次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

テックブーストからフリーランスとして稼ぐ現実的な手順

テックブーストを受講すればフリーランスエンジニアになれるかな?具体的にはどういう手順で行えばフリーランスとしてどれくらい稼げるんだろう?こんな疑問にただいまフリーランスになったばかりのなうが解説します。

 

この記事の提供価値ですが、テックブーストからフリーランスになれる現実的な手順、どれくらい稼げるのか?がわかると思います。僕自身のフリーランス転職活動で見えてきた体験談も共有します。

 

フリーランスを目指す上でテックブーストがおすすめな理由

 

まずはフリーランスを目指す場合にテックブーストがおすすめな理由から解説していきます。

 

Rubyでオリジナルアプリを作れる

1つはRubyでオリジナルwebアプリを作れるというのがあります。テックブーストでは、Rubyでオリジナルwebアプリを作れますが、フリーランス案件ではRubyを使う仕事は多いですし、単価も高いです。

 

また後述しますが、フリーランスになるためにはweb系自社開発企業でキャリアに箔ができる経歴を積むのが得策ですが、web系自社開発企業ではRubyが多く使われているため、その点でもおすすめですね。

 

学ぶ言語は非常に重要でJavaだとSIerとかで多いため、あまりフリーランスに親和性がありません。

 

フリーランス向けコースがある

またテックブーストではオーダーメイドでカリキュラムを込めますが、フリーランス向けコースがあるため最短距離でフリーランスを目指せます。

 

基本的には、マークアップ言語、フロントエンド言語、サーバサイド言語を学び、Rubyでポートフォリオとなる成果物を作る、そしてフリーランスとして受注して納品する一連の流れを経験する、などですね。

 

フリーランスと言っても自分で受注したいのか、エージェントを通して業務委託契約をするのかによって学び方も変わるため、この辺も相談しながらやるとよいでしょう。

 

現役フリーランスエンジニアに質問できる

3つ目ですが、テックブーストでは現役フリーランスエンジニアが講師にいるため、フリーランスならではの質問もできるため有益です。

 

フリーランスと正社員としての働き方は大きく異なるため、どんなスキルがあるとどれくらいの単価なのかとか、受注から納品までの流れやクライアントと握るべき注意点などプログラミング以外に学べることも多いです。

 

フリーランスはどんなスキルや経験を摘んだかによって稼げる単価が大きく変わるため、ここでそう言ったところも習得できることは本当に有益です。

 

テックブーストを受講すればフリーランスになれる?

 

じゃあテックブーストからフリーランスになるのは簡単そうだね!と思うかもですが、なること自体は開業届を出せばいいので簡単ですが、現実的なところをお話しします。

 

テックブースト卒業後すぐにフリーランスはなれるがあまり稼げない

テックブーストからフリーランスになるのは簡単ですが、卒業後すぐに稼げるわけではありません。そもそも卒業しだだけだと受注すら厳しいかもしれません。

 

幸運に受注できてもクラウドワークスでの価格競争によって低価格な受注しかできないWordpress系の案件でしか稼げない可能性が高いです。

 

今はエンジニアブームで未経験から目指している人が多く、低スキルな人が増えてしまったこともあり、ロースキル案件の価格競争がひどいです。これだと泥沼なのでテックブースト卒業後すぐにフリーランスになるのはあまりおすすめしません。

 

稼げるフリーランスは付加価値や実績がある

一方で稼げるフリーランスはどんな特徴があるかですが、付加価値や実績があることが多いです。例えば、Wordpress系の案件でもSEOやUI改善のスキルがあるだけでも他のフリーランスと差別化ができ、単価をあげることもできます。

 

エンジニアとして実務経験3年程度あれば、フリーランスエージェントで月単価80万円ほどの業務委託契約の案件も見つけることもできます。例えば以下ですね。

 

 

このレベルのフリーランス案件は、前提としてエンジニア実務経験が2年程度は必要になるため、フリーランスは実績も重要ということです。これは実際にエージェントから聞いた目安なので信憑性あります。

 

テックブーストは30万円〜40万円ほど料金はかかりますが、フリーランスになれれば余裕で投資回収できます。

 

参考:テックブーストの料金を他スクールと比較【割引方法あり】

 

テックブースト受講後に稼げるフリーランスになる現実的な手順

 

ではテックブースト受講から稼げるフリーランスエンジニアになる現実的な手順を紹介します。

 

テックブースト受講中は良質なポートフォリオ作成に励む

まずはテックブースト受講中に良質なポートフォリオ作成に励んでください。そして、講師にフリーランスについて色々質問してみてください。

 

なぜ良質なポートフォリオ作成が重要かというと、フリーランスに現実的になる上では最初のキャリアをweb系自社開発企業で始めるのが近道だからです。そして、web系自社開発企業に未経験から就職するには良質なポートフォリオが必要だからですね。

 

この辺の詳細は、テックブーストの就職先・転職先の年収は?【エンジニア転職できる】でも紹介していますから参考にどうぞ。

 

まずはエンジニア実務経験を2〜3年程度積む

そしてここからも重要ですが、エンジニアの実務経験を2〜3年程度積みましょう。またその期間に出来るだけ強みとなる経験(大規模サービスの安定運用、リファクラチングによる開発効率アップなど)を積みましょう。

 

付加価値スキルを身につける

稼げるフリーランスになるには、企業が高いお金を払ってでも採用したい経験やスキルを得ることが何より重要です。

 

フリーランスエンジニアの高単価案件は100万円〜などゴロゴロありますが、そういう人は得てして強みとなるスキルや経験があります。最近だとDevOpsなども注目されています。

 

DevOpsとは開発チームを指す「Development」と、運用チームを指す「Operations」という2つの言葉を掛け合わせえた造語です。 ソフトウェア開発の現場では、製品に新しい機能やサービスを開発・追加するチームと、安定したサービスを提供するためのチームが存在します。
引用:DevOpsとは

 

この辺のどんな経験やスキルを身につけると市場価値が高まるかは、勝又さんというフリーランスエンジニアがよく発信しているのでチェックしてみてください。

 

 

副業経験も積む

あとは正社員エンジニアとしてキャリアを歩む過程で、是非プログラミング副業にもトライしてみてください。副業を通してスキルアップも狙えますし、フリーランスエンジニアとしての働き方もなんとなく学べると思います。

 

またこの時のクライアントが後々フリーランスになったときのお得意様になる可能性もあります。実際に僕も、過去に副業した時のクライアントからフリーランスになってから仕事の声をかけてもらえたこともあります。

 

僕の経験を通しておすすめの副業エージェントは、【副業エージェントのおすすめ5選】エンジニア副業を1年やった体験談で紹介しているので参考にどうぞ。毎月10万円ほどは稼げます。

 

フリーランスエージェントで高単価案件を探す

最後はフリーランスエージェントに複数登録して高単価案件を探しましょう。複数というのがポイントでして、エージェントは異なる案件を持っている可能性が非常に高いです。

 

実際に僕がフリーランスになる時にエージェントで5社ほど案件探しをしましたが、どこも異なる案件を提案してくれました。

 

この時に実務経験が2〜3年程度あり、かつ市場価値の高いスキルや経験があれば高単価案件(月単価80万円〜)を獲得できる可能性がグッと高まります。僕のフリーランス案件獲得の記事は、テクフリ(テックキャリアフリーランス)の口コミ・評判【面談した】など参考にどうぞ。

 

まとめ

 

ということで、テックブーストからフリーランスになる現実的な手順を紹介しました。数年はかかりますが、かなり高い可能性で狙える手順です。是非参考にしてみてください。まずは無料説明会の参加から動いてみましょう。

 

人気:テックブースト(tech boost)の評判・口コミを解説

最新情報をチェックしよう!