SIerとweb自社開発の違い【エンジニアとしてのメリットデメリット】

 

SIer(SES)とweb自社開発、エンジニアならどちらで働くほうがいいのだろうか?そもそもの働き方の違いとかメリットとデメリットを知りたいな。こういう疑問にIT業界5年の僕が解説します。

 

SIerか自社開発かのエンジニア就職の違いっていうと

必要スキル:自社開発>SIer
スタンス(主体性):自社開発>SIer

が基本(企業にもちろん寄る)で 働き方が大きく違う気がする SIer:要望ヒアリング→遂行 自社開発:何をすべきかから考える この違いは相当大きい。安易に転職すべきではないレベル

 

結論、就職しやすいのは基本的にSIer、スキルレベルの高さが求められるのはweb自社開発、働いていて楽しいのはweb自社開発です。なので、まずはエンジニアとしてのキャリアを開始することを優先したい人はSIer(SES)就職、その後web自社開発がいいかなと思います。

 

ただし、web自社開発はスキルレベルがいろいろと高いので安易に入ると苦労するかもしれませんね…。(僕はweb自社開発です)

 

SIer(SES)とweb自社開発とは

 

まずSIer(SES)とweb自社開発の言葉から簡単に整理します。

 

SIer

SIerはシステムインテグレータの略ですが、システム開発において開発部隊を束ねるマネジメント面を主に行ったり、開発したりする企業体です。基本的に、受託事業がメインです。

 

IT業界は多重請負構造となっていて、クライアントとなるweb自社開発企業が自社のエンジニアだけでは人員が足りない場合にSIerにお願いして大規模開発します。その時に、SIerが受託した開発プロジェクトの規模感に応じてさらに、下請けの開発企業へ依頼します。さらにその請負企業がさらにその下に依頼します。

 

というような感じになってますよね。その受託側の上流層がいわゆるSIerですよね。

 

SES

次にSESですが、システムエンジニアリングサービスの略ですね。これは働き方とか契約形態の用語です。さっきの多重請負構造がいわゆるSESですね。

 

エンジニアをクライアントに送り込んで、人月単価いくらみたいな感じで請求し売り上げを上げる感じです。

 

web自社開発

web自社開発は、自社でエンジニアを雇用していて自社のwebサービスやシステム開発を行い売り上げをあげているパターンです。

 

なので、多重請負構造の頂点に位置するクライアント企業はたいていweb自社開発です。ここまでが今回のメインとなる用語の整理ですね。ここからが違いとかメリットデメリットの話になります。

 

SIer(SES)とweb自社開発のエンジニア目線のメリットとデメリット

 

まずはSIer(SES)とweb自社開発のエンジニア視点でのメリットとデメリットを解説します。

 

SIer(SES)のメリットとデメリット

 

先にSIer(SES)のメリットデメリットからですね。ざっというと、就職しやすいからエンジニア未経験者にはおすすめ、ただし市場価値の高いスキルはあまりつかない、受託事業なのであまり面白くはない、ですかね。

 

メリット

エンジニア視点で言うと僕の場合は、SIer(SES)のメリットの1つは、就職あるいは転職しやすい、ですかね。これは背景として、IT業界においてSIer(SES)はweb自社開発に比べてそこまで人気がないです。ゆえに、採用競争力が低めになるので就職あるいは転職しやすいです。

 

エンジニアはいま人手不足なのでそもそも就職しやすいはしやすいですが、それでも当然スキルがないとエンジニアとして未経験から就職/転職するのは簡単ではないんですよね。

 

なのでまずはエンジニアのキャリアを開始したい場合はまずは、SIer(SES)に就職するのは必ずしも悪い手段ではないです。※1年程度で転職はおすすめします

 

デメリット

一方でSIer(SES)のデメリットですが、市場価値の高いスキルがつきにくい、つまらないの2つですかね。

 

つまらないから話したほうがたぶん理解が進みます。SIer(SES)でエンジニアとして働くのってつまらないんじゃないかなーと正直思いますね。なぜなら端的に受託事業であって開発はしても自分たちのサービスじゃないからなんですよね。

 

これは働き方的にもどうしても主体性が育ちにくく、そしてあまり面白いと思える働き方ではないかと思っちゃいます。

 

先ほど話ですが、人材の市場価値が高いのって主体的に課題を見つけて解決に動ける人材なんですよね。その点で言うと、SIerやSESだとちょっとその部分のスキルが育ちにくいかなーと思いますね。

 

この辺の内容は、以下の記事で詳細に解説しておりみてもらえたらいいなと思います

 

 

 

web自社開発のメリットとデメリット

 

次にweb自社開発でエンジニアとして働くメリットとデメリットを解説します。

 

メリット

さっきの逆になっちゃいますが、web自社開発は求められるスキルレベルが高いですし、自社のサービスがあるので働くのも楽しいと思います。

 

スキルレベルが高いのでweb自社開発で食らいつけられれば、成長につながりますしそれは市場価値に反映さえるので年収も高くなりますね。

 

あと、クライアントの御用聞きじゃないので主体性も磨かれやすいです。しかし、これらは相性があってそういう働き方に向かない人合わない人には苦痛だと思いますね..。合わない人は本当に合わなくてすぐやめちゃいます。

 

デメリット

一方で注意したいのは、web自社開発でエンジニアとして働くのはSIer(SES)と比較して求められるスキルが高いです。プログラミングスキルだけではなくて、エンジニアもプロダクト改善のための動きを求められるため主体的な働きが必須です。

 

なので、そのギャップやレベルにつまづいていくエンジニアも一定数います。逆にその辺が楽しめればweb自社開発のデメリットってそうないと思うので、ぜひ挑戦してみたほうがいいと思いますね。

 

 

SIer(SES)とweb自社開発はどんなエンジニアにおすすめか?

 

最後にSIer(SES)とweb自社開発はそれぞれどんなエンジニアにおすすめなのか解説します。

 

 

SIer(SES)

SIer(SES)はエンジニア初心者だったりスキルレベルに自信がないけど、エンジニアとして就職しキャリアを始めたい人には悪くはない選択肢だと思います。なぜなら、エンジニアは勉強よりも仕事としてプログラミングするほうがやはり伸びるんですよね。実務経験としても当然カウントされますし。

 

これをweb自社開発にエンジニアとして就職したいといってある種の高望みとなりずっとキャリアが始まらないよりは、ずっとましです。どのみちエンジニアは転職して年収をあげるものですし、まずはキャリアが始まるのが大事です。

 

これからエンジニアになりたい人とかだと、プロエンジニアのような無料かつ就職支援付きのプログラミングスクールなどの活用がおすすめですね。29歳以下でかつスクールの協賛企業から就職先/転職先を選ぶ必要はありますが、それでも無料ですしエンジニアは転職文化なので問題なしです。

 

 

web自社開発

web自社開発で働くのがおすすめなエンジニアは、スキルや経験が一定数あり、市場価値をどんどんあげていきたいタイプのエンジニアですかね。求められるスキルレベルは高いですが、その分成長しますし年収にも反映されますね。副業もできる企業が多いので、そのスキルでどんどん稼げます。

 

また最近はフリーランスエンジニアが稼げるで話題ですが、フリーランスエンジニアの案件も基本的には需要が高いのはweb系なのでそういう意味でもおすすめですね。まだweb系自社開発企業でエンジニアとして働いてないけど、いつか働きたい人はまずは情報収集がてらビズリーチやワークポートなどに登録しておきましょう。

 

ビズリーチはハイスキル人材向けなので良質なweb自社開発の求人が多数あります。僕は5年も使っていますが以下の記事で解説しているのでぜひどうぞ。

 

 

一方でワークポートは、比較的若手や転職初心者向けのIT業界に強いエージェントです。僕もワークポートで相談に行き市場動向を確認しに行きました。その時の体験談を書いているので是非どうぞ。

 

 

まとめ

 

ということでSIer(SES)とweb自社開発の違いや、どんなエンジニアがどっちにおすすめなのかなどを解説しました。最近はフリーランスエンジニアとして働く道も持ち上がっていますが、その路線ならほぼweb自社開発は挟んでおきたいキャリア選択ですね。

 

最新情報をチェックしよう!