次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

【画像付き感想】ワキガ手術・多汗症体験レポートです

ワキガ手術・多汗症対策を受けようか悩んでいるけど、感想や体験レポートを実際に受けた人から教えて欲しいな。できればワキガ手術の画像なども見れると参考になるな。こんなニーズに今回はワキガ手術を受けてきたのでなんとレポートしていきます!

 

✔︎この記事の信頼性
なうブログのこの記事の信頼性ですが、以下の画像のように実際にワキガ手術をABCクリニックというところで受けてきました。なのでなぜ受けたのか?どうだったかなど感想や体験をしっかりレポートできると思います。

 

 

 

で、結論ですけども、初めてのワキガ手術(今回は切開法です)でしたが、最初の麻酔が一番の痛いピークでそこまで怖いものではない、ダウンタイムというか圧迫期間があるので若干の生活支障がある、という感じです。

 

匂いについては、70%くらい減るみたいです。(現時点では完璧には終わってません)ちなみに、多汗症もほぼ同じなので参考になると思いますよ。クリニックについては、ABCクリニックを利用しました。

 

ワキガ手術・多汗症対策の感想を体験レポートとしてお届け

 

今回ですね思い切ってワキガ手術を受けたわけですけども、その感想を体験レポートとして書いていきますね。はい、人柱です。ちなこのタイミングなのは、コロナでリモートワーク中なのでちょうどよかったからでありますw

 

ワキガとは

まずワキガについておさらいしますね。ワキガは、汗をかくと脇にある色んな雑菌やらタンパク質と混ざって臭い匂いがする症状のことですね。

 

ワキガについて調べると必ず出てくるワードが2つありまして、手術の相談に言っても絶対に説明があります。汗線のことなんですけど、2つありまして、1つは、エクリン腺、もう1つはアポクリン腺というやつです。

 

エクリン腺

エクリン腺ってのは、いわゆる汗が出てくる汗線のことですね。これ自体は普通に汗が出てくる線でして、脇特有のものでもないです。

 

また汗それ自体は匂いが臭くなるものではなく、放っておくと他の雑菌と混ざって匂うのですが汗っかき自体はワキガというほどではないんですよね。これは僕も知らなかったですが。

 

多汗症

と言うことなので、多汗症な人はこのエクリン腺が人よりも多いってことになります。多汗症なだけでも、匂いの元となる汗が多いためエクリン腺をなくすと症状が緩和するとのこと。

 

アポクリン腺

ワキガ特有の匂いの原因は、2つ目のアポクリン腺というやつらしいです。アポクリン腺は、普通の汗とは異なり色んな成分が混じっていて、これらが脇に存在する雑菌とかと混ざることで

 

いわゆるワキガの匂いが発生するようです。この説明をワキガ手術を受けにクリニックと行くと100%説明をもらいます。アポクリン腺は、以下のものです。グロいです。

 

 

というのも手術の方法にも関連するからです。で、ワキガ手術というのはこのアポクリン腺を消滅させていく手術になります。

 

なぜワキガ手術を受けたのか

で体験レポートブログなので、なぜ僕がワキガ手術を受けるに至ったのかをちょいと紹介します。もともと多分家族の遺伝?で、ワキガっぽかったのですよね。

 

小学生の頃に田舎の国立病院でワキガ手術を受けようか親と話して考えていたんですけど、やっぱり傷跡も残るし、思春期だしってことで一度断念してました。ただやはりその後ワキガでちょいちょい匂うな〜ってのはあったわけです。

 

でそれからずっと普通のデオドラントとかで対策していたわけですが、今回コロナで?!在宅リモート勤務になり?!あれ、これチャンスじゃね?となったわけですね。ワキガ手術って、切開だとややダウンタイムがあるので休むか今みたいにリモートワークじゃないと難しいみたいなんですよ。

 

ワキガには度合いがあるらしい

そんなこんなでワキガ手術を受けることにしたのですが、クリニックへ最初のカウンセリングにいくと、ワキガには度合いがあるらしく、以下の質問をされました。

 

・家族にワキガっぽい人はいますか?
・知人などから匂いについて指摘されたことはありますか?
・シャツなどにワキジミができたりしますか?
・汗っかきですか?

 

こんな感じです。これ、ワキガの重症度合いを把握するための質問みたいです。多いほど重症という感じ。僕の場合は複数個つくのでそれなりの重症度合いでした..w

 

ワキガ手術には、色んな術式があるので、この度合いに応じて選ぶのがワキガ手術選びのポイントのようです。まずはここのチェックから始めるといいですね。

 

どんな術式があるのか

で、その後医師からワキガ手術の選択肢について説明がありました。方法によって、得られる効果も違うそうでした。ちなみに僕が選んだのは、切開法です。普通に脇にメスを入れて、直接アポクリン腺を切除する術式です。術式は3つほどありました。

 

切開

1つ目は僕が受けた切開法です。一番想像しやすいかもしれません。脇に麻酔を注射して、メスで4cmほどの切れ込みを入れて、そこから直接アポクリン腺を切除します。

 

アポクリン腺は、黄色いゼリーみたいなやつでした。後ほどこれも画像をup予定です。切開法は、直接ではあるものの皮膚へのダメージも考慮しないとならないため

 

70%程度の切除が限界のようです。それでも70%もワキガの原因がなくなれば結構匂いについては緩和されるみたいでした。メスを入れるので、ワキガ手術後は数日は安静が必要なのがデメリットです。

 

重要なのは、切開法ですとアポクリン腺に対して効果があるためワキガ対策にはあるものの、汗自体はそこまで減らないようです。あとは、脇毛については若干脱毛効果があるみたいです。

 

ミラドライ

2つ目は、ミラドライという脱毛レーザーみたいな感じで、機械でレーザーを当てて内部のアポクリン腺を焼いていく方法が説明されました。

 

ミラドライはいわゆる美容外科のクリニックとかでおいていて、結構高額ではあるんですけど、アポクリン腺だけでなくエクリン腺についても効果があるため両方気になる人はミラドライがおすすめのようでした。

 

ただ僕は汗自体は別にあってもいいかなと思ったのと、やはり高額だったのでミラドライは諦めました。でもミラドライだと傷跡がなくすぐ終わるので仕事で忙しい人にはいいかもです。

 

ボトックス

最後はボトックス注射です。ボトックスは多汗症の人にどちらかといえばおすすめなようですが、ワキガが気になる人にも効果はあるようです。また費用も安めです。

 

そもそも発汗という現象は、アセチルコリンという神経伝達物質が、汗線に対して命令されることで起きるみたいですが、ボトックスがこの命令を抑制するので汗が出にくくなるという理屈のようです。

 

ワキガは汗と脇に存在する雑菌などと混ざって匂うため、汗が減ればそれだけワキガ対策になります。一番手軽な多汗症、ワキガ対策と言えるんじゃないでしょうか。

 

ワキガ手術はこんな感じ

で、僕はさっき書いた通りで、切開法を選びましたので、切開法でのワキガ手術について感想を体験レポートとしてここに記します。

 

切開します

まずは切開します。切開では麻酔をかけて、メスを4cmほど入れていきます。ワキガ手術では僕も結構ビビってたんですけど、痛みについてはこの麻酔がピークです。

 

痛みでいうと、なんでしょう。内部を何かが這い回るという感じでしょうか。うまく説明できませんが、まあまあ痛いという感じで30秒くらいで終わります。まあ我慢できるレベルです普通に。

 

で、切開してアポクリン腺を直接取っていきます。切開後は以下のような感じで、内出血が起きるため血を排出できるように管(ドレーンというらしい)を入れられます。

 

 

圧迫します

でもって、切開後はガーゼを何重にして圧迫して包帯でグルグル巻きにされます。切開だと皮膚を切っているのでダメージがすごいらしく、ちゃんと圧迫して安静にしないと合併症が起きると言われました。

 

以下のような感じですね。この状態で数日安静にします。安静の定義は、腕をあげない、患部をシャワーしない、などでした。なので手術が数日はシャワーをあびれません。ですので、仕事も休むか、リモートワークでもしないと厳しいです。

 

 

それが難しい人は、ミラドライを受けるといいという感じですね。ミラドライも効果はしっかりあるみたいですし、個人の状況次第でしょうか。

 

抜系

そんで圧迫を数日終わると、ドレーンの解除、抜系と進みます。ドレーン解除と抜系のスケジュール感は以下のような感じです。

 

内容スケジュール
手術カウンセリング数日後
ドレーン解除手術2日後
圧迫解除ドレーン解除2日後
抜系圧迫解除2日後

 

なので切開でのワキガ手術ですと、大体1週間は安静が必要です。頭とか関係ない部分を洗うのはOKですが、シャワーだと脇に水が当たりかねないのでだめとのことでした。

 

ちなみにクリニック次第では、しっかりアポクリン腺を切除するために片脇づつ行うクリニックもあります。抜系後はこうなります。

 

 

クリニックについて

で、クリニックについてですが、僕はABCクリニックというところを選びました。ABCクリニックは、キャンペーンを行っており3万円からワキガ対策を受けられること、無料カウンセリングを受けられるという理由で選びました。

 

最終的には、切開法を選んだのでそれなりの料金にはなるのですが、一生デオドランド製品を使うのと、タオルでさっとふくだけになるかでも回収はできるかなと思ったのも理由ですかね。

 

悩んでいる人はまずは無料カウンセリングでも受けてみるといいと思います。手軽なもので言うと、ボトックス注射もありますし、なんらかやった方が快適に生活を送られると思います。

 

まとめ

 

と言うことで今回はワキガ手術の感想を体験レポートとして画像付きで解説しました。ぜひ悩んでいる人は勇気を振り絞って受けてみてはいかがでしょうか!

最新情報をチェックしよう!