内容次第では青天井に稼げるチャンスのあるものもあります。

 

さらに副業収入は、本業収入と異なり個人事業主申請して節税すれば実質的な手取りとして大きい収入になります。新生銀行での会社員収入としては必ず税金とられますからね。まあしょうがないですがね。

 

また副業としての稼ぎは、何をやるか次第ですが本業での収入アップよりも稼ぎやすい側面もあり、非常に検討の勝ちがあると思います。

 

新生銀行社員におすすめな副業方法

 

最後ですが新生銀行社員におすすめな副業方法を毎月10万円以上の副業収入のある僕が紹介します。

 

副業エージェントで案件もらう

一番確実で王道的なのは、副業エージェントから副業案件を紹介してもらい稼ぐことです。労働収入でシンプルです。時給で例えば2500円とか3000円での案件で毎月40時間の稼働で副業収入としては月10万円くらいです。

 

新生銀行社員であれば主に金融系のスキルだと思うので、プロの副業のような財務や金融系の副業案件も扱っているエージェントがおすすめですね。

 

あとはもしかしたらシステム部署であればエンジニアやデザイナーもいると思いますが、そういう方にはITプロパートナーズのようなITスキルのある人向けの副業エージェントがおすすめです。週2案件やリモートOKなど会社員でも働きやすい副業案件が揃っています。

 

金融系のブログをやる

2つ目ですが、せっかく新生銀行のような金融系企業で働いているので、金融系のブログをやってみるのも副業として稼ぐ選択肢としては有望です。

 

特にブログは労働収入じゃなく、仕組みとして稼げるため収入の可能性は青天井です。もちろん最初がかなり大変ではありますが。

 

例えば株のブログとかFXのブログとかってさたくさんありますよね。ああいうのってアフィリエイトて収益化しているわけですが、1つのFXの申し込みで1万円とか稼げるわけです。新生銀行での本業の経験やスキルを活かせるため一石二鳥です。

 

アフィリエイトやブログの始め方は、アフィリエイトの手順を解説【始めるなら知っておくべき】の記事を参考にどうぞ。他にもいろいろと解説記事を書いています。

 

Twitterを運用しNoteで副業する

3つ目はTwitterを運用して、有料Noteで副業収入を得る、ですね。この方法は割と最近広まってきてまして、例えばTwitterのフォロワー数を増やす方法などが3000円とかで販売されていたりします。

 

この副業方法のメリットは、Twitterの場合はリピートが見込めるためSEOアフィリエイトとなどと異なり
安定感が多少は出ます。

 

割とこのやり方のインフルエンサーはいていて、Twitterやりつつブログも発信してさらに有料Noteも出すというスタイルの人もいますよね。

 

まとめ

ということで新生銀行では副業容認されているという話、おすすめの副業方法を紹介しました。参考にどうぞです!

 

人気:【副業エージェントのおすすめ4選】IT副業を1年やった体験談で解説

最新情報をチェックしよう!