webエンジニアの言語選びの順序と重要性【まずはRubyがバランス良し】

 

webエンジニアになる上でプログラミング言語はどれを選ぶのがいいのかな?その判断軸は何が良いんだろう?言語選びの重要性も理解しておきたいな。言語選びの順番とかもあれば教えて欲しいな。こんな疑問に今回は解説したいと思います。

 

これからwebエンジニア目指すなら、サーバサイド言語はまずはRubyからが鉄板そう。

PHPは脆弱性あるからニーズ減ってる気がするし Pythonは初めてで選ぶとちょっと難しいかも

Rubyは学びやすくて学習コスト低いし、案件数も多いしバランスが良い。 まずはそこからで次以降、Go言語とか行けば良さそう

 

結論は上記の通りで、サーバサイド言語はRubyからが2019年現状では鉄板です。あとは、HTML、CSS、javaScript、MySQLで一通りはwebエンジニアとして十分ですね。あとは経験積んでから、さらに稼げるwebエンジニアになるためにGo言語やPythonなどの言語習得に進むのが鉄板です。

 

webエンジニアが最初に習得すべき言語の全体像

 

webエンジニアが最初に習得すべき言語のプログラミング言語の全体像は、フロントエンドの言語、サーバサイドの言語、データベースの言語の3つに大別できますね。サーバサイドエンジニア狙いかフロントエンドエンジニア狙いかとかによって優先度は変わります。

 

フロントエンド言語

まず簡単なものからいうと、フロントエンド系の言語からですかね。HTML、CSS、javaScriptの3つですね。フロントエンドエンジニア狙いなら、これだけで十分です。

 

HTML/CSS

最初はHTML、CSSからですかね。HTMLとCSSはwebページの枠組みや彩飾をするための言語です。プログラミング言語かというとちょっと違います。本当に簡単なので、別に習得するという感覚よりも、

 

知識としてwebエンジニアなら知っておくべきぐらいのレベルです。数日でだいたいカバーできるのでそれくらいのスピード感で習得すればOKです。ちなみにHTMLとCSSだけ習得してもwebエンジニア(フロントエンドエンジニア)としては稼げません。

 

JavaScript

webエンジニア(フロントエンドエンジニア)として稼いでいきたい場合は、JavaScriptは最低限学ぶ必要があります。ECサイトや何らかの予約サイトであれば、ABテストをやったりしますがJavaSciptができれば高度なABテストの実装ができる案件も多いので学ぶ価値は高いです。

 

JavaScriptは、フロントエンドの中でも動的な処理を実装できますし、いわゆるプログラミング的な処理をできるので導入として学ぶ言語としてはありだと思います。非同期処理やAjaxなどデータ通信までできると稼げるwebエンジニアに近づけますね。

 

サーバサイド言語

2つ目はサーバサイドのプログラミング言語ですね。webエンジニアといえばメインはサーバーサイド言語を学ぶことになります。初心者や未経験者にはRubyがオススメですね。

 

Ruby

初心者や未経験者からwebエンジニアを目指す場合は、Rubyを最初の習得言語にするのがおすすめです。Rubyは、サーバサイド言語の中でも学習コストが低い(ひろゆきという日本人が開発したので日本語のそキュメントが多い)ですし2019年現状であればまだまだ案件数も多いです。

 

サーバサイド言語は、いわゆるwebサイトの動的な処理の裏側(ロジックとかwebページの見に見えない部分の実装など)に使う言語です。webエンジニアの中でも単価の高いのは、サーバサイドエンジニアでしてフロントエンドエンジニアよりも単価も高いのが特徴です。

 

データベース言語

最後はデータベース系の言語ですね。王道は、MySQLでしょう。ここはそんなに悩まずにMySQLで最初は十分だと思います。

 

MySQL

webエンジニアが学ぶべきデータベース系の言語といえば、王道はMySQLですね。MySQLを使っている企業は多いですし、webエンジニアでMySQLを知らないエンジニアはいないと言ってもいいくらいです。

 

データ活用は最近はweb業界のトレンドですし、データ分析としても使えるので意外と重宝されるプログラミングスキルです。MySQLができればデータ系エンジニア(アナリスト)みたいなキャリアも見えてくるので、学んで損はないですし、学ぶのが当然の言語ですね。

 

webエンジニアの言語選びの重要性と順番

 

先ほどの言語がwebエンジニアとして最初に学ぶべきプログラミング言語の全体像ですが、普遍的な考え方としてどんな判断軸で習得する言語を選定すればいいか解説します。結論は、将来性と順番ですね。

 

言語選びは超重要

 

まず言語選びは超重要です。言語選びを間違えると、案件数(需要)が少なくて結局稼げなかったり、案件があっても単価が低いなどにつながるリスクが高いです。

 

webエンジニアにとって習得するプログラミング言語選び=どれだけ稼げるか?に直結するので超重要なんですよね。同じプログラミング言語と言っても特徴も様々ですし、トレンド次第でほぼ学ぶ価値のない言語もなくはないです。

 

ここを最初にしっかり考えておくことで、長期的に学習した投下時間が単価などのリターンに変わってくるので、しっかりと言語選定しましょう。

 

言語習得の順番も超重要

あとは、webエンジニアの言語習得の順序も大事です。さっきの考え方だけだと、結局単価の高い案件が多い言語、今でいえばPythonなどを最初に学べばOKじゃん!となるのですが、そう簡単には行かないんですね。

 

どういうことかというと、Pythonは習得難易度が初心者にとっては若干高いんですよね。特にPythonの単価が高いので機械学習系つまりAI関連の案件なんですが、まだ案件数はそこまで増加してませんし、習得難易度が高すぎます

 

なので、最初のPythonのような単価の高い言語を選ぶよりかは、紹介したRubyのような学習コストの低い言語を最初に学んでキャリアを積み上げから、次に業界動向も鑑みてPythonなどを選ぶ方が賢いです。

 

言語習得の判断軸は自分のステージと将来性

ということで、webエンジニアの言語習得の判断軸は自分のステージと将来性の2つですね。自分のステージというのは、初心者なのか中級者なのかということですし、将来性はその言葉のまんまです。

 

この2つをしっかりと考えて、言語習得すればいつだって適切な判断ができると思います。webエンジニアにとって言語習得は切っても切れない問題です。数年(3〜5年)でトレンドは結構変わりますし、新しい言語が出るたびに移行ニーズが企業に出るので波乗りのスタンスが必要です。

 

言語次第でwebエンジニアを目指す学習方法も変わる

 

最後に、webエンジニアを目指す上で言語によって習得方法も変わるため学習方法を紹介して見ます。まずは独学とかでもOKです。

 

Ruby

 

Rubyであれば、比較的簡単な言語(とはいえ初心者には難しいのも事実、あくまでサーバサイド言語の中では簡単という意味)なので、独学でもいいかもですが、余裕があればプログラミングスクールに通うのが現実的です。

 

Rubyであれば将来的にフリーランスエンジニアになって年収1000万円を狙うことも出来なくはないですし、スクールによってはTECH::EXPERTのようにフリーランス保証とか転職保証があるスクールもあります

 

まず初心者レベルからwebエンジニアを目指すのであれば、TECH::EXPERTのような大手のスクール活用が無難だと思いますよ。

 

Python

2つ目は、中級者以上であれば現状の需要で考えればPythonを学んで機械学習やAI関連のエンジニアに転向するのも大いにアリだと思います。Pythonを学べば、データサイエンス系の案件が取れますから稼ぎやしくなりますね。

 

以下の機械学習やAI関連の専門サイトであるビッグデータナビのような鬼のように単価が高い案件を取れるのが、Pythonという言語です。学ぶ価値は中級者以上であればかなり高いです。

 

 

ただ、学習コストが高いというか難易度が相当高いので、独学は現実路線ではないですね…。ほぼほぼ独学は挫折するかと思います。なので、機械学習エンジニア専門コースのあるDIVE INTO CODEのようなスクールの活用が基本路線ですかね。

 

まとめ

 

ということで、webエンジニアが学ぶべきプログラミング言語の全体像、普遍的な言語選定の判断軸、言語別の習得方法などを紹介しました。言語選定はwebエンジニアの生命線なのでしっかりと選びましょう。

 

参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

最新情報をチェックしよう!