女性がエンジニアになるメリット【方法と知りたい話も解説】

 

女性がエンジニアになるメリットって何かな?在宅とか手に職とかあるけど詳しくききたいな。あと女性がエンジニアになるうえで、現状の状況を知りたいな。なれるのか不安だし、どれくらいいるんだろう?こんな疑問にエンジニアと働くIT業界5年の僕が解説します。

 

女性がエンジニアになるメリットは 在宅で仕事しやすい 手に職だから復帰しやすい 内勤だからオシャレしやすい はあるものの

デメリットとして 男社会 キラキラはなかなかしてない があるので、デメリットが高いと認知されてるのが現状なんかな でも、ちょまどさんとかいるし今後に期待

 

結論、女性がエンジニアになるメリットは、①在宅で働きやすい、②おしゃれがしやすい、③手に職であり手堅いというのがあります。一方でデメリットは、男社会ですしキラキラしている職場は少ないと思います。

 

あと、女性エンジニアはエンジニア全体の5%くらいかと思っており、まだまだ少ないですが最近は若い女性エンジニアも多く変わり始めています。

 

女性エンジニアの現状

 

まず女性エンジニアの現状を見ていきます。比率や出世、なぜ少ないのかの考察、最近の女性エンジニア界隈の話などですね。

 

女性エンジニアの比率

まず女性エンジニアってかなり少ないんですよ。僕の職場でも女性エンジニアって5%もいないかなって感じです。ほぼ男子校みたいな感じです。とはいえ、どのエンジニアなのかで結構変わります。例えばサーバーサイドエンジニアだと本当に数%ですけど、

 

フロントエンドエンジニアであれば10%は越えるかな?って感じですかね。違いでいうと、デザイン部分を実装できるので女性だと親しみやすいっていうメリットがあるのかなと思います。やってて楽しいですよね。

 

以下の情報では、情報サービス系は20%が女性とありますが、多分営業とかも混ざっているので女性エンジニアでいうともっと少ないのは確実です。

 

 

女性エンジニアの出世

出世でいうと、女性エンジニアは結構出世の難易度は高いのかなと。というのもエンジニアで出世するのってエンジニアリングつまり技術を常に最新のものをアップデートする必要がありますし、部下は男ばかりでうまくマネジメントしないとならないですし、

 

男性社会であるところに女性がいることにメリットっていうのは女性にとっても男性にとっても双方あるものはあるんですが、とはいえ出世は難しいかなと。僕の知っている元女性エンジニアはやはり技術キャッチアップに限界を感じてビジネスサイドに転職していました

 

なぜ女性エンジニアは少ないのか?

で、女性がエンジニアになるメリットっていうのは記事中盤で描きますけど、在宅ができるとか副業しやすいとか社会復帰しやすいとか手に職とか色々あるんですけど、端的になぜ女性エンジニアが少ないのかでいうと、

 

これはもう華やかさなのかなと思いますね。一般的なエンジニアの職場って男子ばかりですし、なんかコミュ障多いですし、華やかさには欠けますね。とはいえ、最近の女性エンジニアって結構変わりつつあり、次に最近の女性エンジニアを紹介します。

 

最近の女性エンジニア

最近の女性エンジニアとしては3つあげたいと思います。

 

ちょまど

いやもうちょまどさんは女性エンジニアの代表的な存在というか、女性エンジニア有名人の草分け的な存在ですよね。

 

こんなに可愛いい女性エンジニアを未だかつて見たことがありません。もはや女神…、まあ見たことないんですけどね。女性エンジニアって少ないのでこういう風に有名になりやすいというメリットもありますね。

 

現役医師からGoogleのエンジニア

あとは最近バズりましたが、現役医師からGoogleのエンジニアに未経験から転職したスーパーな人がいますね。この人も女性エンジニアですね。(多分)

 

 

まあもはや天才ですよね。Twitterでは以下のアイコンですね。

 

ビズリーチ水谷さん

最後はビズリーチに新卒入社したまたしても超ハイスペックな女性エンジニアです。水谷さんです。

 

上記の通りでしてもはや怖いくらいのスペックです。こんな女性エンジニアもいるんですね。という時代になりつつあるということなんですよね。今後はもっと女性エンジニア増えますよ。確信しています

 

参考:https://reachone.bizreach.co.jp/entry/2019/07/31/145908

 

とはいえ、女性がエンジニアになるメリットは多い

 

まあそんな感じなのが女性エンジニアの現状なのですが、メリットは多いのでこれからちょまどさんのような女性エンジニアは増えてくると思いますし、先駆けになった方がメリットも大きいです。

 

在宅で働ける

女性がエンジニアになるメリットは何と言っても在宅ワークしやすいところですかね。女性だと子育てや出産で何かと在宅ワークできるかどうかって大きいと思うんですよね。それでいうと、エンジニアはかなり在宅しやすい職種なので女性にとってそれは大きなメリットです。

 

フリーランスエンジニアになれば在宅でも比較的年収も大きいですし、実力社会なのでスキルがあれば性別も関係ないです。プログラミングスキル一本で食べていけるのがエンジニアです。

 

エンジニアは副業需要も高いので、在宅で働きつつ自担とか週3みたいな柔軟な働き方ができるのも大きいですよね。何かと働き方の選択肢が多いのはエンジニアの特権ですね。

 

おしゃれがしやすい

あとは地味に、オシャレがしやすいってのもありますね。営業とかだと暑い夏場でもスーツをきて商談なんてことが当たり前ですが、エンジニアであれば基本的に内勤なのでオシャレは自由です。浮くかもしれないですが…

 

ネイルも自由ですし髪を染めるのも自由が多いですし、服装もなんでもOKが多いです。こういう面も内勤だからこそのメリットだと思っており、パンプスも履く必要ないですし楽な格好でもOKなのもメリットですよね。

 

手に職で手堅いし復帰しやすい

あとは女性のキャリアで欠かせない視点は、社会復帰かなと思ってます。出産や育児で何かとキャリアが遅れたりとかってありますよね。でも、エンジニアであれば基本的に手に職なスキルですし今は需要が底堅いので

 

社会復帰しやすい、というか仕事には困らないです。これも仕事と家庭を両立しないとならない立場になりやすい女性にとってはエンジニアならではのメリットだと思います。

 

メリットを感じる女性はエンジニアになろう

 

なのでそう言ったメリットを感じる女性でエンジニアになりたいと思っている方は、エンジニアを目指すといいと思いますよ。

 

今後女性エンジニアは増えるはず

まず今はまだ女性エンジニアは数少ないですが、これからもっと女性エンジニアは増えますよ。今回紹介した、ちょまどさん、Google転職したLillianさん、ビズリーチの水谷さんなどのような女性エンジニアは今後増えると思いますね。

 

というのも女性にとってエンジニアがメリットの多い職種であることは自明でして、Twitterでも数多くの女性がエンジニア目指しています。キャバ嬢もいますし、主婦も多いです。今までの経歴があまり関係ないのもおそらく女性がエンジニアを目指すメリットの1つなのかなとも思います。

 

女性がエンジニアを目指すならスクールを活用しよう

最後に女性がどうエンジニアを目指すかですが、、、独学は厳しいかなと思いますよ。エンジニアを目指す過程では女性であることを最大限に活用してもいいかなと思っており、男性エンジニアに教えてもらうなどするとか

 

あるいはそういう教えてくれそうな人が多そうなスクールを見つけるとかですかね。29歳以下であればプログラマカレッジのような無料でプログラミングを学べるスクールもありますし、方法はいくらでもあります。

 

参考:プロエンジニア(プログラマカレッジ)の評判と口コミ【徹底取材でわかった6つのこと】

 

エンジニアになって経験積んでフリーランスになれば女性でも年収1000万円を狙える世界です。ぜひ頑張ってみてください。

 

参考:フリーランスエンジニア年収1000万円は狙い目【コスパ良すぎだが誰でもはなれない】

 

まとめ

 

ということで女性がエンジニアになるメリットを解説しました。結構大真面目に女性がエンジニアになるメリットは数多いです。キラキラは職場次第なのであまり気にせずでもいいとも思います。

 

参考:PE-BANKの評判をフリーランスエンジニアにインタビュー【メリットだらけ】

最新情報をチェックしよう!