次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

Web系自社開発企業のおすすめ18選【新卒・中途別に元リクルートが解説】

 

新卒におすすめなweb系自社開発企業はどの企業だろう?どんな理由でおすすめか実際に働いていた人から知りたいな。こんなニーズに今回は元リクルートで現役フリーランスの僕が解説します。

 

✔︎この記事の信頼性
この記事を書いている僕は元リクルートでwebディレクターでした。なので実際に勤務していた経験からおすすめなポイントなどをリアルに解説可能です。また新卒就活当時、ほぼ受けたのでその観点からも解説できますね。

 

おすすめなweb系自社開発企業

・サイバーエージェント
・リクルート
・エムスリー
・Cookpad
・Yahoo
・DeNA

個人的にはこの辺ですかね。技術力、ビジネス、給料、福利厚生、働きやすさ、知名度とかで考えました。個人的には副業もできて技術力の高い企業を選ぶと有意義な時間を過ごせると思う。

 

特におすすめなのはこの6つの企業ですが、今回はそれ以外にも合わせて30社ほど調査したので新卒におすすめなweb系自社開発企業、それからおすすめな理由や選び方も合わせて紹介します。

 

新卒に特におすすめなweb系自社開発企業

 

新卒に特におすすめなweb系自社開発企業は6つです。年収や副業可能かどうか、技術力の高さ、ビジネス力など総合的に考えてみました。なお順序は特に関係なくランキングではありません。

 

サイバーエージェント

1つ目はサイバーエージェントですね。サイバーージェントは、アメーバTVなど新しいビジネスに挑戦をどんどんしているweb系自社開発企業です。

 

社風的にweb系自社開発企業には珍しくイケイケどんどんな社風ではあるものの、エンジニアなどネット系の職種はそうでもないみたいです。営業がイケイケどんどんなだけみたいです。

 

おすすめの理由としては、その社風、挑戦的なビジネスを仕掛けるところ、藤田社長の存在でしょうか。やはりオーナー社長と言うのは色々と見習うべきところがあると思います。なお僕は、その社風が個人的には苦手で受けていません。

 

リクルート

2つ目は僕も在籍していたリクルートですね。リクルートは分社化してかなりたくさんのリクルートが存在していますが、web系自社開発企業と捉えた場合には、

 

リクルートライフスタイル、リクルートマーケティングパートナーズ、リクルートテクノロジーズ、この辺が王道かなと思いますね。キャリアやジョブズも良いですがどちらかと言うと営業が重要な企業です。

 

さっきの3つはwebサービスとしてエンジニアが重要な企業なので、おすすめです。やはりエンジニアとして就職するのであればエンジニアが重要なweb系自社開発企業がおすすめです。

 

退職金制度がおいしい

僕は新卒でリクルートに就職しましたが、退職金制度がとても美味しくおすすめです。新卒の場合は6年半勤務すると年収1年分の退職金をもらえます。僕も以下のようにもらいました。

 

 

実際には年収は750万円でしたが税金が抜かれて700万円ほど振り込みされました。エンジニアは割と転生するのも早いですし、ちょうど良いですよね。

 

ちなみにリクルートは副業もできるため、プログラミングスキルのあるエンジニアがweb系自社開発企業選びとして最高の選択だと思いますよ。

 

エムスリー

次はエムスリーですね。エムスリーは医師向けのメディアを中心にビジネス展開をしており、比較的若い企業にも関わらず、時価総額も高くとても万全な企業です。

 

エムスリーは、機械学習エンジニアとして有名なバンクシー氏も働く企業です。特徴的には、エムスリーは経営者が元マッキンゼーなどコンサルだらけなので数字とロジックで物事を考える文化が徹底されているようです。

 

そのため、エンジニアであってもそう言うビジネスマインドというか論理的に考えるスキルも身につくという点でおすすめです。あとはやはりビジネスモデルが強いですよ、医者は金持ちばかりですからね。

 

Cookpad

4つ目は、Cookpadです。Cookpadは、あの料理のレシピ投稿サービスをやっているweb系自社開発企業ですね。Cookpadは技術力に非常に強い企業です。

 

元の経営者が佐野さんという方で僕の大学院の研究室の先生の慶應SFC時代の同期みたいですが、当時から変人だったようです。そして奥さんは美人らしいです。話がそれました。

 

Cookpadは、オフォス内にキッチンもあってみんなでご飯を作って食べながら仕事ができるんですよね。気になるところで言うと、経営者が佐野さんからマッキンゼーの方に変わってから若干株価が低下しているところでしょうか。

 

Yahoo

次はYahooですね。Yahooは言わずもがなニュースポータルサイトです。僕は新卒におすすめなweb系自社開発企業として選んだ理由としては、

 

もう半永久的にフルリモートの働き方を宣言していること、そして副業OKであること、この2つですね。このコロナの環境の中でとても早く先進的な判断をしています。そこがおすすめです。

 

リモートワークは本当に最高で、1日あたりの可処分時間が1時間は増えますよ。年間で言うと300時間は増えますね。それに副業ができる、最高すぎませんか。ただ給料はやや低めです。

 

DeNA

最後はDeNAです。知的体育会系企業の名をほしいままにしている元コンサルだらけの企業です。DeNAは技術力も高いですしビジネススキルの高い社員が多いところがおすすめです。

 

ただ、、、有名ではありますが結構やらかすのもDeNAなんですよね。キュレーションメディアでは事故ってましたし、ヘルスケア関連事業も外れています。

 

ただ社員の優秀さは抜きん出ているのも事実なので、新卒として入ってスキルアップするにはもってこいのweb系自社開発企業かなと思いますね。

 

【メディア・EC型】web系自社開発企業のおすすめ

 

次はビジネスモデル別に新卒におすすめなweb系自社開発企業を紹介します。メディア型ですね。

 

メルカリ

メルカリはフリマアプリとして一発当てたスタートアップとしては近年ではトップじゃないでしょうか。それ以降は、メルペイなど新規事業も盛んに挑戦していますよね。

 

メルカリは技術力も高いですし、いわゆる勢いのあるスタートアップとしてはトップランクだと思うので人気も高いです。

 

技術カンファレンスやキータみたいなエンジニア界隈においても存在感のある企業です。おそらくこのまま成長は続くと思われますね。

 

楽天

楽天は言わずと知れた三木谷さんの企業ですね。楽天もかなり多くの事業展開をしているweb系自社開発企業です。英語も公用語ですし、なかなか先進的ですよね。

 

ただ残念なのは副業ができないと言うところですかね〜。楽天のレベルの社員であればプログラミングスキルでかなり稼げるのですが、もったいないです。

 

あとは、結構三木谷さんの鶴の一声で色々決まるようなのでトップダウン文化みたいです。とはいえ総じて言うと新卒におすすめのweb系自社開発企業であることは間違い無いです。

 

LINE

次はLINEですかね。LINEもメッセージングアプリLINEで1大プラットフォームを構築してからは、そのプラットフォームを基盤にいろんなビジネスを展開しています。

 

LINEの場合は、自由な社風も魅力です。ただ僕のリクルートの後輩でLINEへの転職で面談に行ったみたいですが、給料はちょい低い印象だったみたいですね。

 

ZOZO

次はZOZOです。前澤さんの会社ですね。今はもう違うかもですが。ファッション通販のアパレル系スタートアップとしては一番有名じゃ無いでしょうか。

 

場所が千葉の幕張にあるため、千葉県在住の新卒には通勤が楽でおすすめのweb系自社開発企業です。ファッションが好きならなおおすすめですね。

 

カカクコム

次はカカクコムですね。価格.comで大きくなり今では、食べログなどいくつかの中核ビジネスがあります。カカクコムに新卒で就職した友人がいますが、

 

大きい企業だからか労働管理系のコンプラが厳しいみたいで、すぐ退社を求められるらしくいっぱい働きたい友人はすぐ転職したらしいです。

 

DMM

次はDMMですかね。DMMは紳士は誰もが知る企業ですが、それ以外にもいろんなビジネスをしています。ビジョンも、「DMMを世界最高水準のテックカンパニーに」とあるように技術力を強みにしているweb系自社開発企業ですね。

 

エンジニアを大切にしている社風に就職した方がエンジニア志望者の新卒就活生は幸せに働けると思うのでおすすめの1社です。

 

Retty

次はRettyです。Rettyは、実名のグルメ検索サイトです。後発ながらグルメ検索系サービスとしては上場もしてかなり勢いがあります。

 

企業の強みとしてはSEOにあるようですが、新卒エンジニアとしてはスキルがあれば年収600万円も最初から狙えるためおすすめのweb系自社開発企業です。

 

【Saas・サブスク型】web系自社開発企業のおすすめ

 

続いてはSaasやサブスク型のweb系自社開発企業です。SaaSやサブスク型の企業はそのビジネスモデル的に収益が安定しているのがおすすめのポイントです。

 

サイボウズ

1つ目は、サイボウズですね。サイボウズは従業員の満足度が高く、離職率が低いweb系自社開発企業です。副業も確かOKですね。

 

離職率が低いのは新卒にもポイントは高く、せっかくの新卒チケットなのでブラック企業が嫌な就活生におすすめですね。

 

freee

次はfreeeです。freeeは会計ソフトを販売しているSaaS型のweb系自社開発企業です。比較的若い企業でありながら従業員数も多く成長中の企業の1つですね。

 

フィンテック分野なので今後金融×webの分野で経験を積んでいきたいエンジニアにとっては魅力的な企業の1つと言えるでしょう。

 

チャットワーク

次はチャットワークです。チャットワークは、ビジネスチャットアプリを展開している企業です。こういったToB向けのサービスは、

 

一度導入されるとあまり解約されることが少ないため、何かと安定した売り上げを作れるところがポイントで、コロナ環境の中ではリモート中心なのでさらに成長が射込みやすいと思います。

 

【ゲーム】web系自社開発企業のおすすめ

 

最後は、ゲーム系のweb系自社開発企業のおすすめです。

 

ミクシィ

1つはミクシィでしょうね。ミクシィはもともとはソシャゲーじゃなくてSNSサービスメインでしたが、Facebookの登場で徐々に勢いがなくなりました。

 

ただそこからモンストをヒットさせ、経営展開し今に至ります。副業も確かOKですし、ゲーム系なのでゲームが好きな就活生にぜひおすすめしたいweb系自社開発企業ですね。

 

GREE

最後はGREEです。GREEも昔よりは勢いが減ってきてはいますが、まだまだ規模的には大きいゲーム系のweb系自社開発企業です。

 

グリーも社長がオーナー社長なので創業者のいる企業で経験を積みたいと考える就活生におすすめできる企業の1つです。

 

web系自社開発企業への就職・転職で使いたいサービス

 

最後にweb系自社開発企業への就転職で使いたいサービスを紹介します。自力じゃ難しいなとか、転職の場合はどのエージェントを使うかが大事なのでここでしっかり理解しておきましょう。

 

ポテパンキャンプ

1つは、エンジニアとしてweb系自社開発企業へ新卒就職したいけど、プログラミングスキルもないし難しいかなと言う就活生向けで、ポテパンキャンプですね。

 

ポテパンキャンプは、Rubyを学べてweb系自社開発企業の企業紹介もしてもらえるスクールです。しかも就職成功で受講料も全額返金されると言うお得さも兼ね備えています。

 

なお、新卒就活生だけじゃなく中途で未経験転職でも使えるためエンジニアになりたい人は要チェックのサービスです。詳細は、ポテパンキャンプの評判・口コミを解説をどうぞ。

 

Roots

もう1つは、エンジニアになりたいかまだ悩んでいるけどweb系自社開発企業に就職したい新卒向けです。全般的に企業紹介を無料でしてもらえるRootsはおすすめですね。

 

Rootsの代表は元楽天なのでweb系自社開発企業にも詳しいですし、専属でメンターもつくため非常に心強い就活エージェントです。万が一、web系自社開発企業以外への就職ももちろんOKです。

 

マイナビITエージェント

中途での転職の場合は、できるだけIT業界に特化している転職エージェントを使ってweb系自社開発企業へ転職するのがおすすめです。

 

それで言うと、マイナビITエージェントがおすすめですね。SIerとかSES企業にも詳しくあなたのキャリアに沿って企業紹介をしてくれます。

 

まとめ

 

と言うことで、今回はweb系自社開発企業のおすすめを新卒と中途それぞれで解説しました。基本的に有料企業が多いため就転職に成功すれば将来は明るいですよ。

 

参考:未経験からのweb系自社開発企業の探し方は5つ、ポイントは3つ

 

参考:ホワイトなIT企業は自社開発に多い理由【見分け方も解説】

最新情報をチェックしよう!