web系に関わる情報を 専門家が毎日発信!

webデザイン未経験者が副業で月5万円稼ぐ方法【人生変わる】

 

こんなツイートをしましたが、今回はwebデザイン未経験者でも副業で月に5万円稼げるようになる方法と道のりを解説します。さらに高みを目指したい場合にも参考になる方法論を解説したいと思います。

 

こんな情報を発信している僕は、webデザイン未経験から今では企業コンサルで毎月10万円以上の副業収入がありますし、ブログも未経験からwebライティングをクラウドワークスで受注するところから始めてスキルアップしながら、ブログ運営1年(別のブログ)で単月10万円ほど稼げるようになりました。なので、ある程度信頼性は高いと思っています。証拠はこちらです。

 

参考:ブログ収入初心者でも1年で10万円達成可能【データ公開】

 

webデザインの副業で稼ぐためにまずはスキルをつける

 

webデザインで副業して稼ぎたいのであれば、まずはスキルを身につけましょう。スキルなしで流石に稼ぐことはできないです。目標次第ですが、webデザイン副業で月に5万円程度であれば、独学だけでも十分可能なラインかと思います。

 

副業だけなら独学で十分

まずはwebデザインの独学を行いましょう。分野的には、HTML・CSSなどのコーディングとwebデザインツールを用いて画面の構成を作れるラインまでスキルがつけばwebデザイン副業で稼げる最低限のところまでいけます。

 

そのスキルレベルまで到達するためには、本と無料の動画サービスの視聴でなんとか見ながらwebデザインの副業案件をこなすところまでいけるはずです。最初は見ながらなので時間はかかると思いますが、徐々に効率的に作業できるようになり時給も上がっていくはずです。

 

ポートフォリオだけは作る

 

最終的にはwebデザインの副業案件をスムーズに受注するためには、ポートフォリオだけは作成しておきましょう。ポートフォリオを作成しておくと、webデザインの副業案件を受注する際に提案しやすくなります。

 

ポートフォリオをどう作ればいいのかというと、基本的には独学の過程で制作した内容物をクラウド上に保存しておけば十分です。副業案件のレベルでいうと、そこまで丁寧に整理しておかなくても十分です。

 

webデザイン副業を未経験から月5万円稼ぐ方法と手順

 

webデザイン副業を未経験からどうやって月に5万円稼ぐのか、その方法と手順を解説します。基本的には、やはり独学なのでコツコツ型になりますね。コツコツが苦手であればwebデザインスクールの受講をおすすめします。では、コツコツ型で解説を進めます。

 

クラウドソーシングの副業案件でOK

 

webデザインスキルをある程度身につけたらば、次はいよいよ副業で稼ぐ段階です。どうやって副業を見つけるかというと、最初はクラウドソーシング系のサービスで十分です。クラウドソーシング系のサービスでは、webデザインの案件であれば下記の時給が目安です。

 

経験年数〜1年:時給1000円
経験年数1〜3年:時給1200円〜1500円
経験年数3〜5年:時給1500円〜2500円

 

最初は時給1000円程度ですし、かつ最初は慣れないと思うので作業時間がかかると思います。しかし、やっているうちに慣れますし作業速度も上がってスキルも上がるので、どんどん時給効率が上がっていきます。この時給目安ではいやだ!という方は他の方法を探すしかないかと思います。残念ですが、他を探してもあまり変わらないと思います…。

 

受注スキルをあげる

また並行してクラウドソーシング系サービスでwebデザインの副業案件を受注するために、受注スキルをあげていきます。受注スキルが必要な理由というのは、クラウドソーシング系サービスで人気な案件やお得な案件というのは複数人が応募しているため競争になります。

 

その際に、受注スキルが高ければwebデザインスキルとは別軸で差別化できて、受注しやすくなりますね。要は営業力ですね。この受注スキルでいうと、下記の記事で受注における無料提案テンプレを後悔しています。

 

参考:webデザインスキルの最低限から稼げるまでの道のり【提案テンプレ無料】

 

webデザイン副業で安定して稼ぎたいなら20案件を目指す

 

webデザインの副業だとなかなか不安定なんじゃない?そう思うかもしれません。しかし、僕がクラウドソーシングでwebライティングの副業をしていた時の肌感ですが、安定受注の指標になるリピート率は10%くらいです。少なく見積もったとして。

 

このリピート率はクライアントがどれだけあなたの納品に満足したか次第で決まります。リピート率が10%であれば、20案件もwebデザイン副業をこなせば、2案件は毎月受注できます。もちろん、固定客が毎月発注する訳でもないですが。

 

 

webデザイン副業からさらに稼ぐためには

 

未経験の状態から、webデザインの副業を始めて、さらに稼いでいきたいというwebデザイナーは、付加価値の高いスキルを身に着けることと、フリーランスになり個人で発信して客を掴む、ということが必要になりますね。

 

付加価値の高いスキルをつける

一番簡単なのは、付加価値の高いスキルを身に着けることですね。webデザイン分野の副業で付加価値の高いスキルというのは、ABテストなどビジュアルデザインだけでなく、UI・UXにまで踏み込んで、成約率など売り上げに直結するスキルを身につけておくとさらに稼げます。

 

参考:ランディングページ(LP)の作り方を解説【無料テンプレも公開】
参考:ABテストのやり方を解説【アイデア例無料公開、ABテスト歴5年の知見】

 

フリーランスになり個人発信する

 

またフリーランスになり個人発信するという超本格的な稼ぎ方もありますね。これはいわゆるブログ解説やTwitter運用して、自分の情報を日常的に見てくれるお客さんを増やしつつ、そこから受注していく方法ですね。

 

この方法のメリットは、基本的にリピートしてくれますし、受注時に価格交渉になりづらいですし、クラウドソーシングサービスのような仲介サイトがないのでその分稼ぎやすいです。ただし、webデザインや自分のスキルの発信を継続しないとならないので、継続力が大事になってきますね。

 

まずは行動

 

当時の僕もそうでしたが、こういう情報に出会ってから、悩む時間が勿体無いですよ。人間は確かその日のうちに行動しないと前日に知った情報を忘れてしまいます。脳は忘れるようにできてますからね。これは研究が示している忘却曲線というものです。

 

参考:忘却曲線について

 

また人間が継続するときに大事なのは、にわとりたまごなんですが継続することなんです。え?トートロジー?なんですけど、事実なんです。これも研究で明らかになっていて、人間が習慣化されるのはその行動を66日間継続したら、だそうです。ロンドン大学の研究では、66日と言われているようです。

 

参考:https://centrespringmd.com/docs/How%20Habits%20are%20Formed.pdf

 

さらにいうと、僕の肌感としてこういったwebデザインスキルで副業するような方は100人に1人です。さらに継続できる人も100人に1人です。なので、ざっくり1万人に1人になれます。まあ、これは流石に統計的事実はないんですが、それでも近しい数時間なんじゃないかなと。頑張れば、こんな感じで毎月稼げます。しかも個人事業主申請して、経費で節税すればまあまあそのまま手取りになるので会社員として年収1000万円とか目指すより効率的です。

 

 

まとめ

 

ということでwebデザインの副業を未経験から月に5万円稼ぐ方法を解説しました。webデザインの副業案件は豊富にありますから、スキルがあれば稼ぐことは容易です。月に5万円副業で稼ぐことを目指しつつ、将来的にもっと稼げるようにスキルアップできれば良いかと思います。

 

人気:webデザインスクールのおすすめと選び方【デザイン歴5年の僕が解説】

最新情報をチェックしよう!