webデザイナーに資格は必須ではない【採用担当が断言、それより実績】

 

webデザイナーに資格は必要なのかな?おすすめの資格は何かな?そういった疑問にwebデザイナー採用担当の僕が答えたいと思いますが、実はwebデザイナーに資格は必須じゃないです。おすすめしている人は大半は業者です。なので、資格取得をおすすめしているだけで、本当にwebデザイナーとして稼いでいきたい、食べて行きたい人は必ずしも資格取得をする必要はないです。断言します。それよりも実績を出しましょう。

 

この情報の信頼性ですが、僕は大手IT企業でwebデザイナーやフロントエンドエンジニアの採用担当をしており、欠員が出たらその都度webデザイナーやフロントエンドエンジニアの採用面談をしています。その時に資格欄はほぼ見ません。実績と経験年数くらいしか確認しないです。資格取得の目的次第ですが、就職や転職のために資格取得は非効率です。

 

webデザイナーに資格は必須じゃない理由

 

ということで結論として、webデザイナーに資格は必須じゃないです。もし就職や転職が目的で、手段としてアピールのためにwebデザイナー関連の資格取得を考えていれば再考の余地があります。もちろん個人の自由なので、資格取得してもいいと思いますが、勉強の時間をとったり試験のための受講料を払うくらいなら、ある程度のスキルアップのために独学してクラウドワークスとかで簡単なwebデザインの案件で稼ぎつつ実績を重ねて自信をつける方がはるかに大事です。なんだか就職アドバイスみたいになってきましたが理由を深掘りします。

 

経験と実績の方が重要

 

僕のwebデザイナーにとって資格取得は必須じゃないという理由の根底にある考えは、採用する際にあなたが斎藤担当だとしてwebデザインの業務経験がないけど資格がある人とwebデザインの資格はないけどある程度業務経験があってポートフォリオ(作品集など)があるwebデザイナーのどちらを採用しますか?ということですね。

 

そもそも資格というのは効力が強い資格と弱い資格があって、弁護士や医師など資格や免許がないとその仕事ができないような資格は価値の高いものです。しかし弁護士、会計士、税理士、医師くらいです。エンジニアもwebディレクターもwebデザイナーもそこまで強い効力のある資格は存在しません。

 

資格の効力が弱い分野の就職や転職では、実績と経験が重視されます。そのほうが、はるかに業務で生産性が高いためですね。知識もほぼほぼ会社によって求められるものが変わりますし、webデザイナーも手を動かす仕事なので、資格よりも経験と実績が重視されるのです。

 

ここでおそらくでも初心者だとそもそも業務経験を積めないから、積むために資格取得するんじゃないの?という方もいるかと思います。それもそれで正論なんですが、効率性という観点ではやはり非効率です。webデザイナーとしての就職や転職を目的にした場合の最適な手段は、ある程度独学して(場合によってはスクールに通う)あとは、簡単な案件を受注してお金を稼ぎながら同時に実績と経験を積む方法が最適です。この辺の方法は、下記の記事でまとめています。

 

資格取得をおすすめするのは大半は業者

 

でもwebデザイナーに資格取得をおすすめしてくるwebサイトや人って多くないですか?と思う方もいることでしょう。しかし、よく考えてみてください。webデザイナーの資格取得ってそれなりに試験を受ける料金もかかるので、そもそもビジネスなんですね。なので、おすすめしてくる人は多くは業者です。

 

これは余談ですが、何かの商品でたまに耳にする、モンドセレクション受賞ってあるじゃないですか?あれでさえ、金賞ってお金で買えないこともないんですよね。。つまり広告なんですよ。ということでですね、世の中の仕組みがわかると自分がどうすべきか、なぜこんなことが言われているのかが見えてきますよね。

 

参考:https://www.buzzfeed.com/jp/sumirenakazono/monde-selection-money

 

webデザイナーが資格取得する意味

 

じゃあ、webデザイナーは資格取得する意味は全くないかというと、そんなことはありません。僕だって資格くらい少しは持っています。webデザイナーが資格を取得する意味について、少し解説したいと思います。そんなに偉そうに解説できる身分じゃないですが許してください。

 

知識の整理と体系化

 

端的にいうと多くの場合に、資格取得する意味というのは知識の整理と体系化に役立つということです。他にも対外的なアピールという側面もありますが、あまりアピールにならない気もします。会社が資格取得を推奨していて、補助金が出たり給料が上がるならもうそれは取得するしかないですよ?圧倒的なメリットですからね。

 

しかし、自分の意思でwebデザイナーが資格取得したい場合は、先ほど解説したような背景を知った上で認識して資格取得した方が納得感の高い意思決定ができるということだけです。資格を取得する場合は、その分野における全体的な知識の整理と体系化が頭の中でされていないと試験に合格できないので、合格できたらある程度全体的な知識の整理ができて体系化できた、つまり理解できているという状態になるので自分の現在地を確認したいという意味であれば大いに役立つと思います。

 

強いてwebデザイナーにおすすめの資格をあげるなら

 

それでもwebデザイナーにせっかくなれたし、あるいはモチベーションのためにも資格を撮りたいという場合は、webデザイン技能検定を取得するのはありだと思います。

 

webデザイン技能検定

 

webデザイン技能検定というのは数あるwebデザインの資格の中で、唯一国に認められている国家資格です。その分、認知度も高いです。3級まであり、1級と2級は1つ下の級の合格が必要ですが、3級は誰でも受験可能です。強調するつもりはないですが、それでも必ずしもwebデザイナーに資格は必須じゃないということは強調しておきます。

 

参考:http://www.webdesign.gr.jp/

 

就職や転職目的でwebデザイナーが資格取るくらいなら実績出す方がはるかに大事

 

で、僕の主張というのはwebデザイナーで資格取得は必須じゃない、どっちかっていうとスキルアップして実績を積もう、ということなんですが、その方法を解説したいと思います。大きくは3つのStepです。1つ1つこなせば誰でもwebデザイナーで稼げるようになれますし、資格取得という手段にとらわれることもないので前を向いて進められると思います。(資格取得で不合格などで落ち込むこともない)

 

独学やスクールでベースのスキルアップ

 

まず最初はwebデザイナーを目指すにあたり、最低限のスキルを身に着けるために独学をしていきましょう。基本的には、本あるいは無料動画サービスでの独学で良いですが、人によってはwebデザインスクールの受講をありだと思います。この辺は下記の記事で詳細に解説しているのでよかったら読んでみてください。

 

参考:バナーの作り方を解説【簡単です、月1万円くらいは片手間で稼げる】
参考:webデザイン初心者向け独学方法【UXデザイン歴5年の僕が解説】
参考:webデザイン初心者におすすめな本7冊【分野網羅、行動が大事】
参考:ワイヤーフレームの作り方をwebデザイン歴5年が解説【サンプル無料】

 

簡単な副業案件で実績を積む

 

そして、webデザインのある程度のスキルが身についたら限りなく簡単な副業案件で稼ぐという経験を積むのが何よりも大事です。そうすれば、身につけたwebデザインのスキルで稼ぐ→お金ももらえてスキルアップもできて経験も実績も増える、このスパイラルに入れます。

 

参考:webデザインで稼ぐ方法【初心者からのロードマップを体験談付きで解説】

 

またこういった独学方法で稼いできた経験自体も人生の財産になりますし、なかなかいないので面接などでは面白がられると思いますね。会社によって方針は違ったりはしますが、悪いイメージにはならないかと思います。ちなみに、このStepは今後盛り上がると考えていて、そういう意味でもwebデザイナー狙いであれば経験した方がお得です。その理由は下記の記事で話していますが、要はそういう需要が増えるからですね。

 

参考:webデザインの将来性は結論伸びる話とその理由【データあり】

 

就職や転職をする

 

そして、最終的にwebデザイナーやフロントエンドエンジニアとして就職や転職をする、これが一応の最後になります。ここまで行けば、安定しますし会社の仕事とあなたのやりたいことがマッチするので、お金をもらいながら実績が積まれていく、この最強のスパイラルに入れます。

 

ちなみに、ここまできた場合にもっと給料を上げようとすると、フリーランスになるとか独立するとかって話になりますね。ここまで読むと資格って不要かもなと思った方もいるかと思います。資格は否定はしませんが、必須じゃない、それよりも大事なことがあるよ、と覚えてもらえれば嬉しいですね。

 

まとめ

 

ということでwebデザイナーに資格は必須じゃない、けど強いて資格取得するならwebデザイン検定技能がおすすめ、理由は国家認定資格だから、そして本当は簡単な副業案件で稼ぎながらスキルアップして実績積む方が早道です。というお話でした。

 

人気:webデザインスクールのおすすめと選び方【デザイン歴5年の僕が解説】

最新情報をチェックしよう!