SIerはつまらない?【相性があるだけです】

 

SIerってつまらないって聞くことがあるけど、どうなんだろう?なんでつまらないっていわれるのかな?現状SIerで働いていてつまらなく感じているけどどうしよう?こんな疑問にSIerと働く僕が解説します。

 

SIer特に大手のプロパーって開発業務というより受託している開発案件のマネジメントをやるのがメインって感じで個人的にはつまらないと思うし

技術力がつくわけでもなく受注なので主体性が成長するわけでもなく、マネジメント能力はつくけどマネジメント能力つけて何したいの?に答えられる人は少ない

 

結論、SIerがつまらないといわれるのは、そのビジネスモデルに原因があり解消は難しいので転職するかフリーランスになるかしか解決策はないです。

 

具体的には、主体性に欠ける、人月単価なので給料アップも少ない、最先端のプログラミングスキルがみにつくわけでもない、があります。一方でSIerの面白い部分もありその部分も含めて解説していきます。

 

SIerがつまらないといわれる理由

 

SIerがなぜつまらないといわれるのか、掘り下げるとビジネスモデルの問題です。つまり受注型であるからですね。

 

まず大前提としてSIerのビジネスモデルは、クライアント企業から案件を受注することで成り立っています。案件実現に必要な開発体制を敷いて提案し、それに対していくらというお金をもらうビジネスモデルです。

 

それによっていくつかつまらないといわれる原因がおきてしまいます。

 

同じサービスに携わっていてもプロパーより面白い仕事はできない

1つは、クライアントのサービスやプロジェクトと同じものを携わるにもかかわらず、基本的にクライアントのプロパーより面白い仕事はさせてもらえません

 

これはクライアント企業は自社の社員を成長させたいですし、有事の際に責任もあいまいになるので責任があったり面白い仕事は自社の社員にさせます。

 

なので、SIerだと開発マネジメントや実装、テストなど基本的に下流の部分を行う仕事がメインになり、自分で課題を設定して解決策を考え実行まで完遂するという一連の動きがあまりできません。

 

プロジェクトマネージャになればまだ面白みはでてきますが、そのキャリアになるまでは大変です。

 

主体性が伸びにくい

先ほどの話に関連しますが、SIerの仕事ってクライアント企業の要望を遂行することがメインなので、主体的に自分からしかけるってことがそもそも少ないです。

 

リスクをとるより安定稼働優先なので仕方がないですが、これも人によってはつまらないと感じるのも致し方ないです。

 

人間はやりたいことがあるときに、やれないのがストレスになりますから、場合によってはSIerつまらないな〜というのはあるでしょうし、

 

なんだかんだ顧客ありきのビジネスなので納得してなかったり、不満があっても抑えないとならない部分もあります。

 

人月単価なので給料アップも少ない

3つ目ですが、じゃあ仕事自体に面白みを感じなくても給料良ければいいかな!って思うかもですが、給料もSIer構造的に人月単価ビジネスなので給料アップも少ないです。

 

そのためお金が好きな人にとっても、つまらないと感じる部分は否めません。人月単価ビジネスって何かというと冒頭の通りで、クライアント企業に1人SEを送り込んで、1人当たりXX万円というビジネスです。

 

従って、送る人を増やすか単価をあげるかですが、送る人が増えれば人件費がふえるだけで実質個人の給料には反映されにくいですし、単価もいうて大してあがらないです。

 

SIerの社員によっては送り込む人数を増やすこと=つまり営業が仕事の人もいますが、大規模案件であれば必然的に増えますし、そうじゃない場合は理屈をこねて増員するしかないのでなんとも難しい仕事です。

 

最先端のプログラミングスキルがつくわけでもない

最後はSIerはIT業界に属するので、プログラミングスキルを身に着けたいっていう人も大勢います。確かに若手の頃はSEとして勤務することが多いので、プログラミングスキルは身につくのですが多くはJavaです。

 

将来的にフリーランスエンジニアになりたいSIerの方であれば、フリーランスエンジニアだとRubyあたりが使われることが多いのでJavaだとなかなかフリーランスとして稼ぎにくいという実情もあります。

 

またSIerとして稼ぎやすいのは既存クライアントを継続受注することが大事なので、古いweb技術をずっと使わざるえない状況が多いです。web技術は毎年新しい技術やプログラミング言語が出ますが、

 

web系自社企業のように新しい技術を触れるかはクライアント次第ですし、クライアントも導入したとしても自社の社員に任せるのでなかなか難しいです。これもつまらないと感じられる大きな理由の1つですね。

 

SIerでつまらないと感じてればどうしたらいい?

 

SIerがつまらないと感じたら結局どうしたらいいか、4つほど選択肢があります。簡単な順に解説します。

 

副業してみる

副業は本業がつまらないと感じているときに一番トライしやすい手軽な解決策です。転職するわけでもないので本当に気軽です。これはSIerに限らず有効な方法だと思います。

 

僕もやっていますが副業の魅力は現状のスキルを使ってお金を稼げることと、本業とは異なる経験ができることですね。

 

SIerだとプログラミングスキルがあるはずなので、プログラミングの副業で稼ぐなど手段としてはとりやすいとは思いますし、つまらない状況を手軽に改善できる気軽かつ有効な施策だとは思います。

 

参考:【副業体験談と評判】プロの副業ホールハートで月10万稼いだ

 

別のSIerに転職する

あとはSIerはつまらない傾向は高いとはいえ、程度の差はあります。比較的自由度の高い社風の企業に人材を送り込んでいるSIerに転職するのも手です。

 

その場合は、商流を把握することが重要ですがそのSIerで働く友人や人を見つけて教えてもらうという手しかないかなと思います。

 

このやり方はSIerへの就職などでも有効なのでぜひ使ってみてもらえればと思います。以下記事で補足しています。

 

参考:客先常駐新卒就職でもホワイト現場で働ける方法【体験談とともに解説】

 

異業界に転職する

3つ目は王道の異業界に転職する、ですね。SIerだとITコンサルや社内SE、あるいはweb系への転職も狙えます。20代であればSIerから未経験でそう言った業界へ転職も全然狙えますので、

 

スキルと実績を携えて関心のある異業界へ転職するのは普通のキャリアです。一番もったいないのはつまらないなと感じているにも関わらずずっとSIerにいることです。

 

人間の慣れは怖いもので主体性が育まれにくい環境でずっと働くと、いざその主体性が必要なタイミングでなかなか発揮されません。そういうリスクを抱えることにもなるんですよね。

 

フリーランスエンジニアになる

最後はあまりSIerからだと聞かない事例ですが、フリーランスエンジニアになるっていう選択肢もあります。今はエンジニア不足なのでそういうキャリアを選んで稼ぐ人も全然います。

 

ただSIerだとフリーランスエンジニアで需要の高い稼げる言語とは異なる言語を業務で使っている可能性が高く、その辺は臨機応変に習得した方が現実度は高いですね。

 

フリーランスエンジニアで稼げる言語は、フリーランスエンジニアの稼げる言語と稼ぎにくい言語【順番も紹介】で紹介しており参考にしてみてください。

 

まとめ

 

ということでSIerがつまらないと言われやすい理由はなんなのか?を解説しました。つまらないかは正味主観ではあるものの、一般的に今回の内容は事実なので自分のキャリアは自分で描いていくスタンスがベストですね。

 

参考:SIerの将来性を課題から考察【キャリアを考えながら日々過ごす】

最新情報をチェックしよう!