次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

テックアカデミーのwebディレクションコースを解説

 

こんにちは、なうです。今回はテックアカデミーのwebディレクションコースについて解説していきたいと思います。評判や口コミとともに現役webディレクター6.5年の僕が紹介します。

 

テックアカデミーのwebディレクションコースは、プログラミングは苦手だけどIT業界やweb業界に就職ないし転職したい人におすすめ。 受講終了後、数年webディレクターとして経験を積めばフリーランスで単価80万円とかも狙えます。 僕は6.5年経験で単価80万円のオファーは1つもらえました。

 

✔︎この記事の信頼性
僕はwebディレクターとして6.5年の経験があり、フリーランスとして単価税込み88万円のオファーももらいました。そんな僕がテックアカデミーのwebディレクションコースの解説を通して、未経験からwebディレクターとして稼ぐ手順までを紹介したいと思います。

 

テックアカデミーのwebディレクションコースとは

 

まずテックアカデミーのwebディレクションコースとはどういうものかを簡単に紹介です。結論はwebディレクターになるためのコースですね。

 

webディレクターとは

webディレクターというのは、web制作やwebシステム開発におけるディレクション全般を行う仕事でして、案件のプロジェクトリーダーみたいなものですね。以下のような仕事がメインになります。

 

・要件定義
・スケジュール調整
・デザイナーやエンジニアへの指示だし
・クライアント対応

 

そのため、テックアカデミーのwebディレクションコースではこう言ったスキル全般を学べます。後述しますが、webディレクターはweb業界の中では上位の職種なので年収も高めですし、実績をつめば僕みたいにフリーランスとして年収1000万円近くを目指すことも十分可能です。

 

webディレクションコースを受講すればすぐ誰でもなれるわけではないですが、記事の最後まで読めばある程度どう言った手順で目指せるかも理解できると思います。

 

webディレクターは稼げます

ちなみにwebディレクションコースを受講する価値はあるのか?ですが、webディレクターは稼げるので価値は確実にあります。

 

 

これはwebディレクターのフリーランス案件ですが、これだけ稼げる職種です。もちろんテックアカデミーのwebディレクションコースを受講すればすぐに誰でもなれるわけではないです。

 

数年は実務経験が必要ですが、記事の最後にその手順も解説しています。最後まで読んで価値があるか判断してみてください。

 

現役webディレクターから学べます

テックアカデミーのwebディレクションコースでは、現役のwebディレクターから学べることができます。webディレクターという仕事は、かなり経験値の必要な仕事なので、

 

 

現役から学べる意味は非常に大きいです。簡単に講師を紹介すると以下の方になっています。経験の長い人なので、スキルだけでなくwebディレクターとしてのアドバイスもたくさんもらえると思いますね。

 

テックアカデミーのwebディレクションコースで学べるスキル

 

具体的にテックアカデミーのwebディレクションコースでどんなスキルを学べるかを紹介します。カリキュラムが色々あります。

 

カリキュラム①web制作の知識

1つ目は、web制作における知識全般を学びます。デザインやコーディング、CMSツール、バージョン管理などweb制作で飛び交う用語について理解を踏まめます。

 

現場で指示を的確に出すことが必要なwebディレクターは用語を知らないとそもそも会話が成立しません。スケジュール調整のためにも、どんなタスクがどれくらい工数がかかるかも把握しておかないとならないです。

 

まずそのための基本として知識全般を学ぶのがカリキュラムの1つ目ですね。最初はよくわからないかもですが、徐々にカリキュラム全般が終わると有機的に結びつくと思います。

 

カリキュラム②マネジメントスキル

2つ目は、マネジメントスキルです。案件のゴールを達成するために、どんな人材がどれくらい必要か、どれくらいのスケジュールでできそうか、予算はいくらなのか?などマネジメント全般に必要なスキルを学びます。

 

web制作では、webディレクターが現場の指揮官なので、まじで責任は重大です。人材を採用したりしてチームを組む上で、必要な法律的知識もここで習得できます。

 

カリキュラム③ドキュメント作成スキル

3つ目は、ドキュメント作成スキルです。webディレクターは指示を出すのもありますが、自分自身で要件定義などドキュメントを作成することもあります。

 

要検定義というのは、このweb制作やweb開発ではどんなことを実現するために何を作るか?を定義するみたいなことですね。

 

web制作の現場では、GoogleDocやPPT、スプレッドシートなど色々使いますのでツールの使い方も含めてここで学びます。

 

カリキュラム④提案スキル

4つ目は提案スキルです。webディレクターのスキルとして差が出やすいのはここですね。クライアントが何を求めていて、それを受けるためにはこんな提案ができますよ、というのをやる部分です。

 

これができれば1人でフリーランスとしてでも稼いでいくことができます。ただ正直、現役のwebディレクターとしてはwebディレクションコースを受講しただけでは必要十分には学べないとは思うので、

 

卒業後に就職して働きながら経験値をましていく部分かなとは正直思います。ただ、webディレクションコースを通してその基本は学べると思いますね。

 

カリキュラム⑤企画スキル

5つ目は、企画スキルです。提案のためにどんな企画案を提案すればいいかわからないと思いますが、webディレクションコースでは企画スキルもカリキュラムにあります。

 

どんな課題があり、それを明らかにするためにどんな市場調査をして、どんな仮説で検証していくか、全般の企画部分を学べます。ここではいかに論理的に考えられるかが勝負になるので、

 

論理的思考を学ぶようなイメージでいてもいいかもしれないです。逆に論理的思考が苦手な人はしっかり学ぶのが大事です。

 

カリキュラム⑥設計スキル

6つ目は、設計スキルです。web制作のデザインやECサイトであればユーザの購入をどう促すか?をユーザ目線で考えて設計していく部分ですね。

 

この設計スキルが高いと、デザイナーやエンジニアともスムーズに会話が進むと思いますし、良い設計ができればユーザも使いやすくなり満足して、結果的にクライアントも満足します。

 

画面の動線やボタンの配置など、web制作におけるとても重要なスキルセットになります。これがダメだと、webディレクターとして稼ぐのは結構厳しいかもです。このスキルをもっと学ぶには、以下のUI/UXDスクールについての記事も参考にどうぞ。

 

参考:UI/UXD(デザイン)を学べるスクール【独学方法もUIデザイン歴5年が紹介】

 

カリキュラム⑦プロトタイプ作成スキル

最後はプロトタイプ作成スキルです。要件定義や設計を通して、アプリやwebサービスの具体的な理想像をSketchなどwebデザインツールを使って、

 

簡単なプロトタイプに起こしていきます。これができるとクライアントもイメージがしやすくなり、提案も受けやすいでしょう。

 

これらがテックアカデミーのwebディレクションコースで学べるカリキュラムです。一通りwebディレクターになるために必要なスキルを全て学べます。

 

テックアカデミーのwebディレクションコースの受講料金

 

そんなテックアカデミーのwebディレクションコースですが、受講料金は受講期間によって変動します。結論は、8週間程度でいいかなと思いますね。

 

プランは1ヶ月単位で変わりますが、1ヶ月だけだと超集中して学習が必要なのである程度ゆとりもできる8週間が良いかなと。受講期間が長くなるとメンターから受けられる相談機会も増えます。

 

8週間であれば20万円ですが、webディレクターになれば1ヶ月の給料でそれよりも稼げますので投資回収は余裕ですね。

 

テックアカデミーのwebディレクションコースで受けられるサービス

 

テックアカデミーはオンラインでの受講ですが、ちゃんとメンターがつくので色々なサービスを受けられます。

 

メンター制度

1人1人現役webディレクターがメンターとしてついてくれるでの、目標設定や課題管理、週2回の個別メンタリング、毎日無制限の質問の機会があります。

 

特に未経験からwebディレクターを目指す方は、メンターがいないと正直かなり厳しいと思います。理由として、webディレクターはプログラミングみたいな明確なスキルがあるわけでもないので、

 

自分だけだと自分の成長具合を客観的に評価できないからです。でもメンターがいればある程度第3者として評価してくれるのもあり、モチベーションも維持しやすいと思います。

 

テックアカデミーのwebディレクションコースはどんな人におすすめか

 

テックアカデミーのwebディレクションコースがおすすめな人は、プログラミングが苦手な人あるいは稼いで行きたい人かなと思います。

 

プログラミングが苦手な人

僕自身もプログラミングが苦手でwebディレクターに転校した身分ですが、webディレクターはプログラミング自体ができなくても仕事になります。

 

今はエンジニアブームというかプログラミングブームですが、挫折した人も多いと思います。そんな人に一番おすすめなのがwebディレクターですね。

 

年収やフリーランスの単価もスキルがあれば、エンジニアと同じ水準ですし、僕も単価88万円の案件を取れたこともあります。とてもおすすめです。

 

稼いで行きたい人

WEB業界じゃないけど稼ぎたい人にも、webディレクションコースはおすすめですね。理由として、WEB業界は副業しやすいですし、

 

独立もしやすいです。なので、他の業界よりも圧倒的に稼ぎやすいと思います。僕の知り合いでも、飲食から未経験でwebディレクターになって数年後に年収3倍くらいになった人もいます。

 

webディレクターはそんな可能性のある職種です。webディレクションコースはその可能性を開けるチャンスのあるコースだと思います。

 

テックアカデミーのwebディレクションコース受講で未経験から稼いでいく手順

 

最後ですが、テックアカデミーのwebディレクションコースを通して未経験から稼いでいく手順を僕の経験を通して紹介したいと思います。

 

まず受講する

1つ目は、まずwebディレクションコースを受講しましょう。WEB業界は若い方がチャンスのある業界なので、悩んでいるとなかなか就職や転職ができにくくなったりもします。なので早い方が有利です。

 

テックアカデミーでは、複数受講して安くなるコースもあり、webディレクションと親和性の高いwebマーケティングなどと組み合わせて受講するのもおすすめですね。

 

webディレクションも学び、webマーケティングも学べば、自分のブログを通して副業収入を稼ぐことも狙えますし、webディレクターとしての市場価値も高まりますのでおすすめです。

 

就職・転職する

2ヶ月程度、テックアカデミーのwebディレクションコースを受講したら、就職や転職をします。未経験からだとなかなか厳しいかもですが、ここが最初の肝心です。

 

というのも仕事を通して稼ぎながら経験値をますのが最強だからです。年収としては会社員だと400万円〜500万円程度かなと思いますが、ここで数年頑張っていくと独立が見えてきます。

 

ちなみにですが、年収を気にするのであればweb制作よりもwebシステム開発のwebディレクターになった方が良いです。年収が50万くらい違うことが多いです。就職や転職の際には、DODAなどに登録してまずはカウンセリングから始めるでOKです。

 

副業もしてみる

ちなみにwebディレクターは副業もしやすい職種です。1年程度webデイレクターとして働けば、webディレクションコースでの知識も使いつつ、副業で月5万円程度は稼げる可能性も出てきます。

 

おすすめは、ITプロパートナーズです。こちらは週2などの副業案件専門のエージェントです。ぜひ登録してみましょう。

 

数年後独立する

webディレクターとして経験をつんだらあとは、フリーランスとして独立する感じですね。webディレクターの単価は非常に高く、スキルがあれば月90万円など以下のように狙えます。

 

 

またフリーランスなので、在宅ワークやノマド的な働き方もできますので、そういうメリットもありますね。未経験から、webディレクションコースを受講して5年程度はかかるかもですが、

 

目指す魅力のある手順だと思います。テックアカデミーのwebディレクションコースにはその可能性があると思いますよ。

 

まとめ

 

ということで、テックアカデミーのwebディレクションコースについて紹介しました。プログラミングは苦手だけどWEB業界やIT業界で稼いで行きたい人にはとてもおすすめです。

 

参考:【評判・口コミ】デジタルハリウッドで未経験からwebデザイナーを目指せる?

最新情報をチェックしよう!