次回から「検索キーワード なうブログ」とご検索いただけると泣いて喜びます

ワードプレス(WordPress)の副業案件種類と収入目安と稼ぐまでの手順

  • 2020年4月1日
  • 副業
  • 295view

ワードプレス(WordPress)の副業案件をやってみたいけど、どれ位稼げるのかな?必要となるスキルはどんなものがあるだろうか?こんな疑問にIT業界5年の僕が解説していきます。

 

結論ですが、ワードプレス(WordPress)での副業内容は、ワードプレスのカスタマイズ構築、自分でブログ運営による副業などが代表的です。付加価値として、WEBライティングやWEBデザインなども合わせてできると単価があがりやすいですね。

 

それに合わせて、必要最低限で必要なスキルはプログラミングスキルでして、HTML、CSS,JS,PHPができればワードプレス(WordPress)の副業は獲得できます。これで月10万円は目指せます。SEOなど付加価値もあるとより上がるので、順序良くスキル獲得していけばOKです。

 

ワードプレス(WordPress)の副業内容と収入目安

 

では具体的にワードプレス(WordPress)の副業案件ではどんな種類があるのか、どれくらい稼げるのかを解説していきます。

 

ワードプレス(WordPress)の副業案件の種類

まずはワードプレスの副業案件の種類からです。大きくは2つです。

 

ワードプレス(WordPress)構築

1つ目は、ワードプレス(WordPress)の導入やカスタマイズの開発を行う副業案件ですね。いわゆるプログラミングスキルとして、HTMLやCSS,JS,PHPがスキルとして必要になります。全てできなくても案件によっては獲得できるのが特徴ですね。

 

ただし、HTMLとCSSのみの副業案件は比較的誰でも出来るため、単価が低く時給2000円などが相場です。稼ぎたい場合は、JSやPHPも必要になります。

 

実際に自分でワードプレスを使ってブログをやっており日々カスタマイズしている人ととかだと、それをポートフォリオにして副業案件の受注がしやすいかなと思います。

 

自分でワードプレス(WordPress)でブログをやる

2つ目は、自分でワードプレス(WordPress)でブログをやってみる副業ですね。これは自分でやるため、受注という概念はないですが、ブログが育てばブログ経由で情報発信の内容次第で副業のオファーが来ることもあるのが特徴です。

 

その場合は、マージンがかからないためエージェントから副業案件を受注するよりも高い単価が期待できます。

 

自分でワードプレスでブログをやる場合は、いわゆるアフィリエイトなど広告収入がメインになりますが、運用の過程で自らHTMLやCSSなどを使ってカスタマイズしていくと、実績にもなるのでおすすめですね。

 

ブログをやってみたい方は、ブログ記事数と収益の関係【データ有:100記事1万円、300記事7万円】の記事などを参考にしつつ始めてみてください。僕は1年で発生40万円、確定10蔓延を超えました。夢がありますよ。

 

副業収入目安

ワードプレス(WordPress)の副業案件での収入目安ですが、どんな案件をどれくらいの稼働でやるかでかなり変わりますが、目安として時給2500円なので週に10時間、月に40時間の稼働で月10万円が目安となります。

 

また、自分でワードプレスでブログをやる場合の副業収入は、PV数とか分野次第でピンキリですが、僕の場合は365記事をおよそ1年間で書いてきて発生で月40万円、確定で10万円ほど成長しました。確定収益は時間差があるのでたぶんもう少し高くなるはずです。

 

付加価値もあると単価アップしやすい

ワードプレス(WordPress)の副業案件での収入を増やす秘訣は、とにかく実績と付加価値、これにつきます。割と誰でもできるような案件が多く供給過多で価格競争が起きやすいため、付加価値があると強いです。

 

どんな付加価値化というと、WEBデザインやSEO、WEBライティングなどワードプレスの副業案件で親和性の高いスキルとそれによる実績を何等か持っていると、提案営業時に単価交渉で有利になります。

 

未経験や初心者ならベースとなるプログラミングスキルから習得していって、徐々に周辺の付加価値スキルまで身に着けるとよいと思いますね。

 

ワードプレス(WordPress)の副業で必要なスキル

 

次に具体的にワードプレス(WordPress)の副業で求められるスキルを解説します。スキルはミニマムマストと付加価値スキルに分けられます。

 

プログラミングスキル

ミニマムマストスキルは、プログラミングスキルですね。多くのワードプレスの副業案件は、プログラミングスキルが必要になります。

 

HTML・CSS

その中でも絶対に必要となるのは、HTMLとCSSのマークアップ言語です。マークアップ言語は習得も簡単ですので、当たり前にできるようになっている必要があります。

 

画面の構造や色味を実装できる言語です。オンラインの学習サービスで例えばドットインストールで無料で学べるためそれで十分です。

 

JS

JS(Javascript)は、フロントエンド系のプログラミング言語でして、動的な処理を行うことができます。JSができるとワードプレスの副業案件でもより単価アップを狙いやすいです。

 

JSについてもドットインストールである程度は学べますが、データ通信など比較的技術力を要するところまでやるとなると独学では人によっては厳しいかもしれません。

 

PHP

3つ目はサーバサイド言語の、PHPですね。PHPまで出来るとPHP単体でワードプレス以外の副業案件も受注するチャンスが出来るためぜひ習得したいスキルですね。

 

データベースなどと絡めてサーバ側の処理を開発できるため、フロントエンド系言語ではできない処理をいろいろできるようになるため可能性が広がりますし、単価アップも狙いやすいスキルです。

 

付加価値スキル

ここからはワードプレス(WordPress)の副業案件では、必須じゃないけど習得していると単価アップにつながりやすい付加価値となるスキルです。

 

WEBデザインスキル

1つ目は、WEBデザインスキルですね。HTMLとCSSもWEBデザインスキルの一部ですが、ここでいうWEBデザインというのは、ビジュアルデザインとかWF(ワイヤーフレーム)などもう少し上流のスキルを指しています。

 

サイトコンセプトやターゲットユーザに好まれやすいWEBデザインはなんだっけ?とか、UI/UXデザインのようなスキルがあると非常に付加価値になります。

 

副業案件によっては、ワードプレスでブログ型アフィリエイトをしている案件とかだと、この辺のWEBデザインスキルもあるとより稼げますね。

 

SEOスキル

2つ目は、SEOスキルです。SEOスキルは一番付加価値となるスキルですので、習得は難しいですが非常に稼ぎやすく、SEO単体としても副業で稼げますし、自分でブログやるにも役立つ重宝するスキルです。

 

SEOスキルは一朝一夕には身につかないため、WEBマーケ系の企業で働きながら身に着けるほうが現実的だと思います。

 

ワードプレスとの親和性という意味では、多くの企業は集客つまりPV数増加のためにワードプレス導入しているため、すごく関係が深いんですね。

 

WEBライティングスキル

あとはWEBライティングスキルですね。WEBライティングというのは、記事コンテンツを作成するときに役立つスキルです。ワードプレスの副業案件では、記事作成してコンテンツマーケティングしている案件もあるため親和性が高いです。

 

WEBライティングは、自分のブログでも役立ちますし、SEO観点でもセールスライティングと呼ばれる何かクライアントの商品を購入につなげたい場合の観点としても重要になってきます。

 

提案営業スキル

最後は、提案営業スキルですね。フリーランスだとなおさら重要ですし、副業でも単価交渉などする際にどれだけ提案して営業できるかは重要なスキルです。

 

まあ副業の場合は、エージェントが営業機能を代替してくれるため優先度としては高くないです。フリーランスとしてやっていきたい場合は、ぜひ身に着けたいスキルですね。

 

ワードプレス(WordPress)の副業案件を獲得して月10万円稼ぐ手順

 

ということで最後ですが、具体的に未経験や初心者からワードプレス(WordPress)の副業案件を獲得して、月10万円を稼ぐ手順を紹介します。

 

プログラミングを学ぶ

まずワードプレス(WordPress)に必要なプログラミングスキルを身につけましょう。HTMLやCSSといった簡単なマークアップ言語から勉強するとOKです。

 

ワードプレスの場合はそこまで難しいプログラミングスキルは求められることが少ないため、スクールは使わずに独学でも大丈夫かなと思います。

 

小さな副業案件を受注してやりながら勉強してスキルアップしていくのが効率的かなという印象ですね。勉強自体は、ドットインストールでOKと思います。スクールで学びたい場合は、テックアカデミーがオンラインで格安なのでおすすめです。

 

自分でワードプレス(WordPress)でブログをやってみる

プログラミングスキルを身に着けたら、ぜひとも自分でワードプレス(WordPress)でブログをはじめてみましょう。自分でカスタマイズするのもスキルアップにもなりますし、ポートフォリオにも使えます。

 

またブログの運用過程でWEBライティングスキルやSEOスキルなど、親和性の高い付加価値スキルも自然と徐々に身につくはずです。

 

さらには、自分のブログで収益化できることも見込めるため半不労所得になるチャンスもあります。具体的なブログ型アフィリエイトの始め方は、アフィリエイトの手順を解説【始めるなら知っておくべき】の記事も参考にしてみてください。

 

ワードプレス副業案件を獲得して稼ぎ始める

ここまでの工程でワードプレス(WordPress)の副業案件を受注するベースとなるスキルだけでなくある程度付加価値につながる知識もついているはずです。

 

まずはクラウドワークスで実績を作る

ただ何の実績もない中だとなかなかすぐには稼げる副業案件は受注しにくいです。ライバルもたくさんいるためですね。

 

なので最初はあまり稼げないですが、クラウドワークスのようなショットの簡単目な副業案件を探してやっていくとよいです。

 

稼いでいく過程で、経験もスキルもあがっているはずなのでこの時の経験や実績をアピール材料と使えるはずです。

 

稼げる副業エージェントに登録する

そして実績がある程度できてくれば実務経験1年程度あれば、稼ぎやすい副業アージェントに登録してワードプレス(WordPress)の副業案件を紹介してもらえます。

 

おすすめなのは、ITプロパートナーズが一押しです。理由としては、単価が高いこと、在宅リモートなど柔軟な働き方ができる副業案件が多いこと(他エージェントだとあまりありません)、他にも週2OKなど会社員も副業しやすい案件がそろっているためです。

 

他にはプロの副業という老舗な副業エージェントもあります。2番目におすすめな副業エージェントですが、どちらにしても無料ですし損するものではないため両方登録しておいたほうが無難です。

 

まとめ

 

ということで、ワードプレス(WordPress)の副業案件の種類や、必要となるスキル、具体的に初心者や未経験者から稼いでいく手順を解説しました。ワードプレスで稼げるようになるとノマドワークなど可能性が広がるため、ぜひとも頑張ってください!以下の記事もあわせてどうぞ!

 

人気:【副業エージェントのおすすめ4選】IT副業を1年やった体験談で解説

最新情報をチェックしよう!