webデザインで稼ぐ方法【初心者からのロードマップを体験談付きで解説】

 

こんなツイートをしたんですけども、今回はwebデザインで稼ぐ方法を初心者から上級者までロードマップ式で体験談付きで解説します。webデザイン初心者から上級者までそれぞれでの稼ぐ方法や必要なスキルがわかれば、目指す先が見えてきます。

 

今回の情報の信頼性ですが、webライター未経験でブログ収入などでも稼げているので未経験や初心者の状態での稼ぎ方について信頼性高いと思います。また専門分野であるwebデザインやUXデザインでは企業コンサルで副業収入10万円なので上級レベルの実績もあります。

 

参考:ブログ収入初心者でも1年で10万円達成可能【データ公開】

 

こちらもその証拠ですね。

 

ということでwebデザインで稼ぐ方法を初心者から上級者レベルまででロードマップ式で解説します。

 

webデザインで稼ぐ初心者向け方法

 

ではwebデザインで稼ぐ方法を初心者向けで解説していきます。初心者の場合は大きく、webデザインスキルを身に着ける、そしてクラウドソーシングで簡単な案件で稼ぐ成功体験を重ねて自信とスキルと実績を積み上げる、がおすすめですね。

 

まずはwebデザインスキルをつける

 

当然ながらスキルがないとwebデザインで稼ぐことは出来ない(単純労働ではないのでスキルが必要、しかしその分だけ単純労働よりも稼げる)ので、最初はwebデザインで稼ぐためにスキルを身に着けるのが最初ですね。webデザインで最初に稼ぐためには、まずは何か1つでもある程度自分で完成まで持っていけるレベルにまでスキルをつける必要があります。

 

なので全部のスキルを身に着ける必要はなくて、例えばビジュアルデザインの納品だけだったり、HTML・CSSの納品だけ出来るとか、何か特定のことを自分で出来るレベルにまで持っていくのを短期的な目標にするといいですね。

 

webデザイン初心者が稼ぐためには、最初は独学や本での学習から初めていくと良いです。ただ、本だけだとさすがに稼ぐのは厳しいかもしれないので、適宜動画サービスとかスクールとかを活用しつつがいいですね。スクール受講するお金がないよ!という方は、若干時間はかかりますが次に説明する方法でまずは稼ぐ成功体験を積みましょう。

 

参考:webデザイン初心者向け独学方法【UXデザイン歴5年の僕が解説】
参考:webデザイン初心者におすすめな本7冊【分野網羅、行動が大事】

 

クラウドソーシングで簡単な案件で稼ぎ始める

 

webデザイン初心者が稼ぐためには、最初はクラウドソーシングみたいなサイトで簡単な案件を見つけるのが大事です。なぜなのかというと、初心者が挫折や諦めてしまうのは多くの場合は、高すぎる目標やハードルを自分にしきすぎて、心が折れるのが多いからです。

 

僕は後述しますが、webライティング初心者でしたが、クラウドソーシングでまずはとても簡単な案件を見つけて納品することを繰り返し、webライティングのコツやスキルを高めつつお金を稼ぎ成功体験と自信を重ねていくことで初心者からある程度稼げるレベルにまでなりました。

 

参考までにクラウドソーシングでどのようにwebデザインの初心者向け案件を見つけて納品して稼ぐところまで行うかを解説します。画像が荒くて申し訳ないですが、クラウドワークスで例えばこういったバナーデザインなどの案件があります。こういったwebデザインの案件であれば、時給1500円くらいで空き時間で出来るwebデザインの副業案件がありますね。こういった案件からこなしていくのがおすすめですね。僕もwebライティングでは、このレベルの時給の案件から始めて、徐々にスキルを高めつつ自分でブログを初めて1年で毎月10万円に到達した次第です。webデザインでは、googleに「クラウドワークス webデザイン」と検索すればOKです。これでこなしていけば、月に1万円~3万円は稼げます。

 

 

webデザインの中でもHTMLやCSSでのコーディングで稼ぐためには、フロントエンドエンジニアとして稼いでいく形になります。そちらの案件であれば、例えばこういったフロントエンドの実装の副業案件で稼げますね。フロントエンドは比較的時給が上がりますね。

 

 

 

webデザインで稼ぐ中級者向け方法

 

次はwebデザインで中級者レベルの稼ぐ方法ですね。先ほどのように初心者レベルの副業案件で毎月1~3万円は稼げるようになった立つ初心者が次に目指すステージですね。中級者レベルでは、毎月5万円から10万円をwebデザインの副業で稼げるレベルです。それか普通に社員として本業でwebデザインで稼げるレベルになります。

 

就職・転職する

 

1つは真っ当にwebデザイナーあるいはフロントエンドエンジニアとして、就職あるいは転職して稼ぐという方法です。webデザイナーやフロントエンドエンジニアであれば、25万円とか稼げるかなと思います。また、先ほどのwebデザインによる副業で数万円は稼げるのですぐに30万円は到達できるレベルです。webデザイナーやフロントエンドエンジニアとして就職や転職する方法はまた情報共有したいと思います。

 

副業専門サイトで副業案件を見つける

 

webデザインで稼ぐ中級者のレベルで大事なのは、副業専門サイトで稼ぐのが目標になってくると思います。クラウドソーシングは性質的に、空き時間で稼ぐスタイルがメインで大きめで稼ぐのが難しいです。しかし、副業専門サイトでは固定で毎月10万円みたいな金額感で契約して稼ぐことが可能です。

 

僕でいうと、ホールハートという副業専門サイトで探して稼いでいるのが毎月10万円レベルの副業収入ですね。目安でいうと週10時間くらいの稼働です。

 

webデザインで稼ぐ上級者向け方法

 

最後はwebデザインで稼ぐ上級者向けの方法の解説です。上級者になるとフリーランスになるという方法とキャリアチェンジするという方法があります。フリーランスというと不安定なのでは?と思うかもしれませんが、スキルがあればフリーランスになった方がストレスも減るし稼ぐことが可能です。僕はまだフリーランスじゃないですが、周りにそういう人かなり多いですし、羨ましいです。僕は1年半後にフリーランスか独立するつもりです。

 

フリーランスになる

 

webデザイン系でフリーランスになると会社員時代の2倍は稼げるようになると思います。というのも単価が高いので、フリーランスで稼げるようになると一気に年収が上がるためですね。フリーランスでは、副業レベルではなくて本業として取り組むことになるので少なくとも週3からの勤務にはなりますが、より稼ぐことができていきます。webデザイナーでもフロントエンドエンジニアでもどちらも需要が高いのでおすすめです。フリーランスでいうと、僕の中ではmidworksという会社に注目しています。

 

midworksという会社は、コンセプトが面白くて正社員のような安定感とフリーランスのような自由な働き方のいいとこどりをしている案件が並んでいて、年収アップの事例も数多くのっているためぜひフリーランスになるときは挑戦したいなと思っている次第です。

 

キャリアチェンジする

 

他にはキャリアチェンジするという方法もあると思ってます。例えば、webデザイナーであればwebディレクター、フロントエンドエンジニアであればサーバサイドも勉強してみるとかですね。それぞれ相場年収が高まるので、年収アップに繋がり稼ぐことが可能です。webデザイナーからwebディレクターになれば、フリーランス相場でいうと1.5〜1.75倍くらい年収上がるんじゃないかと思いますね。これは僕が採用している各職種の単価を比較した時の肌感です。

 

初心者から僕が稼げるようになった2つの話

 

では最後に僕が初心者から稼げるようになった2つの話をしたいと思います。1つは、webライターという仕事で、もう1つはwebディレクターという仕事です。

 

webライター初心者からブログ収入を1年で10万円作った話

 

webライターというのは、こういう感じで記事を書く仕事です。文章を書くのが好きであれば、とてもぴったりな仕事で僕は結構好きです。で、先ほどのクラウドワークスと同じで時給1000円くらいから稼ぎ始めたんですが、やはり案件こなしながらスキルアップして稼ぐことができるので効率的だったなーと思ってます。

 

しかも、企業のwebライター案件を行うと、その企業のスキルも学べるので単純にスキルアップにもなるし知見が溜まるんですね。こうすることで徐々に稼ぐ額が大きくなっていった感じですね。気づけば別で運営しているブログで毎月10万円稼ぐまでに成長した感じです。

 

webデザイン初心者から企業コンサルで毎月10万円稼ぐようになった話

 

またwebデザイン分野でも企業コンサルで稼ぐことが初心者からできています。これは就職をwebデザインなどを行う部署に初心者から新卒で入社してそこから頑張った話なんですが、それでも初心者から数年経験してもう企業に個人でコンサルして稼ぐことができると考えると、経験や努力の蓄積ってバカにできないなと思いますよね。こういった話はもう少し経験談を詳細にのちのち情報発信したいと思っています。

 

余談:会社員の給料アップはめちゃ少ないから個人で稼ぐ方が最強

 

余談ですが、会社員で給料アップしてもめちゃ少ない(会社によっては毎年3000円しか月収上がらない会社もある)ので、個人で稼ぐ方がはるかに効率的です。しかも会社員である限りは、給料あがれば責任も増えるのでストレスは増えます。そういう意味でも個人で稼ぐ方が絶対にいいですと僕は思ってます。

 

まとめ

 

ということでwebデザイン初心者から稼ぐ方法を上級者レベルまでのロードマップ形式で解説しました。おさらいすると、独学でもいいのでスキルをつけて簡単な副業案件から初めて実績と成功体験を積み重ねて、徐々に本格的に稼いでいくという方法がおすすめです。

 

人気:webデザインスクールのおすすめと選び方【デザイン歴5年の僕が解説】

最新情報をチェックしよう!