web業界の今後はAIと働き方が論点です【富む人がさらに富む世界】

  • 2019年10月21日
  • 仕事
  • 38view

 

web業界の今後ってどうなるのかな?AIの影響とか、働き方とか、web業界の需要が今後どうなるのか知りたいな?こんな疑問にweb業界で5年ちょっと働いている僕が解説していきます。

 

個人的にweb業界の今後を考える場合のトピックスは、人工知能(AI)と働き方なんですよね

前者はどこまでを自動化するかでかなり業界構造変わる(自動車とか他業界影響もある)し、 後者は働き方の変化で個人の稼ぐ力がより顕著にバラツキが出る気がしている

つまり、より富める人が富んで行く気がする

 

結論、2019年現状でいうとweb業界の今後はAI(人工知能)と働き方の変化が主な論点になるかと思ってます。そして、AIと働き方の変化によって富める人がさらに富めるようになるかなと思ってます。つまり、さらに実力勝負の世界になると予想しています。あ、これだけ読むとweb業界の今後はやばいのか?と思うかもですが、web業界自体はもっと伸びると思ってるので安心してOKです。

 

web業界の今後の論点はAIと働き方の変化と思う件

 

web業界の今後を考える上で、論点(重要な事項、トピックス)は、①AI(人工知能)による業務構造の変化、②時代の要請による働き方の変化、この2つだと思います。

 

AI(人工知能)

まずAI(人工知能)による業務構造の変化は、結構どの人もうっすら知っていると思います。最近のニュースでいえば、銀行の事務職の代替がAIによって進んでおり、リストラ大改革が進んでますよね。あとは、自動運転とか他業界の影響も出てます。

 

典型は事務職の代替

web業界の今後はAIの進展がかなり影響すると思っており、典型例は銀行の事務職の代替ですよね。これによって、web業界は今後他業界の単純作業の代替モンスターになると思います。つまり、web業界は今後他業界の単純労働分の市場をとるので伸びるはずです。

 

三井住友銀行は今後3年間で、全店舗をペーパーレス化し、相談業務を中心とする次世代型の店舗に移行する。事務作業は事務センターに集約し、AIなどを使って作業の効率化を図ることで、約4000人を新たな事業部門に移すという。
引用:銀行事務職のリストラ

 

そしてこれ、リストラ以上の意味を持っていて、web業界ってぼちぼち金融事業を始める企業が増えると思います。濃厚なのは例えば個人のデータを多数保有するLINEとか楽天とかですね。個人の少額融資をデータとAIで判断して少額融資するとか全然できそうです。つまり、web業界が今後金融業界の売り上げをどんどん奪う構造が起きえます。

 

web業界でいうとwebデザインの代替など

 

先ほどのだけ聞くとweb業界の今後期待できますねーと思うかもですが、web業界内の人もAIによる今後の業務構造の変化は危機感を持つべきですよ。例えば、上記の通りでwebデザインなどもAIによる代替可能性が高い領域ですね。

 

AIの末恐ろしさは、webデザインみたいな一見アートな世界もロジックでより良いwebデザインを構築できる余地があるとこなんですよね

どんなwebデザインがCVするかは、データから考えれそうだし

実際にテンプレレベルでデザインからコード吐くくらいのAIサービスはアメリカであるし、今後が末恐ろしい

 

ホームページを無料で作成できるWebサービスにWixがありますが、Wixでは「ADI (人工デザイン知能=Artificial Design Intelligence)」と呼ばれるAIを使って、簡単に高品質なホームページを作成するサービスを発表しました。
引用:AIがwebデザインをする時代

 

上位の通りでして、AIがwebデザインをするサービスももうあるんですよね。理屈的にも、webデザインをCV(予約とか購入のこと)などの定量データから良し悪しを評価して、自動生成とか出来るはずなんです。つまり、web業界内でも今後はAIによる代替がありえるってことなんですよね。こわやこわや。

 

参考:機械学習(AI)エンジニアの将来性と今後の必要スキルを考察【何で差別化する?】

 

働き方の変化

もう1つのweb業界の今後を考える上での論点は、働き方の変化と思ってますね。何を言っているかというと、具体的には副業需要の増加と重要プロジェクトへのフリーランス(or他社社員)参画が増えそうです。

 

副業需要の増加

これも副業解禁時代と言われてますから、みんな知っているかもです。特にweb業界は副業需要が高いのですが、今後さらに副業需要は上がると思います。労働人口が減っているからですね。そうなると、副業のようなパラレルワークで労働人口を担保するしかないですよね。

 

現状はまだ副業OKとしている企業が少ないですが、今後とりわけweb業界でいうと増加すると読んでいます。ちなみに僕もweb業界で働いているスキルを使って毎月10万円ほど副業で稼いでいますが、とても生活が楽になって非常に良いですよ。

 

重要プロジェクトへの他社社員参画

あとはですね、副業のような細切れの業務だけでなく、今後もしかしたら社内の超重要プロジェクトでさえ、スキルの高い他社の社員orフリーランスにお願いする企業が増加するかもと思っています。web業界ではないものの、

 

三菱地所は、オープンイノベーションに取り組むなかで2014年に「新事業創造部」を創設し、スタートアップ企業とのコラボレーションや新事業創造を推進してきました。このたび、新事業のさらなる成長に向けて、外部人材との新たなコラボレーションを実現するために、ビジネスプロフェッショナルの新しい働き方に対応した「副業・兼業限定」で人材を登用します。その第1号案件として、三菱地所の新事業創造の取り組みから設立された同社子会社「Medicha株式会社」のメディテーションスタジオ運営事業において人材公募を行います。
引用:三菱地所オープンイノベーション

 

三菱地所がビズリーチと協業して、重要プロジェクトの重要ポジションにこのような募集をしていたりします。web業界も今後同じような取り組みが増える可能性はあって、そうなるとスキルの高い人に良い仕事が集中するような構造になる今後がありえますよね。the 実力社会。

 

補足:web業界の市場自体は伸びてます

以上がweb業界の今後を考える上での論点かなーと思ってますが、マクロトレンドとしてweb業界は伸びてますから、その観点ではweb業界へ転職とか就職するのは全然ありだと思いますよ。というか、本当にweb業界は今後本当に他業界をリプレイスしそうです。

 

Appleは 戦争ドラマ「バンド・オブ・ブラザース」 のスピンオフを製作中で、しかもそれはApple自前のスタジオが行なっているみたいです。The Hollywood Reporter が伝えたところによると、まだスタジオの名前は決まっていないとのこと。

AppleのWorldwide Video部門のザック・ヴァン・アンバーグ氏とジェイミー・エリヒト氏がこれからのスタジオ経営を率いていくみたいです。
引用:appleTVがハリウッドにスタジオを準備

 

最近だとAppleがAppleTVのハリウッドスタジオを準備してますし、アマゾンとかはprimeビデオを前から作ってますよね。つまり、web業界の巨人は本気でTV業界を駆逐しようとしています。web業界はこういう魅力的な業界なんです。

 

実力社会なweb業界の今後を生き残るために

 

先ほどまではweb業界の今後を考える上での主な論点でして、総じて言えばweb業界自体は他業界も駆逐して伸びていく、実力社会になっていく、という感触ですね。その上で考えると個人的にweb業界の今後を生き残るためには、①変化に強いスキルを身につける、②個人の知名度を上げていく、この2つかなと思います。

 

変化に強いスキルをつける

1つは、変化に強いスキルをつける、ですね。銀行の事務職のように代替されやすいようなスキルだとweb業界にいながらweb業界に食われる可能性があります。具体的には例えば、webデザインでもUXデザインに近いようなサービス設計スキルを身につけるとか、

 

プログラミングスキルを身につけてむしろAIを活用する側に転進するとかですね。AI自体は実はAI活用が今後しやすくなるはずという見立ても僕もしているのでエンジニアになれれば十分かとも思います。以下記事が参考ですね。

 

参考:AIエンジニアになるには?【AIエンジニアは市場価値高い】

 

AIエンジニアになるのは結構ヘビーなので、まずは普通のエンジニアを目指せばOKだと思っており、TECH::EXPERTのような大手の転職保証のあるスクールを活用してもいいですし、20代であればプロエンジニアなどで無料でプログラミングを学びつつ転職支援もしてくれるので活用余地は高いです。

 

参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

 

個人の知名度を上げていく

あとはですね、働き方の面で言えば今後web業界で生き残る(さらに稼ぐ)には、個人の知名度を上げていって、三菱地所のような募集に参画できる立場になることが重要そうです。ずっと会社員として頑張るのは結構リスキーかなと思っており、

 

何らかの形で個人で稼げるようなスキルなり、知名度をつけていったほうが安心かなと思いますね。そういう意味でも副業とかやるのはそういう感覚が身につくのでおすすめですね。僕はプロの副業ホールハートで副業しており安定して稼げています。

 

参考:【副業体験談と評判】プロの副業ホールハートで月10万稼いだ

 

まとめ

 

ということで、web業界の今後を考察してみました。割と変化の早い業界なので、最新ニュースとかはキャッチアップしていったほうが良いかと思います。今回はこれで以上です。

 

参考:稼げるプログラミング言語2019年ランキング【データと共に稼ぎ方も解説】

最新情報をチェックしよう!